FC2ブログ
06«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»08

Calender

New Entries

レクブログ法度

誠に生きる 第一章

誠に生きる 第二章

2011箱館の旅 (途中)

妄想ドリームチーム

Links

Category

All Entries

SOZAI

QR code

誠に生きる〈第三章〉  

副長を崇拝しHEDWIGを愛し山本耕史さんを応援する日記

円通寺【2】

戦死墓(彰義隊の墓)

当時、放置されたままになっていた彰義隊士たちの遺体を斬首覚悟で円通寺の住職仏麿和尚と御用商人の三河屋幸三郎が供養し続け、その後新政府からの許可を得て上野山で荼毘に附し、ここに埋葬したそうだ。
ここに眠る彰義隊士の数は266…

彰義隊

碧血碑もそうだが、当時は命がけで無残に放置された旧幕軍戦士たちを供養した方々が、各地にいたのだなぁ…
忠義に死んでいった戦士たちには、敵も味方もないじゃないか…
成仏させてあげてくれ~



彰義隊の副長格で実質には彰義隊隊長である天野八郎さんの碑とお墓

この碑の題字は榎本総裁が書いた。
天野

天野 (2)

彰義隊士の土肥庄次郎さんの碑
(維新後は吉原の幇間・松廼家露八として生きたが、仲間と共に眠りたいという遺言でここに)
心ない輩に倒されて割れてしまったのが本当に腹立たしい!!
この碑の字も榎本総裁が書いたものだ

dscn0775.jpg

彰義隊の方々の碑群
彰義隊の方々

彰義隊の方々の碑はこのほかにいくつもあったが、その多く篆額や碑名は榎本総裁がを書いているそうだ。
もちろん、明治政府で要職についていた方だから、その立場上ということもあっただろう。
でも、題字や碑銘を引き受けたのは、それだけじゃなかったはずだ。
箱館政府の総裁だったことへの責任感や、戦死した多くの仲間たちへの思いがこめられている気がする…

生き残った者たちの思いもまた、深く切ない…


(【3】へ続きます)
スポンサーサイト



カテゴリ: ・新選組

tb: 0 |  cm: 0
go page top

この記事に対するコメント

go page top

コメントの投稿

Secret

go page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://yamamotohijikata.blog48.fc2.com/tb.php/1209-be5ab0e2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
go page top