FC2ブログ
06«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»08

Calender

New Entries

レクブログ法度

誠に生きる 第一章

誠に生きる 第二章

2011箱館の旅 (途中)

妄想ドリームチーム

Links

Category

All Entries

SOZAI

QR code

誠に生きる〈第三章〉  

副長を崇拝しHEDWIGを愛し山本耕史さんを応援する日記

頼長さまの頼長語り in 神戸(1)

今回のトークショーは本当にヨカッタ!!!!

どれくらいヨカッタかといえば
日野トーク・福島トークに次ぐくらいヨカッタ…

何がどうヨカッタのか、それは

まずは、司会のアナウンサーさんがヨカッタ

神戸支局の内藤雄介アナウンサー

この方は本当に大河『平清盛』を楽しみに観ている方だということ。
話の節々から、作品に対する愛情が感じられたもんなぁ(*^_^*)
こちらと同じ目線で同じ気持ちで、頼長のことを聞いてくださっているのが伝わってきた。

最初に頼長セレクション映像が流れたのだが
「まるで大河ドラマ藤原頼長みたいですね~」
とおっさっていた(笑)

考えることがワタシと一緒じゃないか~\(^o^)/

耕史くんが頼長になりきって
家盛よ
と言った瞬間に
「ああああ~頼長がいるう~」
とマジ萌えてしいた(笑)
客席のワタシとおんなじくらい喜んでいて、反応具合いがまったく同じだった(笑)

「あなたは私です」(by ふでさん)

単なる仕事で司会をしているんではなく、大河ファン、頼長ファンという気持ちが伝わってきた。


3人体制
トークがアナウンサーと耕史くんの2人体制より、プロデューサーさんも含めて3人ってのがヨカッタ

3人体制で、ようしゃべりましたなぁ~、耕ちゃん
トークの3分の2以上は耕ちゃんが占めていた!!

ゲストが自分ひとりじゃなくてもうひとりいたことで、聞く側にまわる時間もあったから、かえって気持ちに余裕ができて中身の濃いトークになったと思うのだ。
役者と制作側という違う立場の2人だからこそ聞けた話も多かったし、
何より、頼長になぜ山本耕史をキャスティングしたか、スッタフ側からどう評価されているか、
など、制作サイドの話が聞けたのもヨカッタ!

しかも、自分がトークしているときには見せないような、
ちょっと節目がちな顔とか、
うなずく顔とか、
真剣な顔とか
照れたような顔とか、
聞き側に回ったときの顔が、めっちゃ萌え顔ばかりだったのだ


ビジュアルがヨカッタ

なんですろ、あの綺麗さは~
あまりにも美人度が上がっていて、ドギマギしたああ

登場したときの立ち姿が
八頭身の脚長色白小顔すべ肌キラリンで、
なんつうか…
いわば、アニメとか漫画でしか描かれないはずの理想のビジュアルが、生身の人間で再現されてる感じつうか…

茶色のジャケットに黒っぽいボトムっていうシンプルな服装がいっそうスタイルのよさを際立たせていた!!

いっときおじさん度が上がった時期もあったが(あはは)
今またぐぐっと若返ってきたよなぁ~
単に美しいっていうより、若返ってきているといった方がふさわしい~
特に、顔の美人度がぐおっとアップしているのだ!!
この美貌、この若さ、このすべ肌なら、宇治のあやわか時代の頼長もやれるぞ~(あはは)
ってくらいの若返りっぷりだったのだ~~~

「見目も申し分ないしのう」by頼たま



そして、もっともヨカッタのは

頼長一点集中トークだったこと。

トークの内容は99パーセント以上が頼長と『平清盛』についてだった。

(普通のばくぜんとした感じのトークも面白いと思うが)、
ひとつの役についてのみ延々と語ることによって、
山本耕史という役者がどういう風に役へアプローチしていくのか
どんな風に演技プランを立てているのか
周りの役者さんたちをどう見ているのか
現場でどんな風に役を作っていくのか
・・・などなど
プロの役者として聞いてみたいと思っていたことをたくさん語ってくれた気がする。
ひとつの役を語り続けることで、役者としての全体像がみえてくるような…

あらためて、プロ意識の高い素晴らしい役者さんなんだと実感した次第でおじゃるよ



・・・なんてな

あはは
柄にもなくまじめなことを書いてますが^_^;

実際客席のワタシはというと
最初にステージ上の大スクリーンで流れた頼長様セレクション映像を観て、
「あの映像、欲しいぃぃぃぃぃ~」
とすでに激悶えしてて、
さらにご本人登場であまりのかっこよさに悶え過ぎて、ただただ頭が沸騰していただけだった(あはは)

きっと、あまりに美しい生コウジを前に、口をあけて見ていたんじゃないかと…

そして、トークの合間合間に流れる頼長映像を観て悶え
“今ワタシは、頼長さま映像を頼長さまと一緒に観ているんだわん
という喜びに悶え
プロデューサーの話にうなずく伏目がちな美しいお顔に悶え
最後に立ち上がった時の、その全身の姿の度肝を抜くカッコよさに悶え

最初から最後まで悶えに悶えて終わったトークだった
(結局悶えただけかよ^_^;)


帰りの新幹線の中でちょっと印象に残った言葉を思い出しながらメモしてみたり…
新幹線車中で書いたメモには
「スーパーエリート」「麿完成形」「気品」「芝居のチラシ」「チキン」「顔ツルン」
などなど(笑)
自分の中で印象に残ったフレーズをいっぱい書きなぐっておいた。
これを元に、参加した頼友に確認しつつ…

そんなこんなで、ちまちま思い出したりしたことをちょっと書いていきまする

※言葉や順序は正確じゃないし抜けているところも多いと思いますが、印象に残ったことだけ書いています。
順序どおりではなく、あちこちに話題が散らばったトークをテーマ別にまとめています。
そこんとこヨロシクです(^o^)/


スポンサーサイト



カテゴリ: ・藤原頼長

tb: 0 |  cm: 0
go page top

この記事に対するコメント

go page top

コメントの投稿

Secret

go page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://yamamotohijikata.blog48.fc2.com/tb.php/1421-201c1b67
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
go page top