FC2ブログ
05«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.»07

Calender

New Entries

レクブログ法度

誠に生きる 第一章

誠に生きる 第二章

2011箱館の旅 (途中)

妄想ドリームチーム

Links

Category

All Entries

SOZAI

QR code

リンク

誠に生きる〈第三章〉  

副長を崇拝しHEDWIGを愛し山本耕史さんを応援する日記

第7話テンゼンウザ語り

もう何度繰り返して観たのやら…

ラストのお三ちゃんの床拭きがゴシゴシとあまりに気持ちいいんで
観ると床を雑巾がけしたくなる~(あはは~)
で、
いつもは掃除機だけなのに、最近やたらと床を拭いている気がする(笑)


第7話のテンゼン

第7話のいちばんの核はここで書いてしまったが
他の場面でも萌えだらけだったんでそこを書きたい!

とにかく、もうどこもかしこも
あれもこれもそれも~
出てくれば、すべてがど真ん中

マジでやばい、こんなの


権現与太郎の場面

後ろに控えている時から
まさに
ザ、用心棒
って佇まいががウケるうう~

「待て待て~」

「わしが斬れるか」

ちょっと芝居がかった、このガン飛ばしテンゼンがツボじゃ~

この佇まいが今までになく野生的!
お旗本の若殿がこんなに身をやつしてしまったのね~って感じ
品はあるけど、このワイルド感がたまらん


権現ちゃんが「股くぐれ」って言ってケツぺろってところを観て
「げぇっ」
とか
「うへ~」
と思ったが、よくよく考えたら
「いやこれくらい男のケツとしては当たり前のレベルなんだよな」
「我々はこれまで美しいものを見過ぎているのだな」
と思った次第・・・(笑)
我々って誰やねん(あはは~)





桜が舞う思い出の七面社

ハートブレイクなテンゼン

このテンゼンは、悲しいんだけど…切ないんだけど…
でも、この切ない表情の美しさに頭が溶けますなぁ

一筋パラリのほつれ毛と伏し目がちな顔が色気ありすぎて、
息苦しくなる

横切っていくオバサンになりたい
いや、もう人間じゃなくてもいい
近くにあった灯篭になりたい!!(愚)




団扇で扇ぐ姿がまた色っぽい

団扇でそよぐ風にふっとほつれ毛が舞い上がるとこが
もうたまらんですな~

組!の時も、副長がちらし寿司を遠くからけだるそうに扇子で扇いでいたシーンがあって
あれも色気だダダ漏れだった!

こういう色男に団扇とか扇子とか持たせて扇がしたらアカンがな!!
色香倍増で罪過ぎる~~~


安兵衛とのシーンはサービスショットもあり~のって感じだったが(笑)
その後に続く、ツライ表情のテンゼンが映えるなぁ…



桜の中で千春に別れを告げたあと
雑踏にまぎれて歩くテンゼンの姿

苦悩…

頭ではわかっていても、
自分に言い聞かせても
振り払っても打ち消しても…
決して断ち切れない思い

本当に切ない

切ない

・・・

・・・・

・・・

切ないんだが

美しい男が苦悩している姿って実に萌えますなぁ~


いろいろと罪な男よのう

でも、あんな美しい侍がいたらそりゃ心奪われるよなぁ…


ベストショットはラストのテンゼン
あの伏し目の顔
あの角度とあの眼はやばすぎる

美し過ぎて頭が沸騰した!!


なんだか哀しくて切ない回だったが
あまりにも美しい侍過ぎて頭が沸きっぱなしの回でもあったのだった!

スポンサーサイト



カテゴリ: 薄桜記

tb: 0 |  cm: 2
go page top

この記事に対するコメント

ドキドキがおさまりません。

レクイエム0511さんの書き込みを読んで、すぐにラストの典膳のアップを確認しました。
やばすぎるという表現はまさにそのとおり、本当にやばすぎる美しさですね。
私のベストショットは、膝枕で眠っているお三の子どもに風を送りながら、
頷いたり、少し顔をそむけながら何気ないふうを装う典膳、かしら。
第7話は本当に最初から最後まで、ドキドキと動悸がおさまらないやばすぎる回でした。
第1話と第7話、撮影時間はほんの少ししか離れていないでしょうけれど、
5年の歳月が流れたことがありありと感じられる、
役者としての山本耕史さんの素晴らしさにも、ただただ感服するばかりです。
婚礼が決まったときのあんなに明るくにこやかだった彼が、
暗く哀しくそして限りなく美しくなっている・・・。
何度も何度も見ずにはいられません。
私は日常を取り戻せるでしょうか・・・!
URL | bluegreen #-
2012/08/28 20:33 * 編集 *

ドキドキしているうちに…

bluegreen殿

ほんとうにおっしゃるとおりですね!
第1回からの若殿ぶりと今とでは違いますよね
そうなんですよ、たぶん順序どおりには撮影していないと思うんですが、ちゃんと歳月の経過が感じられるところがさすがです!

ドキドキしっぱなしで、何度も何度もリピしているうちに、もう第8回のオンエアが目の前に…
楽しみな分、終わりに近づいているのがツライです…

ワタシなんて、ずっと日常を取り戻せないまま、何ヶ月も経ってます(あはは)
URL | レクイエム 0511 #7iQfpXP.
2012/08/31 01:59 * 編集 *
go page top

コメントの投稿

Secret

go page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://yamamotohijikata.blog48.fc2.com/tb.php/1629-e9af0ba9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
go page top