FC2ブログ
06«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»08

Calender

New Entries

レクブログ法度

誠に生きる 第一章

誠に生きる 第二章

2011箱館の旅 (途中)

妄想ドリームチーム

Links

Category

All Entries

SOZAI

QR code

誠に生きる〈第三章〉  

副長を崇拝しHEDWIGを愛し山本耕史さんを応援する日記

薄桜記 第5話を観た

もう5、6回も観ちゃったもんね
で、今また観なおしているところ

どんだけ~

この作品は、リピする時は全編通してリピしてしまうのだ!
テンゼンシーンだけリピするつもりが、ついついそのまま全部観てしまう


とにかく
いいですなぁ~

今回はテンゼンと安兵衛の二人の距離感がすごくヨカッタなぁ

もちろん千春ちゃんと再会した場面での殺し文句
「わしの夢には出るな」
のテンゼンにも萌えました…
あのなんともいえぬ表情
切ないなぁ…

が、背中フェチとしては
その台詞の前の、振り返る時の背中に激萌えたあああうううう

そして、桜を見上げる顔も美しいのう


千春ちゃんに見せるふわっとした優しい透明感のある表情もエエんだが
優しい微笑みよりもツンデレなツンケンが好きなんで(あはは)

甘く切ないロマンス感より
男祭りが好きなんで(あはは)


だから、安兵衛といるときのテンゼンがイチバン萌えますのや~~~

「髭は剃っていけ」

「悪酔いするなよ」

「大ぼらを吹いたな」

「図々しいやつだな」

「いい気になるな」

なんだか言いたい放題で(笑)

構えてなくて、やさぐれていて
でもなんか楽しそうでもあり…

浪人暮らしが染み付いてきた落ちぶれ感とワイルド感
男同士だからこそのこの空気感

2人で朝ごはんにおにぎりを食べているとこなんか
かわいくてかわいくて

今回は、まるで出演依頼殺到の新人スターについているマネージャーのようなテンゼン(笑)


とにかく、この2人のやりとりが好きじゃああ~(^^♪

安兵衛さんが本当に愛すべきキャラで
カワエエですなぁ~

そして、仕方のないやつ~って感じで言い放つつ
ほっとけない可愛さありありなテンゼン


安兵衛にとってテンゼンは、ただ尊敬する先輩ってだけじゃなく
何か決断をするときに後押しをしてもらう存在

テンゼンにとっても心を許せる存在
心の奥底にまでは踏み入らせない厳しさもあるが、
いつの間にかかけがけのない友になっている

この2人が実にいいなぁ…



今回いちばん好きなのはラストのテンゼンと安兵衛

ここの2人がいちばん好きだぁ

語り合う2人
信頼し合い、思い合い
お互いを認め合っているのがすごくわかる・・・そんな2人

そして決心した安兵衛と2人で歩くテンゼン
このテンゼンが好きだああ~

「恩を売るつもりか」

「大きなお世話だ
とっとと出て行け」

「うるさい!」

ああ、もうここがいちばんぐっとくる!!
趣味過ぎてつらい!!!!!!



萌えポイントはいっぱいありすぎて一度には書けないけど

紀文宴会のときの小袖姿
あまりに鮮やかな二枚目ぶり!!

なんだこの色男はあああ~~~

この小袖
安兵衛さんが着ているときは普通な感じだったけど
(スマン(^_^.))
テンゼンが着たとたんにものすごい超絶な二枚目姿になるううう
ハートわしづかみされるうう


文左衛門さんが舞っている間釘付けになるのは
この水もしたたる色男の方じゃ~~~(笑)

若いのがエエか年増がエエか
「若いの」
って即答だろう、テンゼンじゃなくてヤマモトコウジ的には(あはは)


この小袖二枚目サムライで特に萌えたのは
剣の極意と戦のことを語る時

「極意はない」
「相手に裏をかかれる」
「こっちはそのまた裏をつく」
「鶴翼の陣も車掛の陣も世間に知れ渡れば
 それで終わりじゃ」
「必ず反撃の手立てがあみ出される」

うおおおおお~
シビレるうううう

こんなこと語らせたらアカンって
いろいろな別妄想も湧き出て悶えますがな


そういえば鶴翼の陣って関が原のときの西軍の陣形だよなぁ…



そしてなぜかものすごくリピしまくってるのが
長屋の朝ごはんのテンゼンとカメさん

あまりにお豊ちゃんと違う扱い(笑)
で、カメさんの一挙一動にいちいち反応するテンゼンがツボじゃ~

カメ役の宮地さん、好きな女優さんだからうれしいなぁ
(サンシャシンボーイズのメンバーのおひとり)

特に
「ふんどしもかね、
あたしゃ所帯持ちだよ、いっひひひひ」
に激しく反応

「ふんどし」

いっひひひひ(愚)

テンゼン仲間もみな反応

周りの友もワタスもふんどし祭り(アホ)

そして、お豊ちゃんの遊郭入りを聞いたときのテンゼンの顔
切ない表情のアップの顔に萌えたああああ~~~
スポンサーサイト



カテゴリ: 薄桜記

tb: 0 |  cm: 0
go page top

この記事に対するコメント

go page top

コメントの投稿

Secret

go page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://yamamotohijikata.blog48.fc2.com/tb.php/1601-4a1d5380
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
go page top