FC2ブログ
06«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»08

Calender

New Entries

レクブログ法度

誠に生きる 第一章

誠に生きる 第二章

2011箱館の旅 (途中)

妄想ドリームチーム

Links

Category

All Entries

SOZAI

QR code

誠に生きる〈第三章〉  

副長を崇拝しHEDWIGを愛し山本耕史さんを応援する日記

訃報

平助のお父上が…

あまりにも突然の訃報に朝から涙が止まりませんでした


中村勘三郎さん
伝統を守りつつも常に新しいチャレンジを続けておられました。
舞台にかける情熱とチャレンジ精神の素晴らしさ…

復帰されたら来年こそは勘三郎さんの舞台を観に行こうと心に決めてたのに…


組!関係で言うなら、
もちろん勘三郎さんは平助のお父上なんだが、組!をとても評価してくださっていたし、局長との対談などが(『大当たり勘九郎劇場』からの抜粋)総集編のDVDに入っている。

そして越後出身者としては、
勘三郎さんは、2005年の日テレ『河井継之助〜駆け抜けた蒼龍〜』で河井継之助を演じてくださった方だ。



突然の訃報で、お身内の方々やファンの方々の悲しみはいかばかりかと、胸がつぶれる思いです。

まだまだ演じ続けていただきたかった・・・
でも、ご本人の役者魂は息子さんたちに引き継がれ、その思いは立派に受け継がれていくと信じています

中村勘三郎さんのご冥福を心よりお祈りします。



そして

平助、がんばれ~~~~
スポンサーサイト



カテゴリ: ・新選組

tb: 0 |  cm: 2
go page top

この記事に対するコメント

残念です

私も朝から大ショックでした。
残念。本当に残念…
まだ信じられない思いです。

歌舞伎のみならず、すごく精力的に活躍されてましたよね。
野田秀樹さんともお友達で、
新しい作品にも意欲的にチャレンジされてましたし。

私は今年1月の平成中村座の舞台を拝見したんですが、
その2日後、ルテアトル銀座の玉三郎さんの歌舞伎公演に行ったら、
なんとロビーに勘三郎さんがいらしてて吃驚しました。
お客さんとの記念撮影にも気さくに応じられてて、
お元気そうで良かった、と思ってたんですけどね。
まだ信じられないような気持です。

河井継之助のドラマも印象的でしたよね。
2008年のヘドウィグ新潟公演を観た後、
長岡に足を延ばして河井継之助記念館にも行きました。
ドラマのパネル写真がいっぱい飾ってあって、
その前で展示のガトリング砲をかたかた廻したなあ、
と思い出しました。

ご冥福をお祈りします。
URL | ふみ #mQop/nM.
2012/12/05 13:44 * 編集 *

ふみ殿

コメントありがとうございました。
ワタシも来年には復帰されると信じていたので、勘三郎さんの舞台を観に行こうと決めていました。
本当に残念です・・・
古典を大切にしながらも新しいチャレンジを続けてこられた方でしたよね。
歌舞伎は、本来それまでにない新しいものを積極的に取り入れて観に来てくださったお客様を喜ばせてきたものだったから
「江戸時代にもしギターがあったら、歌舞伎では真っ先に使っていたはず」
とおっしゃっていたのが印象に残っています。
つねに、観客に目を向けた役者さんで、観客をたのしませることに全精力を傾けておられた役者魂。
本当に残念です。

おお!河井継之助記念館に行かれたんですか、嬉しいです。
私は河井継之助の軌跡をめぐって長岡や小千谷に行く度に、何度も行ってます。
北越戦争や新潟港攻防戦は意外に知られていないなぁと残念に思っているので、勘三郎さん主演で河井継之助のドラマができたときは嬉しかったです。

余談ですが
大河では『花神』で出てきましたよね。
この時は、司馬さんの『峠』をベースに台詞が書いてあったのでとても嬉しかったです。


URL | レクイエム 0511 #qpQtvSjA
2012/12/11 07:42 * 編集 *
go page top

コメントの投稿

Secret

go page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://yamamotohijikata.blog48.fc2.com/tb.php/1805-b6085335
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
go page top