FC2ブログ
06«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»08

Calender

New Entries

レクブログ法度

誠に生きる 第一章

誠に生きる 第二章

2011箱館の旅 (途中)

妄想ドリームチーム

Links

Category

All Entries

SOZAI

QR code

誠に生きる〈第三章〉  

副長を崇拝しHEDWIGを愛し山本耕史さんを応援する日記

イツァークからの伝言

ジェロさんツイッターで8月22日の
「これから稽古へ行きます
 Off to rehearsal for the musical today」
というつぶやきに中ちゃんの嬉しいつぶやきがあった!!

「Enjoy the rehearsal!
  Please say Hi to Koji,Jimmy and Maejima-san」


うほおおお~~~い

「to Koji,Jimmy and Maejima-san」って
つまりは
「ヘド姐さんとアングリーインチ」

うおおおお~い
まさにまさに、イツァークからヘド姐さんとアングリーインチへの伝言だわん

ありがとうイツァーク

中ちゃんもまたワタシにとっては永遠にイツァークだもん

タクイツァークはもちろんだけど
アタルイツァークも大好きだったああ~

だって、あの苦しい状況、あの厳しい客席の空気
満身創痍のヘドちゃんを支え続けてくれたんだもん

まだヘド姐さんとなる前の、痛々しいヘドちゃんと共に毎日戦ってくれたもん

ヘドちゃんからヘド姐さんへ進化を遂げたその道のりは
かなり険しかったんだよなぁ…
でも壁を越えてくれた!
そして東京へ戻ってきた時の、あの凱旋ステージ!!

そんなイツァークからヘド姐さんとアングリーインチへの「Hi」という伝言!!

嬉しいよおおお(ToT)


ヘド姐さんはエンドレスツアーのまま
日本に全然寄ってくれる気配がないけど…
でも待ってるからね~


ヘドといえば、8月の始めに元祖ヘド様の話題でワクワクがあった。

「ヘドウィグ・アンド・アングリーインチ」の続編が進行中

『ヘドウィグ・アンド・アングリーインチ』の続編舞台が9月に上演!

上演はマサチューセッツ州…

マサチューセッツ州…

ああ遠すぎて行けない(>_<)

「アタシをマサチューセッツに連れてって~~」

映画化かぁ…
いや、せめてCDだけでも手に入れられたらいいな~

だってスティーヴン・トラスクの新曲だもん
ヘド曲の全てを生み出した天才スティーヴン、
アタシにとっては神よ、神!!


スティーヴンの新しいヘド曲が聴けるってだけで幸せなのよおおお~

あの歌詞、あの曲、
それを生み出したスティーヴン・トラスク

ヘドウィグの曲の前ではどんな曲もかすむのだ!!
曲も、歌詞も、あれほど深いものは他にない!!





ああ、マサチューセッツ…

誰かアタシをマサチューセッツ州…へ連れてって~~~

そして

誰かヘド姐さんを日本へ呼び戻して~~~~~

「ワタシの夢に夜な夜な現れるのはおやめください」

あははは~
夜な夜なじゃないけど、
たまにヘド姐さんの夢を見ることがあって
そのせいでヘド姐さんロスが大きくなるときがあるのよね…

だって

(元祖ヘドさまは別格として)
誰でもヘドウィグになれるとおもうけど
ワタシがヘド姐さんと呼べるのは世界中でただひとりなんだから
スポンサーサイト



カテゴリ: ・HEDWIG

tb: 0 |  cm: 3
go page top

この記事に対するコメント

今更ながら・・・

随分遡った話題で申し訳ありません。

レクイエムさんは森山未來x大根版のヘドウィグを観る予定はないのですか?

先日観劇(?)したのですが、ヘドウィグを知り尽くしているレクイエムさんの感想を、是非お聞きしたいと思ったものですから・・・

ブログの感じから行かれないのではと思っているのですが、
思わずコメントしてしまいました。



URL | 私も通りすがり #-
2012/09/11 18:56 * 編集 *

私も通りすがり殿

コメントありがとうござまいます(^O^)/
ヘドウィグを知り尽くしているなんてとんでもないんで、ただただ長年に渡ってずっとヘドを聴き続けていて、ジョンキャメとスティーヴンの創り出したヘドウィグを崇拝しているってだけです
(^_^;)

実は先週末にヘド仲間と一緒に行く予定でチケットも買っていました!
でも、急な帰省のため行けずじまい…
チケットが無駄になってしまい、ホントに残念でした。
ヘド仲間からは観た直後に短いメールが来ただけ
(^_^;)
でも、私は実際に観ていないので、なんとも…

私自身は
「ヘドウィグはたとえどんな演出でもどんなパフォーマーでもいいのだ!
100人が演じれば100人のヘドウィグがいるのだ!
あとは好みの問題なのだ」
と思っていて、それは今も変わらないのですが、ただ、今回の設定を知った時に
「そこまで核の部分を変えたらそれはヘドではなくヘド曲を使ったオリジナルな作品なんじゃないのかな!?」
という疑問を持ったのも事実です。
ただ、実際に観たら、この疑問は飛んだかもしれないし、逆にもっと疑問が深くなったかもしれませんが。

ジョンがオッケーを出したのならそれはヘドウィグなのだから、拙者はまだまだ修行が足りんですな・・・

と、実際に観に行けなかったのでこんな風にしかお答えできず、ホントにスミマセン
(^_^;)


URL | レクイエム 0511 #7iQfpXP.
2012/09/12 09:34 * 編集 *

有難うございました。

お答えを有難うございました。

>100人が演じれば100人のヘドウィグがいるのだ!
あとは好みの問題なのだ

そうですね。そう思います。
O-EASTを一歩出てからそのような事を考えながら帰途に着きました。

さあ気分を変えて、今日からはt.t.Bです。
また、レクイエムさんの感想を楽しみに待っています。
URL | 私も通りすがり #-
2012/09/13 10:59 * 編集 *
go page top

コメントの投稿

Secret

go page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://yamamotohijikata.blog48.fc2.com/tb.php/1628-a280bd90
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
go page top