FC2ブログ
06«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»08

Calender

New Entries

レクブログ法度

誠に生きる 第一章

誠に生きる 第二章

2011箱館の旅 (途中)

妄想ドリームチーム

Links

Category

All Entries

SOZAI

QR code

誠に生きる〈第三章〉  

副長を崇拝しHEDWIGを愛し山本耕史さんを応援する日記

円通寺【3】

彰義隊の墓の隣には死節之墓があった。

死節1


彰義隊の埋葬に尽力をした三河屋幸三郎さんが向島の別宅に密かに建て、鳥羽伏見からの戊辰戦争の旧幕軍戦死者の名前を彫って供養していたという。
新政府の許しを得て、円通寺に移築されたそうだ。

死節之墓」という文字を見ると、なんとも痛ましく切なく、そして潔い。
この名前にはどんな意味がこめられているんだろうか…

死節2



お寺の方のお話によると、去年の震災で、石の囲いの何本かが壊れたそうで、修復してあった。
死節柵

それで、まだ修復が完全ではないので、安全を考えて中には入れないように鎖がかけてあったので、残念ながら、墓石の側にはいけなかった。
間近にこの目で見ることはできなかったが、カメラの望遠を最大にして、局長や副長の名前を確認できた!!

墓石の向かって左側には古屋作左衛門さんや春日左衛門さんの名前があった!!
2人ともチーム箱館のメンバー
古屋作左衛門さんは衝鋒隊を率いて各地を転戦してきた方で、5月12日の新政府軍との戦いの中で重傷を負い、最後は五稜郭で明治2年5月14日に亡くなられている。(高松凌雲の兄でもある)
春日左衛門さんは彰義隊の組頭だった方で、箱館政府では歩兵頭に任命されている。
田村銀之助の養父となっていた。
明治2年5月11日の総攻撃で重傷を負って翌日にモルヒネを飲んで自害。

古屋・春日


墓石の裏側には「宮古」「箱館」の文字があり、副長のお名前が!!!!
副長2

土方歳三
甲賀源吾
中島三郎助
伊庭八郎

と、チーム箱館の名前が並ぶ!!
副長

蘇る箱館のあの思い…

なんだか胸がつまってしまった

そしてさらに墓石の左側には局長のなまえが~~~
局長

感激だった・・・
切なかったけど、悲しいんだけど、なんだか嬉しくなった。

副長と同じ墓石に局長もちゃんと彫ってあるのだ!!

そこに総司や源さんの名前がなくても
新選組の隊士たちの名前がなくても
局長の名前があると、その後ろにはみんながいるような気がするのだ~
一生懸命幕府のために戦った新選組のみんなが、局長の名前と共に彫られているような気がするのだ~

局長!!!!(涙)

泣けたなぁ…




局長の名前と同じ側面には
会津藩士諏訪常吉さんの名前もあった!
この方の存在があったからこそ、箱館政府と新政府軍との和平交渉が始まったんだもんなぁ…
今、箱館レポで弁天台場のことを書いて和平へのプロセスに思いを馳せているのだが、そこで諏訪さんの名前を何度も書いているのだ。

諏訪





エリア内には、彰義隊の埋葬に尽力し、この死節之墓を立ててくださった三河屋幸三郎さんの碑もあった。
三幸と呼ばれた「侠骨の義商人」。全て自腹で、旧幕軍の供養をに力を尽くし続けた方だ。

dscn0766_20120111093114.jpg



スポンサーサイト



カテゴリ: ・新選組

tb: 0 |  cm: 2
go page top

この記事に対するコメント

あっ!

歳さんの名前の近くに伊庭っちが。

心形刀流伊庭道場の美剣士 伊庭八郎さんの物語
「幕末遊撃隊」(池波正太郎/集英社文庫)

ついこのあいだ 読んだところでした。
URL | タイム #EKsGaSlY
2012/01/12 13:57 * 編集 *

おお!

e-350タイム殿

イバハチ殿の本を読まれましたかe-284
池波さんの書かれた『近藤勇白書』がけっこう好きなので、
『幕末遊撃隊』も読んでみたいと前から思っていました。
死節之墓については、まだまだこれから調べていきたいです。

…の前に、まずは弁天台場の記事を早くアップしたいですうう!
頭の中の下書きはあるんですが、なかなか時間がとれなくて、書けていない~
URL | レクイエム0511 #7iQfpXP.
2012/01/13 09:40 * 編集 *
go page top

コメントの投稿

Secret

go page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://yamamotohijikata.blog48.fc2.com/tb.php/1210-408dc67e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
go page top