FC2ブログ
04«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»06

Calender

New Entries

レクブログ法度

誠に生きる 第一章

誠に生きる 第二章

2011箱館の旅 (途中)

妄想ドリームチーム

Links

Category

All Entries

SOZAI

QR code

リンク

誠に生きる〈第三章〉  

副長を崇拝しHEDWIGを愛し山本耕史さんを応援する日記

白河・会津の旅(5)

慶應4年閏4月に始まった白河口攻防戦は、7月に全面退却するまで続いた。

その間、斉藤率いる新選組は、白河へ攻撃をしかけては、また戻り、また攻めて、また戻るというギリギリの戦いを何度も何度も仕掛けている。

戦死者も日に日に増えて、厳しい戦いの日々だっただろうなぁ…

白河から会津へ向かうバスは、会津街道を北上し、会津の阿弥陀寺を目指した。
2時間半ちかくかかったバスの旅!


バスの中では白河の観光協会の方がガイドをしてくださり、いろいろな質問にもこたえていただいて、本当に感謝感謝!
「仕事ではなく本当に好きなんです」
と熱く語ってくださった。

退却1


実際に彼らが行き来した旧街道は、バスが通った街道より左山奥に1キロくらい入ったところにあるそうだが、感じる空気感、空、山々の風景は貴重だ!


なにか史跡があるわけでもないが、実際に新選組が何度も何度も行き来したその風景を感じ、景色を眺めるというのは、この地に来なければ体感できないこと!
まさに旅の醍醐味だった!!

退却2

バスからこういう風景を眺めていると、つい松前への一人旅を思い出してしまった!
あの時車窓から見た風景と似ている・・・
そういえば、途中に「福島」というバス停があったなぁ

退却3

この山の奥の道を新選組は何度も行き来し、
戦い、敗走し、また戦い、敗走…
日々仲間が亡くなっていく中、何を心の核にしていたんだろうか・・・
苦しい中で彼らは何を語り合っていたんだろうか・・・

そして、会津で戦況を聞く副長は、どんな言葉を返しどんな指示をだしたんだろうか

退却4

そんな風に思いながら見る田園風景は、なんだか切なかった(ToT)


バスはいよいよ会津へ~
スポンサーサイト



カテゴリ: ・新選組

tb: 0 |  cm: 0
go page top

この記事に対するコメント

go page top

コメントの投稿

Secret

go page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://yamamotohijikata.blog48.fc2.com/tb.php/1681-6113f74d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
go page top