FC2ブログ
04«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»06

Calender

New Entries

レクブログ法度

誠に生きる 第一章

誠に生きる 第二章

2011箱館の旅 (途中)

妄想ドリームチーム

Links

Category

All Entries

SOZAI

QR code

リンク

誠に生きる〈第三章〉  

副長を崇拝しHEDWIGを愛し山本耕史さんを応援する日記

今年も兼定に会えた(追記あり)

いよいよ明日から5月

副長強化月間だぁ~

と勝手に名づけているが、実は私の頭の中は、1年中“副長強化月間”なのだ!!


土方資料館では、兼定の刀身展示が4月18日から始まっているので、
今日、兼定に会いに行ってきました\(^o^)/

資料館

館内では、兼定の刀身と共に、特別展示が!!

なんと、今まで一度も展示されたことがない貴重な写真

「土方家に伝わる副長の全身像の写真」

(この特別展示については、土方資料館日記のこちらで紹介されています。)

本当に貴重な写真の原本の実物が、この目で見られるとは…
感激でした(涙)

写真についてはこちらの本で詳しく語られているので、早速今日資料館で買いました。
本
この本では、副館長の土方愛さんが、写真について貴重な資料をもとにかなり詳しく書いておられます。


特別写真展示の中には、副長の最期に付き添っていたという小柴長之助さんが大正時代になって土方家を訪ねて、縁側で撮った写真もあり、その時のエピソードの添えてありました。
本当に泣けました。
小柴さんは、箱館市中取締役で探索方をしていた方で5月11日に捕縛されたとどこかで読んだ記憶があります。
記憶がイマイチあいまいですが…
副長の最期を土方家に伝えに訪れ、しばらく号泣していたそうです。

永倉さんが局長・副長の写真を並べて寝間に飾っていたというエピソードとともに、その写真を載せた本のページの展示もありました。

その他、土方家に保存されてきた、未公開の資料や写真がたくさん展示されていました。

特別展示期間は
4月30日(金)、5月1日(土)、2日(日)、
3日(月)、8日(土)、9日(日)
の予定だそうです。


そして、やはり、今年も兼定に会えました(嬉涙)

何度見ても、いつも胸がいっぱいになります。

この刀身に副長の顔が映っていたに違いない…
そう思って見ていると、何かが見えてくるような気になりました。

この副長の愛刀をこうして今も実物で見ることができる幸せを思い、ここまで保存してこられたご子孫の方々のご苦労を思い、感謝の気持ちでいっぱいになります。


副長の矢竹の近くにある梅の木が実をつけていました。
梅といったら、豊玉師匠~~~

資料館

手植えの矢竹
資料館



(5/1 追記)
資料館日記に、なんと島田魁来訪の記事があああ
おお!
島田あああ~

島田こと照英さんが副長の故郷日野へ来てくださって、
土方資料館にいらしていたとは!!

うれし過ぎて泣けました
それも、昨日だったとは・・・
ひとめお姿を拝見したかったです・・・

でも、来てくださったということを聞いただけで、嬉しくて嬉しくて

「新選組!は終わらねぇ」
隊旗2
(追記ここまで)




資料館を後にし、石田寺へ

石田寺


いよいよ5月
日野に誠が翻る季節がやったきたぞ~~~\(^o^)/
隊旗1

スポンサーサイト



カテゴリ: ・新選組

tb: 0 |  cm: 6
go page top

この記事に対するコメント

ありがとうございます~

レクさん、さっそく資料館に行かれたのですね~。
ご報告、ありがとうございます。
この5月は行けそうにないので、嬉しいです。
(本はオンラインショッピングで注文しました)

小柴長之助、捕縛の件は知らないのですが、旧幕臣で箱館では市中取締役をやっていたというのは、谷春雄せんせが語ってらっしゃるのを読みました~。
この人が、一本木関門から土方さんの遺体を引き取っていったんですよね(涙)

小柴さんの土方家来訪も泣けますが、それ以上に、ぱっつぁんが局長・副長の写真を寝間に飾っていたという話に号泣です。
なんか勢いで袂を分かってしまったけれど、歳月が経てばたつほど後悔してたんじゃないかって気がするんですよ、新八っつぁん。

>この刀身に副長の顔が映っていたに違いない…

わ~~、ビジュアルで想像してしまいました~(爆)
兼定一振り携えて、たった一人で蝦夷地まで転戦していったんですもんね。
(鉄とか島田さんとかはいたけれど)

素敵な記事をありがとうございました。
URL | かよこ #PooosTlY
2010/05/01 00:10 * 編集 *

兼定見学

英傑たちの肖像写真、こちらも早速入手して参りました!!
一年ぶりの兼定刃紋しっかり堪能できました。

NHKにて職人”小説家 佐伯泰英 放映されるようです。
2010年 5月 1日(土)11:30~11:53

9日新選組パレード同時間帯で「御法度」「壬生義士伝」市民会館にて開催(市瀬秀和さんトークと剣技もあり)
8日の「鉄コン」にも審査員で登場とのこと。

同じく、9日午後と夕刻、噴水キャバレエ・バレエショー『ザッツ誠!』が八坂神社向かいギャラーカフェ大屋にて¥3000!?
新撰組が踊る!五稜郭も踊る!幕末の夜明けはときめき七色プリズムシャワー!

http://www.theaterguide.co.jp/search_result/paid/detail.php?id=16042

URL | munn #HVDXY222
2010/05/01 09:08 * 編集 *

貴重な展示ばかりでした。

かよこ殿

コメントありがとうございました。
兼定は、何度見ても感動します。
この刀を抜いていた時、副長は何を思っていたんでしょうか・・・
刀身を見ていると、繊細で、なおかつ修羅場をくぐりぬけてきた怖さも感じるような気がします。

かよこさんがおっしゃるように、新八さんもきっと死ぬまで局長や副長のことを思っていて、いや、思っているだけでなく側にいてほしい、側にいればよかった、という思いがあったんでしょうね、きっと。
寝間に2枚の写真を並べて置いていたのは、そんな気持ちがあったからだと思ってしまいます。
まだまだ、知られていないエピソードがいっぱいあるような気がしますね。
URL | レクイエム 0511 #ofxKis3k
2010/05/03 00:28 * 編集 *

munn殿

今年のひの新選組祭りは、もりだくさんなんですね。
市瀬秀和さんといえば、確か『陽炎の辻』に出て、磐音さまと対決シーンがあった方だと思います。
かなり素晴らしい殺陣シーンだったと記憶しています。
日野がにぎわう5月は、いいですね。

拙ブログのデザインが重いせいで、パソコンによってはフリーズしてしまうのかもしれません。
副長月間が終わったらテンプレを変えてみます。
URL | レクイエム 0511 #ofxKis3k
2010/05/03 00:48 * 編集 *

あ、

梅の実。
気がつかんかった・・・

と。連休の最中、この閑人に何気お付き合い頂き、ありがとです。久しぶりの連休は、ごろごろするに限る。存分にすぴかーしてまっす。用が無きゃ、1ミリたりとて動きたくない性質なんすがあ、、あい。”アメリカヘイコウ”。そんときゃ、そのおにゅうの誠の旗をもって!

くだんの件は、如何にも不覚。
&土方歳三さんという人物が、今日でも人々を魅了してやまない方だということも知らなかった。

組!以降は、当時、ネットを介してもわかる熱気がなんつっても気持ちよくって訳も無く嬉しくって、お見込みのとおりネタを追い、随分色んなおうちでも勉強させて頂きの。そんな(山本)土方さん音痴でも、ブロガーさんのお話を伺う内に、そう、その梅の実を暫し見上げるまでになる。これは↑かよこさんちでもちょっと書いたことなんすがの。
畢竟、あの男の奇麗がわかるようになったのは、なんつってもそんな皆さんのおかげ。

別記事のレクさんお返事より。<嵌りすぎていた山本土方
自分はそれを感じることはできませんが、そのお見立て、信じる。
史実とドラマは違う。
違うけれど、このよにお感じになられた事にきっと嘘は無い。
土方さんのことはわからない。が、自分にはそれで十分っす。
ではまた。調子こいて、長居をしました。
URL | ま #5JhmOnRQ
2010/05/05 01:09 * 編集 *

世界遺産級、いやそれ以上

ま殿

不意の休日
ゆるりと過ごされたようで、何よりでござる

役じゃないのよ、ありは
モチロン、本物の副長とは違うんですが、
なんつうか
ご本人が降りてきていたっつうか
いや、違うな
「お前たちが俺を慕ってくれているのは嬉しいんだが、なんせ今は、姿を地上に現せねぇんだ~
だから、俺の代わりにこいつを見ておいてくれ」って副長が差し出してくれたのが、あの土方歳三だった…
って、勝手な私の解釈ですが
つまりは、それほどスペシャルなものだったと本物じゃないけど役でもない。
言うなれば、副長代理ですかな…
あの世とやらから託された、それが山本土方だと

中学三年生からずっと慕い続けて、ん十年
あの土方歳三をテレビ画面で見た時、「これだ」
と初めて思えました。
URL | レクイエム 0511 #-
2010/05/07 15:07 * 編集 *
go page top

コメントの投稿

Secret

go page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://yamamotohijikata.blog48.fc2.com/tb.php/166-86ff18b2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
go page top