FC2ブログ
06«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»08

Calender

New Entries

レクブログ法度

誠に生きる 第一章

誠に生きる 第二章

2011箱館の旅 (途中)

妄想ドリームチーム

Links

Category

All Entries

SOZAI

QR code

誠に生きる〈第三章〉  

副長を崇拝しHEDWIGを愛し山本耕史さんを応援する日記

第6話のテンゼンウザ語り

前記事でさんざん暑苦しく叫んだが(笑)
もう少しマニアックな萌えポイントを暑苦しく語りたい~~~

この記事を読むと、暑い毎日がさらに暑苦しくなります(あはは)


それは殺陣から始まった…

第6話のテンゼン

まあ、にくにくしげな3人トリオよお
片腕だから、もうたいしたことないだろこいつ~
みたいにテンゼンを甘くみていて

川に蹴り落とすなんて無礼にもほどがあるんだが・・・

でも、これがエガッタあああ~(え)

だって、こんな屈辱を受けたからこそだもん!
テンゼンには怒りをぐっと抑えた男の凄みが出ていて
渋くて、野性味もあって

で、あの殺陣だもんなぁ~

あまりにかっこよくて、も~
もっともっともっと殺陣が見たい~~
3人じゃなくて20人くらいでかかってくれ~

興奮し過ぎて息が切れた(アホ)

で、納刀⇒立ち去る

ぐおおおお~

この時のかっこよさたるや、国宝級じゃ~

無言で納刀して立ち去るのが、もう、もう、もう
ニヒルでクールでシビレルうううううう

千春の兄ちゃんになりてぇ~~~
だって、あんなにカコエエ立ち回りを
目の前で見れたんだもんもん
兄ちゃん、ウラヤマし過ぎじゃ~~~~



牢屋のテンゼンに萌えたのはもう前記事で書いたのだが・・・
とにかく妙な色気があって萌えるのう
牢屋ってシチュエーションってなんであんなに萌えますのやろ!?

やっぱ暗い陰のある牢屋の中ってのがエエ!
そして罪人扱いってのがまたエエ!!


牢屋もエエが、お白州テンゼンもエエですなぁ~

吟味役に
「いいから上がって、そこへ座れ」
と言われて立ち上がって座るまでの動作に萌えたぁ~~~

草履を前に置き直し

立ち上がって

草履を履いて

前に進んで

一礼して

階段を上がって

座って

頭を下げる

この一連の動きがホントに綺麗なのじゃ~
添えられた手、腰、足首、
すべてが美しい~~~~

もうスロー再生でリピしまくっちゃった(ふふふ)

ああ、あの吟味役になりてぇ~~~
いや、お白州に立っている役人でもいい!!


「長尾龍之進」という名前を聞いた時の
テンゼンの横顔のアップにもやられたぁ~
あの複雑な表情は何を語っているんだろう…

胸の中が波打って心の動揺が見え隠れする、あの横顔…

ああ、やられた~~~~



で、紀文との場面
三味線の音が流れる中、案内されて歩いてくる姿
座るまでのあの歩く後姿
裾を少しめくってあぐらをかいて座るその仕草

この一連の動作に、またまた萌えた~~~
なにげない動きが完璧なのじゃ~
ホントに綺麗だなぁ…




立ち上がる、歩く、座る、一礼する…
そういうなにげない動きにも美学があるのだ、この山本耕史という役者には

なにげないようでも、時代劇でこういう美しい動作ができるって実はすごいのだ!!
積み重ねたものがあってこそできる、この美しい動き…

こういう動作の美しさって日本一や!!


眼福ですのう\(^o^)/\(^o^)/\(^o^)/





スポンサーサイト



カテゴリ: 薄桜記

tb: 0 |  cm: 4
go page top

この記事に対するコメント

共感です!

薄桜記の山本耕史さんにノックアウトされ、
この夏休み、NHKオンデマンドで過去のNHK出演作品をすべて見尽くし、
YouTubeその他の動画を探しまわり、
山本耕史さん関連のブログを検索して、
こちらのサイトにたどり着きました。
6話の「萌え」、私も全く同感です。
というか、私が言葉にできなかった部分をかゆいところに手が届くように表現してくださっていて、
ほんとうにうれしかったです。

いろいろ調べるにつけ、耕史さんが役者として素晴らしいだけでなく、
人間としてもとても尊敬できる人であることがわかり、
ますます大好きになりました。

このブログもこれからたびたび訪問させていただこうと思います。
どうぞよろしくお願いいたします。
URL | bluegreen #-
2012/08/20 21:40 * 編集 *

鬼リピ

ご無沙汰です。
外の暑さにも負けぬここの暑さですね。
レクさまと萌えポイントがほぼ一緒で、いちいち膝を打ちすぎて、痛いです(嘘)
殺陣、お白州、牢屋、etc。鬼リピ、スロー再生場面ばっかり。
いつも所作の美しさにほんと見ほれています。何気ない動作に無駄がなく、美しい。それが殺陣にも活きている気がします。
時代劇は勉強の場とおっしゃってましたが、これまでの積み重ねがあってこその、この美しさなんですよね。

着物を着ていると、さらに色っぽさが増して、どぎまぎしますわ。
浪人なんだけど、美し過ぎて、浪人くさくない、テンゼン。
今夜も鬼リピです。

URL | あき #-
2012/08/20 23:48 * 編集 *

本当にありがとうございます!

bluegreen 殿

こんなアホブログにたどりついていただき
ありがとうございます!
そんな風に言っていただき、本当に嬉しいです!

サイドバーにあるレクブログ法度を読んでいただけたら幸いです
\(^o^)/
法度に書いてあるように、スチャラカブログなんで
突っ込みや笑いシャレなど、斜めからの視線でウザく語っています(あはは)
これからも気に入っていただけたら読んでくださいね~

薄桜記は、役者、脚本、音楽、かかわった全ての方々の力でできた素晴らしい作品だと思います!
楽しみですが、最後に向かっているのが悲しいです…
これからもよろしくお願いします(^O^)/
URL | レクイエム 0511 #7iQfpXP.
2012/08/22 20:41 * 編集 *

おお!

あき殿

おひさでございまする~
お元気でおられましたか

こんなウザ熱い記事にいちいち膝を打ってくださり(笑)
ありがとうございます(^O^)/

やはり浪人に身をやつしているとはいえ
お旗本の殿だったわけですから
育ちのよさと品はそのままですね~
まだまだウザく熱く語っていきますので
膝を打ったり笑ったり、
ご一緒に萌えたり叫んだりしていただけると嬉しいです!
URL | レクイエム 0511 #7iQfpXP.
2012/08/22 20:46 * 編集 *
go page top

コメントの投稿

Secret

go page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://yamamotohijikata.blog48.fc2.com/tb.php/1615-0792abbd
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
go page top