FC2ブログ
06«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»08

Calender

New Entries

レクブログ法度

誠に生きる 第一章

誠に生きる 第二章

2011箱館の旅 (途中)

妄想ドリームチーム

Links

Category

All Entries

SOZAI

QR code

誠に生きる〈第三章〉  

副長を崇拝しHEDWIGを愛し山本耕史さんを応援する日記

このタイミングで世田谷パブリック!

今日は久しぶりに舞台観劇で三茶へ行ってきた!

世田谷パブリックシアターで上演中の『サド侯爵夫人』

濃密でたたみかけるような台詞劇

『サド侯爵夫人』は1990年に観たので、実に22年ぶりになのだ!

1990年は、演出がフランス人のデビッドルヴォーさんで、
サド公爵夫人ルネを麻実れいさん
その母モントルイユ夫人を南美江さん
そして背徳の貴族サン・フォン伯爵夫人に坂東玉三郎さん
という配役だった。


今回は麻実さんがサン・フォン伯爵夫人で、
モントルイユ夫人を白石加代子さんが演じ、
演出は野村萬斎さん。
このお二人の共演と楽しみで、そして演出がどうなるかがすごく楽しみだったので、チケットを買っておいたのだ!

いやぁ~
舞台というのは同じ作品でも演出が変わるとこんなにも違うのか~
と実感!
デヴィッド演出では、退廃的な空気と狂気が印象的だったが
今回は、あえて和風テイスト、衣装も白石さんは着物をあしらったようなドレス
芝居も日本の人情劇テイストを加味したものだった。

とにかく麻実さんの貴族オーラと気品に酔い
白石さんの芝居巧者ぶりに酔った!

麻実れいさまの乗馬ドレス姿、黒ブーツのかっこよさよ
ひざから下がまっすぐで果てしなく長い!
これで足を組まれたんで、もう、もう・・・
そして去り際のキスと後姿に萌えましたぁぁぁ
この方の出す貴族オーラは日本一や~~~

とメロメロになりながらも(えへうふふふ)、
世田谷パブリックシアターにある朗読劇のチラシをゲット

昨日発表になったコウジ出演の宮沢賢治朗読劇の会場が世田谷パブリック
で、昨日の今日で偶然チケットを取っていた舞台が世田谷パブリック

このタイミングのよさに我ながらおろろいた~


コメント欄でもさえ殿が教えてくださってますが
(さえ殿、ありがとうございます)
朗読劇のスケジュールの詳細がサイトでも出ましたな!!

耕史くんは木村佳乃さんと共演!
おお~まりこ~~~~~
「ドラゴンの龍にぶっといです」
龍太とまりこ再び~~~~



世田谷パブリックシアターにはこの朗読劇のフライヤーがあり
サイトと同じように詳細が載っていた!!

表紙はこう
パンフ


見開きには公演の詳細とスケジュール
パンフ2


裏表紙には賢治の姿と出演者の名前がずらり
パンフ3
スポンサーサイト



カテゴリ: ・その他のコウジ

tb: 0 |  cm: 2
go page top

この記事に対するコメント

サド侯爵夫人

レクさんもご覧になったんですね。嬉しいなあ。
私も6日にプレビュー公演を観たんですよ~
麻実れいさんのルネ、玉三郎さんのサン・フォン夫人の
1990年公演も観ております。
サン・フォン夫人良い役ですよねぇ。
今回の麻実さんもゴージャスで魅惑的で堪能しましたよ。

残念ながら6日にはまだ朗読公演ちらしはありませんでしたが、
耕史くんご出演の5月28日、楽しみですね!

URL | ふみ #-
2012/03/15 00:24 * 編集 *

おお!

ふみ殿

ふみ殿もルヴォー版もご覧になっているんですか~
うれしいぃぃぃx~
あの空間はよかったですよね~
あの時、実は
「麻実さんでサンフォン夫人も見てみたい」
と思っていたので、20年越しでその夢が叶いました!
白石さんと麻実さんはメアリースチュアートで初演、再演、再々演と共演しているので、息もピッタリでした!
URL | レクイエム 0511 #eSJJq506
2012/03/16 10:20 * 編集 *
go page top

コメントの投稿

Secret

go page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://yamamotohijikata.blog48.fc2.com/tb.php/1306-6a18d8b8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
go page top