FC2ブログ
07«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»09

Calender

New Entries

レクブログ法度

誠に生きる 第一章

誠に生きる 第二章

2011箱館の旅 (途中)

妄想ドリームチーム

Links

Category

All Entries

SOZAI

QR code

フリーエリア

誠に生きる〈第三章〉  

副長を崇拝しHEDWIGを愛し山本耕史さんを応援する日記

L5Yファイナル in 彦根(アンコール編)

西から多摩へと帰ってきまひた

そして

終わりました!!
L5Yファイナル in 彦根

本当に素晴らしい舞台でした(感涙)

どんどん記憶が薄れて、
どんどん忘れてしまうザル頭なんで、

まずはアンコールの様子から
(※言葉や順序などは正確じゃないです。)

アンコールは3回
スタオベと温かい拍手の嵐



アンコールでは、印象に残った言葉がいくつかあった

3回目のアンコールで、まずはジェイミーコウジが口を開いた!!

「これでこの公演がすべて終わりました!!
この、ひこにゃんの町で最後を飾ることができました!!」


と笑いをとりつつ

「東京から始まって、いろいろな場所で
素敵なお客さんと素敵な作品を舞台で上演することができました」


“素敵な”という言葉の響きが、なんとも暖かくてふんわりしていて嬉しかったなぁ…

村川キャサリンは

「このキャッシーという役に出会えて、幸せでした!
キャッシーと離れるのは、寂しいです。
最後もこんなに暖かく迎えてくださって、幸せです!
またいつか、キャッシーをやりたいです…なんて(ウフッ)」


“幸せ”という言葉を何度も使っていたキャッシー

キャサリンという大役をやり遂げた満足感と寂しさが感じられた
この時の村川キャッシーの、ホッとしたような、でもちょっと寂しいような
そんな顔がとても爽やかで、そしてチャーミングだった


ジェイミーコウジは
「えりちゃんはどうでしたか!?」
「えりちゃんは初めての挑戦で」

と言っていた。

その“えりちゃん”という呼び方に、
一緒に頑張ってきた後輩への愛情が感じられて、
聞いているこちら側もほっこりした気持ちになれたなぁ…


さらにジェイミーコウジは

「僕はこの作品は3度目ですけれど、いつも初めてだと思ってやっています。
それぞれの初めてがあって・・・。
こうしてここで皆さんとも、初めて出会って。
何度も見ている方も、ここでは初めてなわけで・・・
それがステージの持つ良さで、
舞台というのは、(劇場に)足を運ばないと観られないものなんですよね」


“初めて”という言葉を繰り返し使っていた。

エエこと言うたなぁ

生の舞台の魅力は、まさにこれだ

いつもが“初めて”なのだ。

つまりは
“一期一会”
一度っきりのもの
一度っきりの出会い
人生でたった一度っきり

どんなに回数を観ても、舞台は毎回違う!
毎回がファーストステージでありラストステージでもある。
だからこそ、その一度の出会いを大切にする。
演じる側と観る側は、与える側与えられる側というのではなく、出会いの場なのだと!!
だって、上演中は、役者と観客は、同じ空間を共に生きるんだから…

いいなぁ、このお方は・・・

と感心していると、ちょっと噛んだらしく

「僕ね、よく噛むんですよ…
台詞は噛まないんですけど、なぜか…」


と笑いもとると(笑)


最後の言葉も素敵だった。

「今日ここで出会ったことは、皆さんと僕の宝物になったと信じています。
今日は本当にありがとうございました」


ここでもやはり出会いというフレーズ
そして、宝物
それも
皆さんと僕の

くうううううう…
こういうググっとくることをたまにおっさるから、たまらんのよ
意識して使っているわけではないだろうに、
なぜか「おおっ!」と思う言葉の使い方をするときがあるんだよなぁ…

愛だよ愛…

こういう言葉を聞くと、大河の時のインタビューなどで
「コウジくんは人を愛する天才」
って、山南さんが何度も言っていたのを思い出す。

愛する天才でもあり
愛され上手でもある

だよなぁ・・・

・・・・・

・・・


そんな感動も残しつつ、
さわやかな笑顔を振りまいて
ジェイミーとキャサリンは去って行ったのだった。


スポンサーサイト



カテゴリ: ・L5Y

tb: 0 |  cm: 4
go page top

この記事に対するコメント

お早うございます。

upを今かいまかと待っておりました。
いつも、いつもその記憶力の良さに脱帽です。
彦根には行けませんでしたので、この大楽の耕史さんの言葉が聞けて嬉しかったです。
本当に素敵な言葉を使われるんですよね。
(確かに噛むけど・・・)
有難うございました。
URL | 私も通りすがり #-
2010/04/26 10:10 * 編集 *

レクさん、記事upありがとうございます(^^)
私は彦根に行けなかったけど、こうやって皆さんがステキな記事にして
教えて下さるので、本当に感謝です。。。

耕史くんの言葉って、本当に優しくって好き。
そうですよね。舞台は一期一会!表現との、感情との、素敵な皆さんとの
一期一会なのだと思います。
さわやかな息吹を与えてくれた絵梨ちゃんにも心からの感謝を!

たくさんお会いできて幸せな4月でした♪
また遊んでやってください(^人^)
URL | 優 #-
2010/04/26 14:00 * 編集 *

待っていただいたなんて、光栄ですう!

私も通りすがり殿

なんと、光栄なお言葉…
こんなアホブログの記事アップを待っていただいていたなんて、
嬉しいです\(^o^)/
言葉はイマイチ正確じゃないところも多々ありますが、だいたいの雰囲気が伝われば~と思って書いています。
記憶力なんて、全然ないです。
むしろ、日に日に衰えていく一方で(^_^;)
ただ、印象に残った単語のいくつかが頭に残っているので、
帰りの電車などで、友達に確認したり、
他に何言ってた!?~と聞いてみたり…
いつも周りに助けられて、なんとか書いています!
URL | レクイエム 0511 #ofxKis3k
2010/04/28 00:33 * 編集 *

また会いましょう!

優殿

今回のL5Yでは、何回もお会いできて、嬉しかったです
\(^o^)/
オーラスのレポ、うろ覚えのところもありますが、
けっこう心に残る言葉が多かったので、覚えていました。
舞台の魅力について「初めて」というキーワードで語っているのが印象的でした。
「いつもが初めて」
これって、まさに舞台の核となることですよね。
無意識のうちに、ものすごくエエことを語ってしまう時がありますな、
ミスターコウジは(笑)

また12月にお会いできたら嬉しいです
(^O^)/
URL | レクイエム 0511 #ofxKis3k
2010/04/28 00:39 * 編集 *
go page top

コメントの投稿

Secret

go page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://yamamotohijikata.blog48.fc2.com/tb.php/159-8f4e6f1f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
go page top