FC2ブログ
06«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»08

Calender

New Entries

レクブログ法度

誠に生きる 第一章

誠に生きる 第二章

2011箱館の旅 (途中)

妄想ドリームチーム

Links

Category

All Entries

SOZAI

QR code

誠に生きる〈第三章〉  

副長を崇拝しHEDWIGを愛し山本耕史さんを応援する日記

頼長語り~第13話(2)

雨の廊下の二人

ココがもう最高だった\(^o^)/

この場面の頼長さまの美しさが現在のベスト
ナンバーワンじゃぁ~

この場面のことはすでにココで書いているから、今さら書くこともないが…

彩度・明度が抑えてあるから、青みがかった白さが美しい

美しいからこそ、悲しい、
美しいからこそ、傲慢
美しいからこそ、孤独

これほどの美しさを感じるのは単に顔が美しいからではない
目の動き
体の動きや角度、仕草
そして、声
ふつふつと湧く怒りとか野望とか失望とか

すべてのものが「美しさ」へと導いているのだ。

ああ、もう好きすぎてつらい(こればっか)



証人喚問シーンでは、信西と頼長の対決がツボじゃなぁ~

「それはどうであろう」

と振り返る見返り美人な頼たまに萌えるううう

しかし、いくら証明してみせても
証人を揃えても、証拠を集めても
全然勝てないのはなぜじゃああ~~~

粛正がちゃんとなされている時もあるんだろうけど、
出てくるのは内府さま側敗訴シーンばっかしだもんね

ここから一気にブラック化ってことなのか~



鬼若カワエエなぁ






そして、

裁断の報告を聞く場面

無言で去る信西
無言でひとり残る頼長

いつも頼たまのブラックなシーンでは同じ鳥の鳴き声がするなぁ
カラスでもなさそうだけど、なんか不吉な感じの鳥の声・・・

この時の目のアップがすごい!!
ここまですごい目だけのアップって、見たことねぇ

屈辱…
怒り!!

涙さえも沸騰していそうなほどの強い怒り


でも、なんかすごく哀しい…

この頼長さまはすごく哀しい…


ううう・・・・・



で、あの恕等の予告へといくわけだ。

ああ、もう胸が苦しい
とにかく頼長さまが好き過ぎる(結局これになる)


スポンサーサイト



カテゴリ: ・藤原頼長

tb: 0 |  cm: 2
go page top

この記事に対するコメント

さすがです

いつも楽しく読ませていただいています

待ってました!
13回の記事はまだかまだかと毎日思っていました。
さすがです。
「熟麿キング」「信西コノヤロー」など数々のレクさんワードで笑わせていただき、
「美しいからこそ、悲しい、
美しいからこそ、傲慢
美しいからこそ、孤独」で納得し
「でも、なんかすごく哀しい…
この頼長さまはすごく哀しい…」
では不覚にも涙が出ました。
笑えて頷いて泣ける、そんなレクさんワールドを楽しんでいます。
URL | いつもファン #-
2012/04/06 17:41 * 編集 *

ありがとうございました!

いつもファン 殿

コメントありがとうございました(^O^)/
いつも読んでくださり、さらにお言葉嬉しいですi-237

あまりに好きだと、なかなか感想ってかけないもんなんですよね
(^_^;)
思いが先にたってしまい、さらに友達としゃべりたおしたりメールでさんざん言いまくるので、なおさら書けない…
さて14話はどうしよう(^_^;)
すべてが神映像過ぎて、どうしたらいいか~
落ち着くまで時間がかかるかもしれませぬ…
URL | レクイエム0511 #eSJJq506
2012/04/09 08:47 * 編集 *
go page top

コメントの投稿

Secret

go page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://yamamotohijikata.blog48.fc2.com/tb.php/1351-eda7f01b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
go page top