FC2ブログ
06«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»08

Calender

New Entries

レクブログ法度

誠に生きる 第一章

誠に生きる 第二章

2011箱館の旅 (途中)

妄想ドリームチーム

Links

Category

All Entries

SOZAI

QR code

誠に生きる〈第三章〉  

副長を崇拝しHEDWIGを愛し山本耕史さんを応援する日記

白河・会津の旅(4)

白河街歩きの最後はここ
脇本陣柳屋跡

ここは斉藤一隊長率いる新選組が宿泊した宿だったところ。

今は蔵しかないが、この蔵は当時のもの
この蔵を実際に斉藤隊長も目にしただろう、きっと。
脇本陣1

この壁の向こう辺りに部屋があったそうだ。
斉藤さんたちが出入りしていたんだなぁ・・・
脇本陣2

副長が宇都宮戦で負傷し、会津にて療養中、斉藤一が新選組隊長で補佐役は安富才輔。

慶應4年閏4月5日、新選組に白河出陣命令がくだり、
閏4月25日の戦いでは新政府軍を撃退し同盟軍側は勝利を収めた。
その後に宿陣したのがこの柳屋だったといわれている。

みんないっときの間、ここで戦闘の疲れを癒したんだろうか!?
勝利に沸いていたんだろうか・・・
誰か飲みすぎて怒られたりしたんだろうか・・・


しかし、勝ったのはこの戦いのみであとは厳しい戦いが続いたのだ。

5月1日の白河大激戦では同盟軍側は多くの戦死者・負傷者を出して敗走。

「同盟軍2500 対 新政府軍700」で負けるってどうよ~(ToT)
各藩の集まりだったために指揮命令系統の不備があり、また火力の違いが大きかったとのことだが…

そんな中でも、新選組は果敢に戦ったに違いない!!
蟻通勘吾さんもこの戦いで負傷している



しかし白河口は要の地

この5月1日の敗戦後も、何度も何度も戦いをしかけて白河奪還を試みた同盟軍、
その最前線にいて戦い続けたのが新選組だったのだなぁ…

5月の末には島田も負傷しているのだ!

島田魁日記の5月27日の戦いにそれが記されている

「廿七日当隊並会遊撃隊合兵シテ大弥地村ヨリ白川口ヘ向フ~中略~
烈シク打掛ケレハ、敵追々引上ゲ一旦勝利ナレドモ応援ナクシテ遂ニ敗走シテ、巻田村迄夜中引上ケ数日休陣ス。
此戦ニテ我輩手負ヒ、福良村病院ニ行ク

あの島田が負傷だと~
いや、なんか絶対不死身で怪我もしない気がして、つい(^_^;)





ここで白河めぐりは終わり、昼食後は会津を目指していざ~

バスの旅で退却ルートを走ったのだった。


今回は日帰りで、しかも後半は会津へ向かったので数箇所しか回れなかったが、白河はたくさんの戊辰戦争ゆかりの史跡が点在している街だ。
いつかはゆっくり回ってみたい!
スポンサーサイト



カテゴリ: ・新選組

tb: 0 |  cm: 0
go page top

この記事に対するコメント

go page top

コメントの投稿

Secret

go page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://yamamotohijikata.blog48.fc2.com/tb.php/1680-e229e0dd
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
go page top