FC2ブログ
06«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»08

Calender

New Entries

レクブログ法度

誠に生きる 第一章

誠に生きる 第二章

2011箱館の旅 (途中)

妄想ドリームチーム

Links

Category

All Entries

SOZAI

QR code

誠に生きる〈第三章〉  

副長を崇拝しHEDWIGを愛し山本耕史さんを応援する日記

頼長語り~第20話(1)

なんか本編よりもプレマばっかしリピし過ぎて…
すでに保元の乱が終わったような心境になってしまった(え)

哀しいなぁ…

まだロスしてないのに、すでにサフロス重症


そんなワタシに唯一パワーを与えてくれるのが
雨に濡れたほつれ毛の麿であった~

もう、反則だろっ

そのものでもエロくて美しくて麗しくて狂おしいのに

さらに

雨に濡れる麿

滴り落ちる水滴、そのエロさ美しさ~
趣味過ぎる~~~

ここでもうすでに狂おしさ全開なのに

この上、

さらに

さらに

ほつれ毛~~~~~

エロ過ぎて死にそうじゃああ~
いいのかこんなにエロ美しいものをお茶の間に流して~

美しいってだけじゃなくて
エロ美しいのじゃぁぁ~

こんなにエロ美しいものが世の中に存在するとは…


頼長さまほつれ毛

これって至上最高のエロ美しさじゃないかぁぁぁ~

そんなエロ美しい麿が震える声で話すから
ますます悶えるうううう

「私ほど国のことを考え、働いてきた者はおらぬというに」

ほつれ毛がエロ過ぎる!!

「政の場から追い出されてしまいました」

こう言い切ったあとに見せる悔しさと悲しさと怒りの混じった表情が、切なく哀しい・・・
切なく哀しいんだけどエロいぃぃぃ~~~(またこれ)


で、御簾越しのブラック悪左府

上皇様に向かって話しかける時の、
この狂ったような目!!
獲物を狙う鋭い目!!

御簾越しの、ややぼやけた映像の中で、目だけがギラギラと光っている
憎しみと負のオーラでメラメラと燃え滾っているような目

それを聞く上皇さまもまた、はかなげで絶望を抱えた負のオーラを放っている!
上皇さまの背中が哀しい

負のオーラの二乗
単体よりも数十倍の強さで放たれる…


ああ、この時の御簾をこわしてぇ~
ブラックサフ様の顔をはっきり見たいよおお~

もちろん、絶対に御簾越しというのが左府さまクオリティなのはわかるが…(^_^;)

でもはっきり見たかった、この時の左府さまアップを!!



ってか、もっと2人の場面を見せろ~~~
短か過ぎんだろっ
天皇方がメインなのはわかるが、上皇サイドもも少し出せよおおお~
この2人をもっと出せよ~~~~
コノヤロ~~~

って、スンマセン
ガラが悪くて(^_^;)
サフロスを患っているんで、自暴自棄になってて、こんなんですねん(^_^;)
スポンサーサイト



カテゴリ: ・藤原頼長

tb: 0 |  cm: 0
go page top

この記事に対するコメント

go page top

コメントの投稿

Secret

go page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://yamamotohijikata.blog48.fc2.com/tb.php/1462-85fb878c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
go page top