FC2ブログ
05«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.»07

Calender

New Entries

レクブログ法度

誠に生きる 第一章

誠に生きる 第二章

2011箱館の旅 (途中)

妄想ドリームチーム

Links

Category

All Entries

SOZAI

QR code

リンク

誠に生きる〈第三章〉  

副長を崇拝しHEDWIGを愛し山本耕史さんを応援する日記

薄桜記最終話を語る

最終話を駆け足で観てから、あわただしく過ごし
ゆっくりと浸る時間がない日々だったが…
そんな中でも、時折テンゼンの悲痛な顔、、最期の殺陣、美しい死顔が一瞬頭に浮かんだりしていた。

浮かぶのだ、あの顔が…


最終話を観てすぐに書いた感想記事には

「泣いた…
でも、なにかホッと安堵した気持ちにもなった」

「泣いた…
でも、なにか心が満たされた感じにもなった」

とあったのだが、時間がたつにつれて、じわじわと哀しみが襲ってきた…

この最終話は、観ていきなり大泣きするのではなく、観た後、時間が経つにつれてどんどん切なくなってくる。

この感じ、この切なさをどう言ったらいいのかなぁ…

心をいきなり矢で射抜かれるのではなく、心に刺さった「哀しみ」という矢がジワジワと心の中へ侵食していき、そして、気がついた時には、深くえぐられていた

…と、そんな感じかなぁ


今、あらためて最終話を観直したら、安堵どころか、哀しくて哀しくてつらくて切なくて、涙が溢れてきた

哀しい…
切ない・・・

でも、ものすごく見応えがあり、ものすごく納得してしまう
観た後の感涙と満足感。

そしてまた観たくなってしまう…

このテンゼンの生き方、死に方、
最後は死にとりつかれているようにも見えるが、それは現代の価値観であって、彼の死に方は決して自己犠牲ではなく、おのれを貫いた結果なんだと思う。

「いかに死ぬか」

彼が戦っていたのは、“内なる自分”だったのかもしれないなぁ…

あまりにも切ないんだが、でも、このドラマの中の丹下典膳にはこの生き方しかなかっただろう!
彼にはこの選択しかなかった!と思うことができるから、頭では理解できなくても心で納得できるのだ。

武士として生きることを全うした者の最期。



最終話が素晴らしいと思うのはすべてにおいて「静か」「美しい」ところだ。

テンゼンの最期を腕の中で見とった安兵衛は、決して大きくは取り乱さない。
「丹下さん!」とひとこと強い口調で言ったものの、あとは言葉をかみしめるだけで大声で叫んだり感情をぶつけたりはしない。
叫びたい気持ちをぐっとかみ殺して、静かに立ち去る。

あとは静寂のみ…

でも、テンゼンの顔にさしかけてある傘を見るだけで、安兵衛のテンゼンに対する深い愛情と尊敬が伝わってくるのだ。


安兵衛はいつもまっすぐな眼をしていた。
テンゼンを見るまっすぐな眼
なんの曇りもないまっすぐな愛情をテンゼンに注いでいたんだよなぁ…

そして
「これでよかったか」
と言ったときの薄く笑いかけたテンゼンの顔を見ると、もうたまらなく哀しくなる

テンゼンもまた安兵衛の深い愛情と尊敬の心をしっかり受け取っていて、それをちゃんと返しているのがわかるから


千春ちゃんがテンゼンにかけよるところも、決して泣いたり叫んだりしていない。
「あなた」「どうなさいました」
と呼びかけるだけ。
大げさに揺り動かしたり、派手に泣き叫んだりしない。
ただひたすら寄り添って、さすっているだけ。
言葉はいらない。
それだけで十分だ。

しんしんと降り積もる雪の中の静寂…


恐ろしいほどの悲劇なのだが、その悲劇は雪がすべての音を吸い取ってしまったかのように「静か」に淡々と進んでいく。

「静寂」というのがこれほど多くを語るドラマがあっただろうか!
これが本当に素晴らしいのだ!



そして「美しさ」へのこだわり。

最初にこの役を耕史くんが演じると聞いて映画版やドラマ版を観た時、とにかくテンゼンの最期が楽しみで楽しみで!
血まみれで死んで欲しい~とか、
顔が血に染まり髷も切られて壮絶に死んで欲しい~とか、
とにかく真っ白い雪を血で染める最期を想像していた。

だけど、この薄桜記のテンゼンの最期を見て、浅はかな自分の想像をはるかに越えた「美しさ」に唸った!

死ぬ時より、死んでしまった後のシーンにその美しさが何倍も強烈に映るようなラスト。

この美しい最期の二人
雪に閉じ込められて永遠に美しいままのような最期。

この美しいテンゼンを見せるには、顔や首にひとしずくでも血がかかっていてはダメなのだ!!
血の赤は必要なかったのだ!
赤と白のコントラストは不要だった!!

「白」だけでこれほど美しいシーンが成り立つとは…

だから、最期も下腹部を刺されるという殺陣になっていたのだなぁ

悲劇は美しくなければ!
哀しみに心が奪われるのはやはり「美しさ」あってのこと!

美しい役者の「美しさ」を最大限に引き出してくれた!


なんだか、書いているうちにまた観たくなってきた~

書き出したら止まらなくなってしまうなぁ(^_^;)
薄桜記の最終話については、語っても語っても語りつくせない気がする。

そして、薄桜記を観るといつも思うのだ

日本人に生まれてよかった~

と…。

日本人の美意識の高さを思い出させてくれる、そんな作品なのだ!




スポンサーサイト



カテゴリ: 薄桜記

tb: 0 |  cm: 6
go page top

この記事に対するコメント

彼岸花

北陸の我が家のすぐ近くには小さな神社があります。
そこに1週間ほど前から彼岸花が咲き始めました。
いつもこの花を見ると秋になったのだなぁと感じます。
あの時代にもきっと彼岸花は同じ頃に咲いていたことでしょう。
お母上を思って眺めた日もあったやもしれません。
典膳様のお着物の柄と彼岸花がとても美しいです。
日本人としての美意識を呼び覚まさせてくれた本当に素晴らしいドラマでした。
URL | bluegreen #-
2012/10/02 09:58 * 編集 *

ほんとうに

毎回レクさんの感想を頷きながら拝見していました。
総合での放送がまた楽しみ(でもまたきっと心乱れそう)です。

最後のシーン、だんだんカメラがひいて、門が丁度
額縁のようになり、木々の上に明けてきた空があらわれ、
二人の魂が昇華したような、悲しいのに(千春さんが
亡き夫の頬をさするところで泣いてしまいました)、
清々しさも感じました。

それと、安兵衛さんが横たわる典膳さまにさしかける傘を開く、
その傘のひろがる動きが美しく、妙に心に残っています、
ストーリーに特にかかわることではないのですが、細部まで
心のこもったドラマ作りのひとつのように思いました。
URL | 一レクさんふぁん #-
2012/10/02 15:31 * 編集 *

七面社

レクイエムさんのご意見に同感です。最終回は
静寂の中にある美しさでしたね。雪の中のお二人の
最後のシーンはずっと忘れないと思います。

紀伊国屋文左衛門の粋なお遊びや、白竿屋長兵衛の
威勢のいい啖呵とかの町人文化も垣間見れて、すごく
楽しめました。映像もきれいだったと思います。

七面社で出会って、七面社で幕を閉じたのですね。
レクイエムさんの記事でも紹介してくださいましたが、
いつか七面社に行ってみたいと思っています。
URL | パズル #-
2012/10/02 16:11 * 編集 *

美しさ

bluegreen殿

テンプレをお褒めいただき、本当に嬉しいです
\(^o^)/
しばらくは本来のパンクテイストに戻そうかと考えていますが、でももうすぐ地上波オンエアだと思うとなかなか変えられません…
このまま今年は和風テイストでいってしまおうか~なんて!

四季折々の美しさ
日本人が持つ奥ゆかしさや潔さ
立ち居振る舞いの美しさ
美意識のなんたるかを思い出させてくれる作品ですよね!
URL | レクイエム0511 #7iQfpXP.
2012/10/05 18:27 * 編集 *

ホントにそうでした!

一レクさんふぁん 殿

おっしゃるとおり
傘をさっと広げてさしかける安兵衛さんの動きが、音もなくなめらかで流れるような動きでしたよね…


>門がちょうど額縁のようになり、木々の上に明けてきた空があらわれ、
二人の魂が昇華したような

素晴らしい表現ですね~
薄桜記に関してコメントをしてくださる方々は、それぞれに思いが深くて、皆さん詩人のように素敵な表現をされるので、拙宅の本文よりも読み応えがありますなぁ!

また地上波オンエアとなれば、毎週萌えたり、ツボったり、泣いたり…
魂をもっていかれる日々になりますね
URL | レクイエム0511 #7iQfpXP.
2012/10/06 00:14 * 編集 *

まさに名作ですね!

パズル殿

本当にていねいに作ってあるドラマでしたよね!
観ていてこんなに引き込まれるドラマは久しぶり~

まさに、日本文化の素晴らしさや、日本人のもつ美意識の高さをおもいださせてくれるような作品でしたね!

本も役者も演出も音楽も
すべてにおいてプロ意識の高いチームによって作られたドラマだと思います。
URL | レクイエム0511 #7iQfpXP.
2012/10/06 00:22 * 編集 *
go page top

コメントの投稿

Secret

go page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://yamamotohijikata.blog48.fc2.com/tb.php/1690-695f9e9f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
go page top