FC2ブログ
07«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»09

Calender

New Entries

レクブログ法度

誠に生きる 第一章

誠に生きる 第二章

2011箱館の旅 (途中)

妄想ドリームチーム

Links

Category

All Entries

SOZAI

QR code

フリーエリア

誠に生きる〈第三章〉  

副長を崇拝しHEDWIGを愛し山本耕史さんを応援する日記

薄桜記再び~第6話 さらば安らぎの日々…

第6話も怒涛の展開

BSオンエア時の第6話感想記事は、ここここ

地上波を見終わって自分の感想記事を読むと
「ようツボをおさえとるな~」
と思った~(自画自賛(笑)


生足もエエが萌える足首に目が行くのう

第6話は、部屋に入ったり出たり、階段上がったり、立ったり座ったり歩いたり~の動作を心ゆくまで見せてくれた回なので、そのたびに見える足首の美しさに萌えますのや

細!白!

ただ細いんじゃなくて、「ぎゅっとしまった」感がすばらすぃ~

萌える足首


殺陣は何度見てもしびれますな~~

で、牢屋のテンゼンたまが、陰影があって素敵過ぎて萌え死ぬ~~~

ワタスも一緒に牢屋に入りてぇ~~
「牢屋でテンゼン独占」状態の長兵衛さんがウラヤマし過ぎ

あの牢番になりてぇ~~
じっと張り付いて、テンゼンを一晩中ガン見しちゃうもんね

前回は津川さんが言っていた「おいおい」
今回はテンゼンが「おいおい」

「おいおい」

ウケル~~~~~(笑)


そして何度見てもお白州の吟味方がテンゼンを見る目が「憧れの君」風で、これもまたウケた~(笑)
瞳がキラリンしてるんだもん
あまりにもファン目線(あはは)


薄桜記は着物がとにかく素敵!
元禄時代のお洒落な柄がいいなぁ~

今回は長兵衛さんの着ている着物の柄がポップでグーだった!
桜をモチーフにした柄で、色使いがステキ!

お三ちゃんの着物も粋でエエですのう
ともさかさんの着こなしも素晴らしい~



第6話は、長屋暮らしが終わり、これから大きくドラマが動くその節目の回だった。


最後に、これからの展開ダイジェストが流れたのを見て、涙が出た…
ああ、ここから先は、もう、・・・あああ・・・



今回見終わって特に感じたのは、
「長屋暮らしはテンゼンにとって本当に安らぎの日々だったんだなぁ~」
ということ。

長屋の人たちに向けるテンゼンの笑顔

第2話からは、めったに笑顔を見せないテンゼン
そんな彼が、心を許して楽しそうに笑うのが長屋のシーンだった

長屋暮らしはテンゼンにとって安らぎの日々だったんだなぁ…
でも、その暮らしに終止符が打たれたのだ

この先の展開を思うと本当に切ない…


スポンサーサイト



カテゴリ: 薄桜記

tb: 0 |  cm: 0
go page top

この記事に対するコメント

go page top

コメントの投稿

Secret

go page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://yamamotohijikata.blog48.fc2.com/tb.php/1782-612b917f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
go page top