FC2ブログ
04«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»06

Calender

New Entries

レクブログ法度

誠に生きる 第一章

誠に生きる 第二章

2011箱館の旅 (途中)

妄想ドリームチーム

Links

Category

All Entries

SOZAI

QR code

リンク

誠に生きる〈第三章〉  

副長を崇拝しHEDWIGを愛し山本耕史さんを応援する日記

頼長さまに会えた【4】

※多少のネタばれがあります


本番となり、ひたすら頼長を映しだす頼長カメラのモニター映像を凝視

頼長さまは、上皇の御前だから、基本は伏し目。

さっきまでのカワエエ頼耕ちゃんとは別人の顔になった

顔から全身すべてに神経が行きわたり、
一瞬にして「藤原頼長」になりきっていた


摂関家として高貴な佇まい
大人の貴族としてのプライド

冷めていて何か下々の者は言うまでもなく、新興貴族たちも見下し
なおかつ、この宴じたいにも冷めている、そんな顔

もちろん、感情を露わにしないから、あくまでも祝いの宴という体裁は保っているが…

上皇が自分の前をお通りになった時は軽く頭を下げていた。


その動作もゆったりと優雅

とにかく、冷めた顔。

それが、少しずつ険しい顔になっていくのだ
あくまでも少しずつすこしずつ…
それも、明らかに怒っているというのではなく、表面は祝い事の席というのを保ちつつ

本当に微妙に険しさがアップしていくのだ

じわ~じわ~じわ~っという感じで…

眉間に寄せるシワも、これまでのどのシリアス顔とも違う深さで、
そんなに深く寄せないのだが、怒りの強さがじわじわと伝わってきて、コワかった。

何度も言うが、怒りが、じわりじわりと少しずつ少しずつこみあげてくる感じが、かえって凄味があって恐ろしい…

途中でなにかつぶやいていたが、伏し目がちなのがかえって冷たさを倍増させていた。

こんな風に、ジワジワと怒りや憎しみのようなものがこみあげている頼長、
いつの間にか、最後にはその眼にメラメラと怒りが燃えていた
あまりに「じわじわ」とこみあげていたので、最後に怒りの目を見て驚いた!!
いつこんな怒りの目になっていたんだぁ~と。

それほどまでに、じわじわ感があったのだ。

特に、藤木さんが崇徳帝の歌を詠みあげている時、少しずつその表情を変えていく様子が素晴らしかった~

ジワジワと来る怖さ…

あくまで表面は上皇の御前というのを崩していないのだが、目だけが怒りに燃えていたのだ。

ああ、おそろしや~~~
こういう怒りの方が、底なし沼のような深淵の暗闇があって怖い


ホントに見応えがありました


レポ記事2~4でここまで書いたのが全部同じシーンなんで、これだけ撮ってもオンエアで使うのはほんの一部なんだよなぁ・・・

もしテレビに役者カメラボタンがあって選べるようになっていたら、頼長カメラを選んで、このジワジワとこみあげる怒りの顔をじっと見ていたいよ~


で、本番が終わると途端に藤原頼長から頼耕ちゃんに戻るから、またカワエエ姫みたいな顔になっていた

で、プク姫になっていた(笑)

マジ可愛い~~~

この落差がホントに凄いのだった!!


この後も収録が続いていたから見学者のみなさんたちはまだまだ残っていたみたいだが、拙者は体調のことを考えてここでまでで切り上げてスタパを後にした。

また来年になったら、来てみたいなぁ…
いつもこんなにラッキーじゃないだろうから、頼たまに会えるのはいつになるかわからないが…


でも、思いがけずこんなに頼長様をガッツリ見ることが出来て、ホントに感動しました~

まさか、こんな頼たまを拝見できるとは…

神様、ありがとう\(^o^)/
これでなんとか年が越せそうじゃぁ~~~

aya2.gif


たった1回のスタパ見学で、ここまでウザく長く書いちまって、ホントにもう(笑)
ここまで読んでくださった方々、ホントに感謝します!
スポンサーサイト



カテゴリ: ・藤原頼長

tb: 0 |  cm: 4
go page top

この記事に対するコメント

有り難うございます[i:63899]

レクイエムさまのラッキーな遭遇は、私にとってもラッキーです。レクイエムさまの視線で見た頼長のなんと魅惑的であることか!これが主役だったら、舞台だったら、余すことなく見れるのにと、思ってもせんないコトを思ってしまいます(苦笑)
とはいえ、ますます楽しみになった頼長サマです。後の楽しみはどんな声音なのか?ですが、もしかしたら私的には其れが最大の興味かもしれません。
X'masプレゼントのような素敵な記事を有り難うございました!
URL | かつみ #tHX44QXM
2011/12/25 15:26 * 編集 *

はじめまして
いつも文章の素晴らしさに引き寄せられ、とっても楽しく拝見させて頂いてます
スタパでのレポに厚かましくも、自分も実体験した感覚になり感動でした
(以前に田舎から遠征見学した際は、白幕+モニター清盛の文字のみ見事完敗状態でしたので、余計に場景も浮かんできて…)私も、年越しが出来そうデス☆

これからも、素敵なレポ読まして下さい(>_<)
URL | みっく #-
2011/12/25 15:46 * 編集 *

声!

かつみ殿

ウザいレポを読んでいただき、ありがとうございます!
(^O^)/
少しは雰囲気が伝わりましたか!?
似合うとは思っていましたが、まさかあんなにマロ眉が似合うとは…
美肌に貴族装束が映えて、マジでそのまま平安時代に行っても違和感ないだろ~ってほどでした。

おっしゃる通り、声が楽しみです!
いったいどんなトーンでどんな間合いで話すのか…
低音なのか、それとも高いトーンなのか
初登場シーンを今から考えてワクワクしますね!

また機会があればスタパへ行きたいので、頼たまに遭遇できることがあったらレポしまする~
よろしくお願いします(^O^)/
URL | レクイエム0511 #7iQfpXP.
2011/12/29 09:35 * 編集 *

うわぁお!

みっく殿

初めまして(^O^)/
いつもこんなアホブログを読んでくださって、
本当にありがとうございます。
文章になってないような書き散らかし日記ですが、臨場感はあるかな・・・と(あはは)
いつ行けば誰が出るのか、ホントに行ってみないとまったくわからなので、頼長さまに遭遇できる機会は貴重でした。
ウザく長々と書きましたが、そんな風に喜んでいただけて、すごく嬉しいです。
これからもよろしくお願いします
コメントもお待ちしてます
\(^o^)/
URL | レクイエム0511 #7iQfpXP.
2011/12/29 09:40 * 編集 *
go page top

コメントの投稿

Secret

go page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://yamamotohijikata.blog48.fc2.com/tb.php/1180-a0c53ec2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
go page top