FC2ブログ
06«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»08

Calender

New Entries

レクブログ法度

誠に生きる 第一章

誠に生きる 第二章

2011箱館の旅 (途中)

妄想ドリームチーム

Links

Category

All Entries

SOZAI

QR code

誠に生きる〈第三章〉  

副長を崇拝しHEDWIGを愛し山本耕史さんを応援する日記

薄桜記第8話を見た!観た!視た!

越後から帰還後
薄桜記第8話を観て見て観て視て観て見て
見まくっておりまする!!!!!

と、感想を書こうにも、もう明日は薄曜日じゃあああ

ああ、もうつらすぎて気持ちに余裕ないよぉ~(ToT)

第8話までは、まだ余裕があった
だってまだ3話分のオンエアが残っているから…

でも

でも

明日第9話がオンエアされてしまうと
あと2話しかないってことになるううう

あと3つある

あと2つある
じゃ大違いなのじゃ~

あと3つ残っていると、まだなんか余裕が持てるんだが
あと2つともなると
「2つしかない」
という切羽詰った気持ちになって
なんか追いつめられてきたよおお~


そんこんなで
第8話の感想を言うと

観た
溶けた
溺れた
泣けた
唸った


そして

パニくった!!




ラストのテンゼン

なんだなんだあの深い表情は~

ただ「美しい」ってんじゃない!
心の奥底から滲み出るような凛とした輝き、
それゆえに放つ生き方そのものの美しさ

そこに宿る儚さ、そして切なさ

単純ではない、幾重にも重なった複雑な感情が放つ乱反射、
見ていて悲しくなるほど深い思いの伝わる顔であった…

ああ、あんなもの見せられた日にゃ、もうどうしていいかわかんないっす!
見た瞬間に頭が溶けたもんね(^_^;)

胸が張り裂けそうだった…



素振りのテンゼン
おみ足にも萌えたが、
「いざというとき助っ人が間に合いませんぜ」
という言葉を聞いたときの厳しい表情がもうあまりに趣味で溶けたぁ~
あの厳しい表情に汗がわずかに滲んで光っていた~

色っぽくてかっこよくて死にそうじゃあああ~~~
あの顔に弱いのじゃ~~~
溺れてしうまうのじゃ~~~



そして道場での安兵衛に泣かされた~
殿のご無念を語る安兵衛、頬に伝わる涙…
安兵衛の気持ちを受け止め、言葉少なくも武士同士の熱い思い…

名場面だっなぁ


テンゼンと叔父上とのやりとりも好きだ!
叔父上の前に出ると、昔の若殿だった頃に戻っているテンゼン
なりは浪人でも、旗本の御曹司だったなぁ…




そして唸った

「乱心」と「遺恨」

このキーワードの使い方の上手さよ!!
ジェームズ脚本の上手さにただただ唸りました…


駆け足感想になってしまったが、
こんな風に第8話は、見どころ満載過ぎて、もう~
何度も何度も見てはまた萌え、見てはまた胸が締め付けられて
こんなにハマれるドラマは本当に貴重だ!!



で、

もひとつ

話の筋とは全然関係なく
テンゼンとは全然関係ないのだが(^_^;)

テンゼンが上杉家へ向かって歩く姿
あそこだけは別次元で悶えてしまうううう

あのポニテで本羽織を着て歩く姿は、まさに副長そのもの
初めて見たときあまりにあまりでパニクりまくってしまった…
あそこの数秒間だけは、別次元に頭がトリップしてしまうのでござる(^_^;)



あ~~~
それにしても、広沢さまは公家姿も似合うし武士も似合うなぁ…
広沢様が出てくると、なんかものすごく安定感が漂う
あの安定感は絶対的でゆるぎない!

そして
吉良さまのご家来衆の中のひとり、左右田孫兵衛さんを見て
「この方どっかでお見かけしたなぁ~」
と思った瞬間に雅様の顔が浮かんだのだ!!
なぜに雅さま…!?
ああ!そうだった
この左右田孫兵衛役の山本龍二さんは『彼岸島』の五十嵐じゃないか~

テンゼン、いや、雅様に
「早くワタシを完全にしろ」
って怒られて首根っこつかまれて放り投げられていた五十嵐だ~

雅様と五十嵐が、今はテンゼンと吉良家の家来
なんかウケタ~~\(^o^)/

スポンサーサイト



カテゴリ: 薄桜記

tb: 0 |  cm: 2
go page top

この記事に対するコメント

おかえりなさい

お父様ご無事で何よりでした。

さすがレクさま そうなのよそうなのよ

>幾重にも重なった複雑な感情が放つ乱反射、

とはよく言ってくださいました。すっきりしました。
あるところでは 右目に決意を左目に迷いを
またあるところでは 右目に理を左目に情を
そんなふうに見えたりもしたんです。葛藤を、まとめて均しては表現していない感じ。「乱反射」確かに。刻々と変化して表現されるこんな繊細さ ああん大好き。

それから広沢さまの「ゆるぎなき安定感」についてもふれてくださってうれしいです。
広沢さまは上皇様や耕史くんみたいにスタイルの良い俳優さんと一緒の画面に出られたときに臣下にしろ上司にしろ 見栄えがイイんですもんね。好き!
もちろん軽妙なセリフも身のこなしも目ヂカラも好き!!
で レクさまどうしましょう。明日は9話じゃございませんか。

URL | タイム #EKsGaSlY
2012/09/06 21:39 * 編集 *

うれしなぁ~

タイム殿

ねぎらいのお言葉、かたじけない
なんとか大事にいたらずにすみました
(^O^)/

おお!
嬉しいなぁ~
そういうところをほめていただけて!
ああいう表情を見たときの思いをどんな風に書けば読んだ人に伝わるのか…
けっこう考えて書いているんで、これでも(笑)
それを分かっていただけ嬉しいです\(^o^)/

で、広沢様にもコメントしていただき、ありがとうございます!
平安装束も、スーツも、武家も、なんでも美しく着こなしている広沢様~
すべてにおいて最強ですな!!
そして副長との共演率も最強!!
美中年だから絵面も最強ですね\(^o^)/
URL | レクイエム 0511 #7iQfpXP.
2012/09/07 07:49 * 編集 *
go page top

コメントの投稿

Secret

go page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://yamamotohijikata.blog48.fc2.com/tb.php/1641-56114d9e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
go page top