FC2ブログ
06«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»08

Calender

New Entries

レクブログ法度

誠に生きる 第一章

誠に生きる 第二章

2011箱館の旅 (途中)

妄想ドリームチーム

Links

Category

All Entries

SOZAI

QR code

誠に生きる〈第三章〉  

副長を崇拝しHEDWIGを愛し山本耕史さんを応援する日記

頼長さまに会えた【1】

昨日はXmasイブだった…


だが、頼友からのレポを読んでいたら、
どうぢても年内にスタパ見学に行きたい!
そして、運がよければ頼たまに会いたい~
という欲望の渦がどんどん大きくなってしまって

「アタシの頭にはもうそれしかなかった」

体調イマイチで、疲労困憊
風邪もこじらせて寝込む寸前だったのに、
「一緒に行こうよ」
という頼友の誘惑には勝てず、渋谷まで行ってしまったのだ~

ま、拙宅をいつも読んでくださっている方なら
「バイト終わった~」
という記事を読んだ時に
“こいつ、きっと行くだろな、スタパへ”
と思ったでござんしょうねぇ(笑)

「ご想像通りの展開」

あはは(^_^;)


NHKに近づくにほど、なぜかどんどん気分が良くなって頭痛も腰痛もなくなっていった~
あははは~
あんなに薬を飲んでも効かなかったのに…


スタジオパークでの大河収録の見学は組!!以来6年ぶり…
最後に見た撮影では、箱館奉行所のセットが組まれておった(涙)
感慨深いものがあるのう…


大河の収録はその場に行かないと、誰が出てくるか、どんな場面を撮影するかまったくわからんので賭けみたいなもんで…

昨日も
「何日も頼たま撮影が続いたから、今日は出てこないかもね…
リニュしたスタパ見学ってことで、運が良ければ頼たまに会えるって感じで」
と頼友と話しながら行ってみた…


ああ、6年ぶりの大河見学ブース…
ここに来ただけでもう、懐かしいやら何やらで、
胸がいっぱいだったっす

あの当時『組!』や『組!!』では見学窓から収録の様子がダイレクトに見られたんで、(ガラス越しではあるが)生の撮影風景を見ることができたが、今はセット全体が白い幕で覆われていて全く見えず…
でも、設置されている4台のモニター画面で、“撮影の様子、本番映像、収録待ちの様子”などなどがライブ中継されるから、貴重な映像が観られるのだ


本番で撮ってもオンエアでは編集されて流れない映像がたくさんあるし、オフの顔から一瞬にして役に入るその瞬間も含め、ここでしか観られない頼たまに会えるかも…

無欲で無欲でと自分に言い聞かせてはいるが、やっぱ頼長さまが登場してくれるのでは!?という期待も捨てきれず…
邪念は捨てられず…

そんなこんなで大河撮影見学ブースにたどりつく頃には、あんなに苦しかった頭痛も咳もまったくなくなっっていた(まさか)

あはは(^_^;)

気持ちはすでに平安末期へ

「アタシを御所へ連れてって~」



もうドキドキもので撮影開始を待っていたら

撮影が始まりカメラが生きて、モニターに映し出されたそのセットは



なんと



御所だったあああ~
それも宴の場面


御所の庭には下級貴族と武士軍団がひれふし
御所の宴の間には、帝たちと高位の貴族たち

という場面らしいセットで、スタッフさんたちが忙しそうに動き回っていた!!


うおおおおお~

これは、いいのか?
期待していのか!?
いいんじゃないか~!
いいとも~~~!!!!!!

隣の頼友が
「来る来る、きっと来る!!
だってこの場には絶対いるもん、摂関家は!!」

「頼長~~~アタシの声が聞こえるううう」

無欲から欲望の塊と化したアタシタチ(笑)


そしてその期待通り、
松けん清盛、藤木直人さん、三上上皇、松雪さん、壇ちゃん、りょうさんというオールスター勢揃いで、もちろん我らが藤原ファミリーも登場して、頼たまをガッツリ堪能できる
という、初見学にしては信じられないほど贅沢な見学となったのだった。


続く~





スポンサーサイト



カテゴリ: ・藤原頼長

tb: 0 |  cm: 0
go page top

この記事に対するコメント

go page top

コメントの投稿

Secret

go page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://yamamotohijikata.blog48.fc2.com/tb.php/1177-4d843deb
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
go page top