FC2ブログ
06«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»08

Calender

New Entries

レクブログ法度

誠に生きる 第一章

誠に生きる 第二章

2011箱館の旅 (途中)

妄想ドリームチーム

Links

Category

All Entries

SOZAI

QR code

誠に生きる〈第三章〉  

副長を崇拝しHEDWIGを愛し山本耕史さんを応援する日記

負けた…

今日発売のテレビ誌をコンビニでチェックしていて、頼長がとりあげられている記事があった!
そして、頼長役についてのコウジコメントにあまりに感銘してつい2冊とも買ってしまった…
普段はめったに買わないのに~


写真がいいわけでも、記事が大きいわけでもないが、耕史くんが頼長について語るのは貴重だし、頼長役についての耕史くんの言葉はいちいちすばらしく、これまで聞いていた以上のものがあったのだ。

いつも山本耕史という役者については、その役の捉え方の素晴らしさに舌を巻いてきた。

こっちが考えているさらにさらに上をいくというか、
「そうかそうかそうなのか」
と唸ってしまうのだ、いつも。

こちらのずっと先をいく


そして、今回も、


・・・


・・・・・


・・・

負けた・・・
拙者の負けじゃ~\(^o^)/

勝ち負けじゃねえんだ(あはは)

※ここから先は記事の内容を具体的に書いているので、ご自分の目でこれからこの記事を読もうとしている方はネタばれになります。
ご注意を!!





まずはテレビライフの74ページ

4月8日オンエアの番組の中で「イチオシ」として頼長さまが取り上げられている!
(写真はいつものスチール写真正面顔)

頼長役をどう捉えてどう演じるかについて語っている。

「頼長は人間らしさを見せないほうが面白い」

「心情はいっさい表現せずに、粛正にこだわって一辺倒に演じた方が頼長のキャラクターがきわだつ」

「疎まれる自覚があって行動している」


などなど、ほほ~そうきたか

「心情をいっさい表現せずに演じる」ってかなり難しいと思うのだ。
やりすぎると、にせものっぽくなるだろうし、

「心情を表現しない」
というのは
「心情が無い人として演じる」
というのではない。
また
「心情を隠して演じる」
というのでもない。

単に冷酷なキャラというものでもないし、非情でもない。

あくまでも心情を表現しないだけなのだ。

だから、彼はこうも言っているのだ。

頼長には「強い覚悟」があり「ある種の信念」があり
「愛国心から成る正義感が強い人」だと。

心情を表現しないということと、信念覚悟を持っているということ
その辺兼ね合い、微妙な演じ方…

持っていてもあえて表現はしない!

頼長の醸し出す空気感や完璧な立ち居振る舞い、声のトーンや間、

うう~ん、さすがだ
唸らせてくれるなぁ・・・

そしてインタビューの最後は男色にも触れて、
「14話では家盛にすごいことをしてるんでお楽しみに(笑)」
と!!

すごいことしてるんですね~\(^o^)/
すごい楽しみにしてまする~(おほほほほ~)



もう1冊は週刊テレビガイドの93ページ

大河ドラマ平清盛のページなんだが、今週のキーパーソンとして頼長さまが取り上げられていて、第13話の頼長のある台詞がピックされている!
(写真はいつものスチール写真斜め顔)

かなり激しい台詞ですのう!!

頼長役についてのコウジコメントも濃い内容で載っていて
テレビライフと同様に
「バックグラウンドや人間らしさといったものを考えず、
人としての振り幅見せずに演じたほうが面白くなる」

と。
「その振る舞いから悪人として認識されたい」
とも言っている。

そして、インタビューの最後の彼の言葉に唸った、ホント唸りました~
そうかそうかそうなのか、そう捉えてそうなのか…

「彼の真意がわかるのはこの世を去った後でいい。
 その方が物悲しさも増す気がしているんです」


なんだかこの言葉だけで泣けてきてしまったじゃないか~

演じずに演じる…ということか。

ううううう~む

もう素晴らしいなぁ\(^o^)/
負けた負けた
今回も気持ちよく負けましたぜ、山本耕史という役者に



そろそろ12話の感想を書こうっと(遅
スポンサーサイト



カテゴリ: ・藤原頼長

tb: 0 |  cm: 2
go page top

この記事に対するコメント

余談

すみません、本当に余談なのですが、「ステラ」で大河ドラマ関連で長年記事を連載されている童門冬二氏も山本頼長耕史に触れていました。『頼長の本質をよく理解して好演しています』と。(頼長の?)ファンなので嬉しいそうです。読んでる方も嬉しかったです。
レクエムさんが言われるように山本耕史さんの役の本質の掴み方って凄いですね。見ている側の思惑や浅慮な思い込みなんか吹っ飛んでしまいます。そんな役者に今回は制作側が追いついていない、或いは掴めていないようで・・・以下自制(苦笑)失礼しましたvv
URL | かつみ #tHX44QXM
2012/03/28 20:12 * 編集 *

おお!

かつみ殿

そうなんですか~
童門せんせいにもお褒めいただいていたとは!!
頼長の評価が高くて嬉しいですね\(^o^)/

ホントホント
このお方の役のアプローチにはいつも負けますなぁ
こっちが考えている以上のものをいつも見せてくれますから。

頼長さまだけでなく、みなさんキャスティングは素晴らしいんで、その素晴らしさをもっともっと生かして欲しいですよね。
がんばれ、チーム清盛!!v-217
URL | レクイエム 0511 #eSJJq506
2012/03/30 18:51 * 編集 *
go page top

コメントの投稿

Secret

go page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://yamamotohijikata.blog48.fc2.com/tb.php/1328-8424d711
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
go page top