FC2ブログ
06«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»08

Calender

New Entries

レクブログ法度

誠に生きる 第一章

誠に生きる 第二章

2011箱館の旅 (途中)

妄想ドリームチーム

Links

Category

All Entries

SOZAI

QR code

誠に生きる〈第三章〉  

副長を崇拝しHEDWIGを愛し山本耕史さんを応援する日記

薄桜記に浸りたい!

最終回を夜中に3回観たあと、あわただしく早朝から白河・会津の旅に出た…

そして頭の中が幕末の会津でいっぱいになって多摩に帰還。

その後は、会津戦争の書籍を読みあさりつつ
頼長さまの鸚鵡を見てはサフロス気分になり
ttbを観てアメリカンな気分になり
ミタニンスペサルで組!気分にも浸り

もう、ここ数日は、頭の中が幕末と平安とアメリカンでごっちゃごっちゃ~
何がなんだかわけわからなくなってきた~


オンエアの日に観たっきり
実は封印しているのだ、薄桜記最終回を…

だって、やっぱり、観るならがっつり観たい!
その世界に頭の先まで浸りたい、溺れたい・・・

だから、観たい衝動を抑えつつ、浸れる日を待っているのだ~


今日まで忙しかったが、明日は一日中薄桜記三昧できそうじゃぁ~~~
初めて観るような気分で観たい、最終回!!


テンプレも定番のパンクロックに戻そうと思っていたが…
やっぱまだまだ薄桜記バージョンにしておきたいので、テンゼン秋バージョンにしてみました

うちのブログ、今年はやたらと和風じゃな~(あはは)
本来のロックテイストになっている間がないのう


典膳さまああ~~~~(ToT)
スポンサーサイト



カテゴリ: 薄桜記

tb: 0 |  cm: 10
go page top

この記事に対するコメント

ジェロさんのインタビュー

すみません。薄桜記とは違う内容なのですが、
レクイエムさんの以前の記事のリンクにジェロさんの
インタビューがあって、「山本さんは、前世は日本人
ではなかったんじゃないのかなって思いましたね」
って書いてあったのですが、実は私も、山本さんは
日本人っぽくないなって思っていたので、同感できて
うれしかったです。私は、インタビューの動画を観て
そう感じました。

外見や体格もそうなのですが、物怖じしないで自分の
意見をはっきり言うところや、わりと積極的な感じが
アメリカ的かなって思いました。山本さんのそういう
ところもすごく好きです。
URL | パズル #-
2012/09/26 17:13 * 編集 *

止まらない典膳語り

最終話をもう何度見たことか・・・。
特に千春との別れから最期までの鬼リピです。
そしてまた、第一話から順に観たり、最終話から遡って観たり・・・。

日常生活でも典膳の一言一言を反芻して、考えさせられることしきりです。
こんなに魂を持っていかれた作品は初めてです。

千春との別れのシーンで、千春にやさしいまなざしで別れを告げたあと、死に場所へ向かう決意をした表情。
微妙な目の表情と口もとの動きが秀逸でした。

最期の烈火のごとき殺陣は、もう芝居を越え、典膳として生ききった山本耕史がそこにいました。

安兵衛に刺された後の表情が、副長の最期とも重なってしまいました。


レクさまにお願いがあります!

千春との別れの会話で、千春が「・・・違います、あなたはただ・・・」の「ただ・・・・」の後に何が続くと思われますか?
いろいろ考えたのですが、しっくりくるものが私の頭では思い浮かばなくて・・・。

もうひとつ!
プレマで「死んで生きるか、生きて死ぬるか」というセリフがあったはずなんですが、本放送ではカットされていましたでしょうか?(それとも私の見落としかも)
どこでどのように使われるかとすごく期待していたので・・・。

こんなお願いをしてすみませんが、レクさまの見解でよいので、よろしくお願いします。
また、ツボったところも教えてください(笑)

長々とすみませぬ~
URL | あき #-
2012/09/26 23:02 * 編集 *

レクさま、あきさまへ

あんなに繰り返し何度も観た薄桜記、私も最終回はまだ2回しか観ていません。最終回は私の全身全霊で受け止めなければ観られないからなのです。私も溺れる日を待っています。
そして、あきさま、私もあなた様と同じ疑問にさいなまれていました。「死んで生きるか、生きて死ぬるか」の台詞です。本編でやはりなかったように思います。
どうぞレクさま教えて下さいませ。
また、もしこの場面がカットされたのであれば、地デジで放送される18日からの薄桜記は、ぜひノーカットでお願いしたく、NHKにメールを出そうと思っています。
URL | bluegreen #-
2012/10/01 11:14 * 編集 *

ヨーロッパ

パズル殿

ワタシはどちらかというとヨーロッパ的なものを感じます。
前世はヨーロッパの貴族だったじゃないかと(あはは)
肌の白さとか、プルシェンコに似ているとか
ジェームズマカヴォイに似ているとか
いろいろ言われていますが(笑)
なんかアメリカンな陽の感じより影の部分とか孤独とか、哀しみとか、宿命とか
彼が演じると、なんかしらそんなものを感じることがあるので・・・
URL | レクイエム0511 #qpQtvSjA
2012/10/01 18:43 * 編集 *

素晴らしい!!

あき殿

お返事が遅くなり、本当にすみません
薄桜記にちゃんと向き合える心と時間の余裕ができてからお返事させていただこうと思っていたので…

あき殿のか感想、素晴らしいですね。
心が動かされすぎると、なかなか書けないものです。
組!の副長の最期と重なったというのは、ワタシもそうでした!!

「ただ・・・」
のあとに何が続くのか!?
ワタシもしっくりくる答えが出ません
「ただ、あなたは、武士としての本分を貫こうとされているだけです」
「ただ、あなたは、御自分の与えられた使命を果たそうとされているだけです」
それとも
「ただ、今は、お迷いになっておられるだけです」
う~ん、どれもなんだか違うような、そうじゃないような…
そこまで深く入り込まないような気もして…
自分が邪魔者だと言うテンゼンに向かっての千春さんの言葉なら
「ただ、今はまだお立場が定まらないだけです。いずれ…」
と続くような気もします。

「死んで生きるか、生きて死ぬるか」
本編にはなかったですよね~
この台詞、実はどこで言っていたんでしょうか!?
気になります

URL | レクイエム0511 #qpQtvSjA
2012/10/01 18:57 * 編集 *

bluegreen殿

「死んで生きるか、生きて死ぬるか」
このせりふは本編ではなかったと思いますが…

ワタシも、最終話はオンエアの翌日が会津への旅だったので、いきなり3回観たあとあわただしく旅立ち、その後はttbの舞台もあり、会津レポもありで時間の余裕がなかったので観る機会がありませんでした。
でもいざ時間ができても、なかなかリピに踏み切れず・・・
なんだか観るのがコワいような、観たいような…
なかなかリピできませんでした。
おっしゃるとおり、生半可な気持ちでは観られないからでしょうね、きっと。
でも、やはり、観たい気持ちが強くて、リピしてしまいました。
すると、最初に観たときとはまた違った思いがわきあがったり、この作品の素晴らしさを痛感したり・・・
何度観ても感動できる作品ですね!
URL | レクイエム0511 #qpQtvSjA
2012/10/01 19:12 * 編集 *

かたじけのうございます!

ここでしか会うことのない私なんぞの問いに、ご丁寧にお答えいただき、かたじけのうございます。
レクさまのお答え、どれも正解のような気がしてまた悩みますね~(笑)

このように「薄桜記」は、観るものすべてに「自分自身でよく考えて観るのじゃぞ」といわれているような作品ですね。
まんまとジェームス三木先生にはめられましたな~。

「無駄をそぎ落としたものからこそ、ものの本質を考えることができる」ということなんでしょうね。

地上波では、新たにディレクターズカット版として、一時間くらいのロングバージョンで放送してくれないでしょうかね。

「最終話を観て」も何度も読ませていただきました。
「そう、そう、そうなんです!」というところばかりです。


討ち入りの夜の雪のように、静かに私たちの心に作品のよさが降り積もってゆきます・・・。
URL | あき #-
2012/10/01 22:49 * 編集 *

そうですね。

お二人の画像を見ましたが、プルシェンコという人は
似ているなと私も思いました。山本さんは本当に肌が
白いですね。

そうですね。ヨーロッパ的かも知れないですね。
ヨーロッパの貴族のような役もやって欲しいです。
URL | パズル #-
2012/10/02 16:32 * 編集 *

おっしゃるとおり!

あき殿

ほんとですな~
まさにおっしゃるとおり!!
ジェームズ先生にやられましたな…

何度観てもまた新しい発見があったり、違う感情が湧いたり~
観るものの人生観まで投影されそうな、そんな深さもありながら、決して難解ではなく、観て楽しくわかりやすく・・・

もうすぐ地上波オンエア!
また1話からがっつり観て
また新しい発見があって
また涙するんでしょうな、きっと
URL | レクイエム0511 #7iQfpXP.
2012/10/05 18:21 * 編集 *

ドリアン

パズル殿

2009年に舞台で『ドリアングレイの肖像』に主演されてます。
美貌の英国貴族ドリアンは、あまりにはまっていて、耽美な世界でした。
劇場へ通いまくりました。
もう一度演じて欲しい作品です!!
URL | レクイエム0511 #7iQfpXP.
2012/10/06 00:33 * 編集 *
go page top

コメントの投稿

Secret

go page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://yamamotohijikata.blog48.fc2.com/tb.php/1685-61988fa9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
go page top