FC2ブログ
06«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»08

Calender

New Entries

レクブログ法度

誠に生きる 第一章

誠に生きる 第二章

2011箱館の旅 (途中)

妄想ドリームチーム

Links

Category

All Entries

SOZAI

QR code

誠に生きる〈第三章〉  

副長を崇拝しHEDWIGを愛し山本耕史さんを応援する日記

頼長語り~最終章「ただただ泣くばかり」

オープニングで
藤原頼長 
   山本耕史

ってのを見ただけで、すでに涙目…

観ては泣き
思い出しては泣き
また観ては泣き
思い出しては泣き

あまりに胸が張り裂けるので、もう観なければいいものを

でも

ボロ泣きしながらも、また観たくなる…

そして

また胸が張り裂けて泣く…


ただただその繰り返しのみ


あの顔、あの目、あの口元、あの声にならない声

演技であそこまでできるもんなのか
あれは本当に演技なのか
ほんとに傷を負ってるんじゃないのか~
・・・とマジで思えるくらいのリアリティがあった!

本当に矢をうけて重篤になっているとしか思えない、あの頼長は!


今までいろんな涙を見てきたが
あんなに哀しい涙を今まで見たことがない(ToT)
あの涙は哀しい…
ただひたすらに哀しい…


息絶えた鸚鵡と父上の号泣にさらにさらに泣いて


そして最後に映った頼長さまのまぶしいばかりの美しさが、また泣ける


もう泣き暮らすしかない!!!!!

鏡を見ると、泣き過ぎて瞼の腫上がった顔がある
そんな週の始まりの朝。
スポンサーサイト



カテゴリ: ・藤原頼長

tb: 0 |  cm: 4
go page top

この記事に対するコメント

覚悟はしていたのに・・・

おはようございます

レクさま、つらいお気持ちお察しします。

おとといの大河から二日目ですが喪失感があまりにひどくて何と言っていいかわかりません(T_T)

思えば、第8回の初登場の時から、いや頼長役を山本さんが演じると知って以来覚悟はしていたんですよ
この人は最期は悲惨な死に方をするんだって

特にここ2~3回は気を引き締めて見てきたつもりでした
なのに、その覚悟は全然役にたちませんでした

首に矢が突き刺さった時まではいつ来てもいいようにかなり気を張っていたので何とかやり過ごしましたが
父上に面会を拒絶されはらはらと涙をこぼす哀しい頼長様を見てすべてが崩壊しました

あれだけでも哀しくて仕方ないのに、その後の鸚鵡ちゃんとか父上の号泣とか、たたみかけられて為す術がありませんでした

最後が在りし日の元気で美しい頼長様なのはうれしかったけど、まっすぐで純粋すぎてまた涙腺崩壊でした
特に最期の「見守っておるゆえな」が息子達への愛情と優しさに満ちていて・・・
そばには鸚鵡ちゃんもちゃんといるし(T_T)
すべてが予想をはるかに超えてすばらしすぎました

もう涙と鼻水が止まりません
夜も眠れなくてつらいです
URL | tae #-
2012/06/05 08:51 * 編集 *

んーだ。

オウムには、泣かされたモン。
かわいそすぎる~。
あそこは号泣するモン~。

歴史ヒストリアもみたモン。
頼長は当時のダラダラ貴族には、熱血漢政治をして、
都合の悪い大臣だったのね。悪サフって、なんだか
正しいことをして、風当りがきつくなって、
青島みたい。

大臣みたいなこと、してねぇだろうなぁ~。
踊る平安京。

久々にお邪魔したモン~。
URL | モンモンモン~。 #-
2012/06/05 10:29 * 編集 *

ううう(泣)

tae殿

おお・・・
やはりtae殿もかなりキテおられますなぁ…

あんな場面があり、そんな風になるのだろう~って、
いろんな予備知識もあってネタばれも見たり聞いたりしていたので、ある程度のクッションになるはずだったのですがv-356
予想をはるかにこえたものを見せられたんで、心の置き所がないほどにやられましたよねv-406

頼長さまだけでなく、父上の素晴らしさ、鸚鵡の演出、音楽の素晴らしさ・・・
すべてが本当に素晴らしかったですね~
何年も語り継がれる名場面だと思います。

なかなか上手く感想が書けないのですが、思い出したようにあだこだと書き散らしていくので、また読んでくださいませ
(^O^)/

お互いに元気出しましょう~~~~(カラ元気)
URL | レクイエム 0511 #7iQfpXP.
2012/06/07 18:50 * 編集 *

おお!

モンモンモン~って誰やねん(あはは)

コメントおおきに(^O^)/
まさかコメント入れてくれるとは思わなかったよ~

ワタシのいちばんの号泣ポイントは
父上が死んじゃった鸚鵡ちゃんを手ですくいあげて
「おお~」
って声にならない声をあげるところなのじゃ
会えなかったわが子に会えた瞬間のような気がしてv-406
その時、瀕死の頼長さまの顔が浮かぶのじゃよ~

理想が藤原摂関家中心の政だったのが、時代の波にはもはや合わなかったんだろうなぁ
時代が駆け足で過ぎて行く時には、必ず敗者がいるのだ。
みんな国を思って命がけだったのは一緒だろうけど、敗者はなかなか評価されないもんだよね~

しみじみ・・・
URL | レクイエム 0511 #7iQfpXP.
2012/06/07 18:59 * 編集 *
go page top

コメントの投稿

Secret

go page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://yamamotohijikata.blog48.fc2.com/tb.php/1486-2af16c38
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
go page top