FC2ブログ
06«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»08

誠に生きる〈第三章〉  

副長を崇拝しHEDWIGを愛し山本耕史さんを応援する日記

何人いるんだ~

修一郎はんかぁ…

キャストを眺めていると、ほんまにすごい顔ぶれどすなぁ…
そんな中での、唯一の若手俳優
うおおおおお~\(^o^)/

いったいどんな風に演じているんだろうか…


しつこいようですが(^_^;)

ジェイミー
太刀川さん
藤吉さん
阿野さん

そして
6月には雅さま
12月はイエスキリスト(たぶん!?)
ここに修一郎はんもいて
たぶん2月の舞台のプロモも年内には始まるのでは!?
12月は薩摩藩士の姿も見られるかもしれない

現代(アメリカ):作家
近未来(日本):新聞記者
現代(日本):雑誌記者
昭和(日本):作家
現代(日本):吸血鬼
70年代(アメリカ):蘇ったキリスト(たぶん)
江戸時代(日本):商人
幕末(日本):サムライ

そして、さらに
今はまだ未発表でも、きっとまだまだいろんな役があるだろう


特に12月は、すごいことになりそうだ


いやはや、このキャラの振り幅の凄さよ

やはり“山本耕史”は複数いるに違いない






スポンサーサイト

カテゴリ: ・修一郎はん

tb: 0 |  cm: 2
go page top

この記事に対するコメント

楽しい複数説

何人ものヤマモト氏は、
繕うことなく役の人の本質を見せてくれる
・・・・のに、 動きや表情がきれい! 
なので
美しく透明感のある色、無駄のないラインで描かれた
・・・・でも、人の心の内面をズバリと表出してみせる シャガールの絵を連想することがあります。

同じ記者でも、1人はお誂えのスーツ。そしてもう1人は袖丈が足りないジャケット。・・・って、これは見たままでした。(蛇足)
URL | タイム #-
2010/04/22 21:38 * 編集 *

シャガール!

タイム殿
うおお!
シャガール!
偶然にも、タイム殿からコメントをいただいた日に、
シャガール展のポスターを新宿で見かけて、
ぜひ行こうと思っていたところでした!

今年の7月から芸大の美術館で開催されますな
http://marc-chagall.jp/
私もシャガール好きです
といっても、絵に関しては全然わからないんですが、
なんとなく好きな画家のひとりです、シャガールは。

コウジ複数説は根強いですな(笑)
振り幅が広すぎて、ついて行くのがやっと…
この方のファンでよかった!!
楽しいです、ホントに

URL | レクイエム 0511 #ofxKis3k
2010/04/24 00:03 * 編集 *
go page top

コメントの投稿

Secret

go page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://yamamotohijikata.blog48.fc2.com/tb.php/147-7db98779
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
go page top