06«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»08

Calender

New Entries

レクブログ法度

誠に生きる 第一章

誠に生きる 第二章

2011箱館の旅 (途中)

妄想ドリームチーム

Category

Monthly Archive

All Entries

QR code

Search

Powered by FC2blog

RSS Field

誠に生きる〈第三章〉  

副長を崇拝しHEDWIGを愛し山本耕史さんを応援する日記

箱館の旅~松前の旅 5

松前城を一周し、門の跡を行ったり来たり…
馬坂を登ったり降りたり
門を何度もくぐったり

何かわけわからんけど、ウロウロしてしまった(^_^;)

そして、いよいよ松前城の裏手にあたる寺町通りへ

寺町通りはひっそりしていて、木陰が多くて薄暗かった

なのに、やたらとテンションを上げて歩くヤツがひとり…

副長が陸軍隊などを率いてお城の裏手の寺町に回りこんで、梯子をかけて石垣を登り城内に突入したと言われている、その寺町通りに来たのだ

『島田魁日記』
「総督陸軍隊守衛新選組ヲ率テ城裏ニ廻リ梯子ヲ以テ石檣ヲ登リ城中ニ潜ミ入」
とある。

正面の門からの敵に釘づけだった松前軍は、背後から不意をつかれて狼狽し敗走…
挟み撃ちになったわけだもんなぁ…

松前

松前

当時はこの通りの半分が掘りだったらしい
松前

副長がどこから梯子をかけて城内に入ったのか、ピンポイントはわからないので、とにかく寺町をまんべんなく歩いて網羅してみた!
dscn0471-3.jpg

松前
松前
dscn0470-3.jpg


寺町通りを歩き倒し、松前の旅もそろそろ終わりに近づいた…



松前城を出て馬坂を下り、通りに出てすぐに松前奉行所跡があった!
(現在は松前町役場)

松前

松前

旧幕府軍が占領した直後に描かれた松前城下図には、松前城内と法華寺と、そしてここ松前奉行所に日の丸がひるがえった図があるので、きっとここも屯所のような形で使っていたに違いない!



そして、その奉行所跡のすぐ近くには、人見勝太郎さんが宿陣していたという藩医桜井小膳宅があったらしい。
(済衆館という医学校が併設されたお宅だったとのこと)
今は何も残っていないが…。
松前に5日間ほど滞在した副長も、きっとここに泊っていたんじゃないかなぁ…
この辺りだろうか!?
ここら辺が副長宿泊の跡だ~と信じて写真を撮った
(松前奉行所跡を左手に北に向かって歩いてすぐあたりを撮ってみた)
松前


バスの時間まで少しあったので、またも松前城下へ戻り、馬坂を登ってみた!
どんだけ好きなんだ、馬坂が~(あはは)
いや、馬坂を登らんとどこへも行けんのよ~

搦め手二の門をくぐり、またまた寺町も歩き
そして馬坂を下って、ついに松前城を後にした…

なんだか自分が松前にいるのが夢のようだったなぁ

やはりその場に立つと、その距離感が実感できたり、風景を共有できたような気がして感動また感動だった

帰りも、行きと全く同じ道を逆ルートで路線バスと電車を乗り継いで函館へ戻った。

帰りの電車の中で見た函館山の風景…

いろいろな思いが浮かんでは消え、また浮かんできた。

松前城の寺町通りを歩いていた時、松前藩主の菩提寺である法幢寺へも行き、境内の松前家御霊屋(歴代藩主の位牌)と裏手の松前家墓所お墓にもお参りをさせていただいたのだ。
(お寺の写真も撮ったのだが、なぜかものすごくブレていて載せられなかった)
旧幕府軍に松前を追われた松前藩主一行は日本海へ脱出して津軽へ向かったが、冬の荒波の航海は難行であり、船中で5歳の姫はなくなり、藩主自身も弘前で亡くなったそうだ。
そして、翌年の新政府軍の攻撃に参加した松前藩士たちは、無念の死をとげた藩主を思い、軍服の下に喪服をきていたという話も伝わっている…

そんなことを思っていたら、ふとある住職の言葉を思い出した。

以前に河合継之助の史跡をめぐって長岡や小千谷市を訪ねた時のこと。
長岡戦争の中でも有名な(河合継之助と岩村精一郎会見の間がある)慈眼寺で、ご住職のお話を伺ったのだが、ご住職は旧幕府軍を弔い、仏壇に新政府軍も弔っていた。
そして、
「国を思って命がけで戦った人たちは、敵も味方もなく、みな忠義の侍だと思います。」
とおっしゃっていた。


そんなことを思いながら、函館山の中の箱館山を見ていたら、わけもなく涙が出てきたのだった

松前
スポンサーサイト

カテゴリ: ・新選組

tb: 0 |  cm: 0
go page top

この記事に対するコメント

go page top

コメントの投稿

Secret

go page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://yamamotohijikata.blog48.fc2.com/tb.php/1070-10da9561
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
go page top