FC2ブログ
06«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»08

Calender

New Entries

レクブログ法度

誠に生きる 第一章

誠に生きる 第二章

2011箱館の旅 (途中)

妄想ドリームチーム

Links

Category

All Entries

SOZAI

QR code

誠に生きる〈第三章〉  

副長を崇拝しHEDWIGを愛し山本耕史さんを応援する日記

今日は薄曜日~みろくさんのスタブロ

今日はいよいよ激動の薄桜記

いや、毎回激動なんですが(^_^;)

なんかめまぐるしい展開なのに、じっくりと観たという充実感と落ち着きがあって、もう7回が終わったなんて実感できない~

半年くらいのスパンのドラマのようなボリュームと風格
いっそ大河ドラマだったら・・・
いや、架空の人物が主人公ってのは無理か・・・

などと勝手にいろいろ考えておりまする!


薄桜記のスタブロ
今回も大盤振る舞いでござる

今回はみろくさん登場\(^o^)/

記事にもあるように陽炎の時以来のおなじみさんで
拙者もワープへロケ見学に行った時や土スタ見学で、
いつもお見かけしていました~
独特のヘアースタイルなんで、「あ、みろくさんだ」とすぐわかる(笑)

コウジ舞台でも、みろくさんのお姿は客席で何度もお見かけしていまする。

カメラマンと役者という関係からさらに深まって、盟友なんですなぁ~

山本耕史という役者をどう撮ればいちばん輝くか~
を知り尽くしているカメラマンと言っても過言ではないと思うし…


さらに記事にもあるように、飲み仲間

みろくさんも居酒屋で、薄桜記の台詞をいっぱい覚えたんだな
その台詞は、きっと千春たんだったり(あはは~)安兵衛だったり


2人は
役者とカメラマンであり、飲み友だちであり、
さらに、
ひとつの作品を創り上げる同志

もし
もし

拙者の妄想なんで
あくまでも「もし」であるが

もし、大河ドラマで山本耕史主演なんてことが叶ったとしたら
絶対にみろくさんに撮ってもらいたいですのう
スポンサーサイト



カテゴリ: 薄桜記

tb: 0 |  cm: 0
go page top

この記事に対するコメント

go page top

コメントの投稿

Secret

go page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://yamamotohijikata.blog48.fc2.com/tb.php/1809-a592f405
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
go page top