FC2ブログ
05«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.»07

Calender

New Entries

レクブログ法度

誠に生きる 第一章

誠に生きる 第二章

2011箱館の旅 (途中)

妄想ドリームチーム

Links

Category

All Entries

SOZAI

QR code

誠に生きる〈第三章〉  

副長を崇拝しHEDWIGを愛し山本耕史さんを応援する日記

美し過ぎるナマアシ

薄桜記のスタッフブログ
ホントにいつも大盤振る舞いで感謝感謝

記事からはスタッフの作品にかける愛情が溢れているし
お宝写真も満載だし

ああ、ホントにありがたいよぉ~(嬉涙)

特に、今回のこの写真

鮮明な大きな写真でこんなにきれいにテンゼンの生足が拝めるなんて~
萌え死にしそうじゃ~~~

なにこの美しいおみ足は~~~



美しい生足といえば真っ先に浮かぶのが頼たま

「保元の乱」で鸚鵡の籠を抱えてすっころんだ左府さまのおみ足があまりに美しくて、お茶の間を釘付けにした!!

「男でこんなに美脚なんてありえね~」的な衝撃
あの時は、話題が一気に「左府さまの美しすぎる生足」に集中したもんね~

組!の黒船を見に行く歳さまのまっちろい生足を見て以来、美脚だということは知っていたが、左府さまの姫のような恥じらいのある生足シーンは、衝撃だった~


そして

テンゼンの生足も震えますのう
左府さまと比べて姫度は低いが、すっきりストレートな美しさ

爽やかな生足(そんなものがあるのか(笑))

どっちもうづぐぢい~~~~~~

そりゃそうだ
おんなじ足なんだから

ナマアシだけで旋風を巻き起こせる男は、日本中でただひとり

「日本一生足の美しい男」

なにかと日本一が多いですのう(^_^

ああ、目の保養じゃ保養じゃ\(^o^)/
スポンサーサイト



カテゴリ: 薄桜記

tb: 0 |  cm: 0
go page top

この記事に対するコメント

go page top

コメントの投稿

Secret

go page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://yamamotohijikata.blog48.fc2.com/tb.php/1781-916fd2d9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
go page top