FC2ブログ
06«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»08

Calender

New Entries

レクブログ法度

誠に生きる 第一章

誠に生きる 第二章

2011箱館の旅 (途中)

妄想ドリームチーム

Links

Category

All Entries

SOZAI

QR code

誠に生きる〈第三章〉  

副長を崇拝しHEDWIGを愛し山本耕史さんを応援する日記

「剣」

久しぶりに実家に帰り母の部屋を見てウケタ

2012-09-04_09-50-02_432-1.jpg

いや、別に、母はコウジファンでもなく、新選組好きってわけじゃなく
単に娘のところへ行った時のお土産を飾ってあるだけなんだが(^_^;)

まるで拙者の部屋みたいじゃないか~(笑)
しかし、高幡不動の絵馬(誠)てここに飾っていてご利益があるのか(あはは)




そして父の部屋に飾ってあるこの額

2012-09-04_09-48-11_159-1.jpg

この剣という一文字の額は、ワタシが物心ついた時からずとずっと家にあった。
もう50年以上家に飾ってあることになる…



たったこの一文字の額

この額を今、父はどんな思いでみているのだろうか…

父は幼い頃から剣道ひとすじ
七段までいって、審判の資格もあり
全国大会の審判を何度もつとめた。
長い間地元の道場でちびっ子剣士たちや中学高校の剣道部の指導にも尽力し、80歳を過ぎてもずっと道場でお弟子さんたちと共に竹刀を持って指導にあたった。

が、数年前から竹刀が持てなくなり
今は歩くことさえままならない…

剣一筋に生きてきた父

だから、テンゼンが「わしは剣一筋に生きてきた」
というと父を思い浮かべることがあるのだ。

見た目は全然違いますが(^_^;)


今回、久々に実家に帰り、ふとなにげなくこの額を眼にした時、
なんだかとても胸が熱くなったのだった…


スポンサーサイト



カテゴリ: 薄桜記

tb: 0 |  cm: 3
go page top

この記事に対するコメント

ボランティア一筋だった父

どうやらレクイエムさんと私は同じ世代。
私は数年前に父を見送り、今は初期の認知症を患う母の介護の日々。
レクイエムさんとは違って、嫁ぎ先がすぐ近くのため、自宅と実家を行ったり来たりなのですが・・・。
父は退職後、地域のボランティア一筋の日々を過ごしました。
そして晩秋のある日、その日も小学校の花壇にチューリップの球根を植えた夕方、
突然脳出血で倒れ、意識が戻ることなくそのまま息を引き取りました。
レクイエムさん、今回何事もなく多摩に戻れて本当によかったですね。
私は父にありがとうの一言も言えず、(生きていた時は喧嘩ばかりでした)とても後悔しています・・・。

お月見うさぎ、とっても可愛いですね。
URL | bluegreen #-
2012/09/05 22:37 * 編集 *

胸が熱くなりました

bluegreen殿

本当に立派なお父上だったんですね…
最後までボランティアに尽くされ、その最中に倒れてしまわれて…
コメントを読ませていただき、とても胸を打たれました。

わかります!
ワタシもわがままな父に腹を立ててばかりで
ついきついことを言ってしまったり~
でもbluegreen殿のコメントを読ませていただき、
もう少し父に優しくしようと反省しました。
今はお母上の介護をされているとのこと
ついつい無理をしがちですから、お体に気をつけてくださいね。

ワタシは離れているので、もっぱらご近所さんと親戚にお願いしてばかり…
でも、これからはもっと帰ってあげなければと痛感しました。
こんな不出来な娘でも(^_^;)顔を見せるだけで喜んで、具合がよくなるんですよね。

テンプレに気づいていただき、嬉しいですう
\(^o^)/
あたふたしているうちに9月になり
秋の気配がしてきました!
URL | レクイエム 0511 #7iQfpXP.
2012/09/07 07:40 * 編集 *

丁寧な

お返事、どうもありがとうございます。
私も胸が熱くなりました。
URL | bluegreen #-
2012/09/07 10:01 * 編集 *
go page top

コメントの投稿

Secret

go page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://yamamotohijikata.blog48.fc2.com/tb.php/1639-ec558bd1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
go page top