FC2ブログ
2019年10月 / 09月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫11月

2011.11.11 (Fri)

箱館の旅~七重浜

七重浜って、なんとなく遠いイメージがあったのだが、
なんとJR函館駅からJR江差線で2つ目で、10分で行けてしまったのだ

七重浜だあああ~
dscn0094.jpg

dscn0096.jpg


駅前の大通りをひたすら歩くと、ものの10分もかからずに浜に出た!!

これが七重浜だああああああ
dscn0097.jpg

かもめよ~
ここが七重浜なんだね~
dscn0098.jpg



まず最初に組!モードで

これだ!!!
dscn0101.jpg

「それじゃあ誠の字が見えねぇだろ!
もっと大きく掲げろ!」(by 副長)

dscn0104.jpg


で、やっぱこれだ!!!!

dscn0113.jpg


dscn0114.jpg

組!!のオープニングシーンは七重浜
蛇にパニクる島田のせいで(笑)、官軍に見つかってしまうが
ここで登場なのだ~、劇激撃カッコイイ副長が


実際には副長は七重浜の夜襲攻撃の場にはいなかったけど、新選組に七重浜夜襲の命令を出したのは副長だとされている。

二股口から五稜郭に帰った副長は5月1日に弁天台場へ行き、新選組に七重浜夜襲を命じている。
その後、七重浜へは数回の夜襲攻撃がかけられている。

島田魁日記に
“夜三更我新選組二小隊先陣トス、彰義二小隊中軍ニ備陸軍一小隊ヲ後陣トス、暗ニ乗シテ官軍ノ陣ヲ襲ヲ、”
から続く夜襲の描写がある。
「三更」とは子の刻のことだから、だいたい夜の11~1時あたりらしい。
5月1日の夜中から2日の未明にかけて夜襲のあと、2日の夜から3日の未明、さらに3日の夜、6日にも夜襲があったそうだ。(2日の夜襲からは大鳥さんが現場で指揮をとっていた)


また、七重浜は箱館戦争の海戦でも激しい攻防があったところだ。
箱館海戦を書いた文献の中に「七重浜」の文字があちこちに出てくる。

5月入ってから11日までの七重浜から函館港にかけての激しい海の攻防も、今宮古湾から帰ってきて読むと、さらに熱く胸にくるなぁ…
“独り甲鉄艦のみ湾の中央に来り、隠然として動かず”
(『函館戦記』より)
なんてのを読むと、「甲鉄コノヤロ~」なんて熱くなってしまう
(^_^;)
「隠然として」って意味を調べてみたら、
「表面ではわからないが、陰で強い力を持っているさま」
とあった。
無言の圧力ちゅうか、その存在だけで威圧している様子が浮かんできてしまうから…



七重浜から富川方向を眺める
富川といえば新政府軍黒田の本陣…

dscn0102_20111111092103.jpg




七重浜から見た函館山
dscn0099_20111111092103.jpg

この大きさは当時とまったく変わらないはずだ…
七重浜から箱館を見ていた彼らの目には、こんな風に箱館山が見えていたのか…
同じ山を今見ているのだなぁ(感涙)






スポンサーサイト



09:23  |  ・新選組  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

*Comment

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示  (現在非公開コメント投稿不可)
 

▲PageTop

*Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://yamamotohijikata.blog48.fc2.com/tb.php/1128-d3301a52

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | BLOGTOP |