FC2ブログ
04«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»06

Calender

New Entries

レクブログ法度

誠に生きる 第一章

誠に生きる 第二章

2011箱館の旅 (途中)

妄想ドリームチーム

Links

Category

All Entries

SOZAI

QR code

リンク

誠に生きる〈第三章〉  

副長を崇拝しHEDWIGを愛し山本耕史さんを応援する日記

『死刑基準』

もうすでに3回目を観た
それも通しで…

コウジドラマは、1回見た後、だいたいは好きなシーンを選りすぐってリピしたり
耕史くんのシーンだけをピックして観るのだが…

このドラマは通しで何度も観たくなるのだ。
そして、初見よりも2回目、2回目よりも3回目の方が見応えがあった!!

死刑の是非をドラマチックに突き詰めているというのでもないし
法廷のヒーローが熱弁をふるっているわけでもない…

淡々と、いかにも日本の法廷らしい空気感で裁判が進んでいく。

出てくる方々が、必要なことだけをあえて感情を表さす淡々と受け答えている。
ドラマチックに言い争ったり、自分の心情を派手に吐露したりしない…

でも、そこがすごくいい!!!!!

現実の司法の現場にいる方々って、きっとああだろうなぁ~と思うのだ。

いかにも司法の現場の方々って感じがいい!!
淡々としているひとりひとりの佇まいが、ホントにいい!!

そんな中で、水戸くんは、静かだ。

黙って親友を見つめる
黙って裁判を見つめる
黙って上司を見つめる

そして、決心するまでのことも、あえて台詞はない。

昨今のドラマだと、
僕は、こう思ってこう感じでこう考えてこう悩んで
だから決心した!
と、延々とドラマチックなBGMで心情を叫んだりしがちだけど…


黙って見つめている姿でも説得力があるのが、やはり素晴らしい!!!
黙っていても、彼の真摯な取り組み方や迷いや信念はちゃんと伝わってきた!!!


雅さまや悪系キャラが大好物なんで、そっち方面ばかりをついつい望んでいたが、今回の水戸くんを見て、
「ああ、そうだった!!」
と、山本耕史という役者の「静」の演技の素晴らしさをあらためて実感した。

静かと平坦は違うのだ~~~

静かだが内に秘めた心の熱さが魅力だった!!!

法廷での水戸弁護士の最後の言葉が素晴らしいぃぃぃぃ~~~
彼の口から出ると、なぜあんなに説得力があるんだろうか~~~
あの水戸弁護士は、まだまだ迷い続けて結論が出せずにいる中で、でもこれからも必死に「人を裁く」ことに向き合っていこうとしている…そんな未完成な魅力があった。
現実に日本では死刑制度を望む人が多いというデータも踏まえて、これからどう人を裁いていくか…
彼の覚悟と決意が伝わってきた名場面だった。


モチロン、彼だけでなく、共演者の方々がみなこの作品の空気感をこわさず、佇まいにリアリティがあった。
素晴らしい名優の方々…

なんちゃって弁護士、なんちゃって刑事、なんちゃって検事はひとりもいない。
みな、その佇まいや口調にリアリティがあるんだもんなぁ。

ああ、こんなドラマを観るのは本当に久しぶりだった…

役者のみなさんの素晴らしさを実感できるドラマなのだ。

だから、結末がわかっていても、なんかまた観たくなってしまう…
初見では、なかなかヨカッタ~とさらっと思ったのだが、
すぐまた観たくなり、
2度目に観たら、ああ、ヨカッタと思い、
3度目に観たら「素晴らしい~」と思った。
ワタシに取って『死刑基準』は観る度に評価の上がるドラマ
観れば見るほど味わいが増すドラマなのだ!!!


・・・と
ホントマジメに感動しながらも、やっぱ拙者のサガで(何)
ツボとか突っ込みどころとかあるわけで(あはは)


・源さんも出てきた~広沢さまも出てきた~
で、グンベイさんも出てきた~…と組!脳が激しく反応してしまった(だよな)

・妻も出てきた~家来も出てきた~~~と半兵衛脳も激しく反応したでござる(であるな)

・学生時代のベニスの商人の舞台写真、萌え~~~
あの写真が欲しい欲しい欲しい~~~

・怒られた学生がうらやま~~~
ワタシも水戸先生に怒鳴られて腕つかまれて退場させられたい~~~

ってか、あんなにカッコイイ先生の授業だったら、見とれていて絶対に寝ないけど(あはあは)

あのあと廊下で水戸先生の側を歩く生徒でものすごく怖がっているリアクションの生徒がなんかツボった(笑)
「水戸先生、お怒りだよ~」
みたいな…

・あんな二枚目な水戸弁護士の裁判なら、絶対傍聴に行くもんね~

・ラコステのカーデかぁ(何)

・戸田さんを見ると、一瞬青いバックを持って歩いている姿が浮かんでしまう(だな)

・水戸先生は狩田先生の事務所にこれからもいるんだろうか!?
狩田先生は死刑廃止論者なんだけど、水戸弁護士はどうするんだろう!?


そんな水戸弁護士に今晩また会えるぞ~~~~
\(^o^)/\(^o^)/\(^o^)/

本日20時から『死刑基準』再放送

録画はあるけど、またオンエアも見てしまいそうだ





スポンサーサイト



カテゴリ: ・死刑基準

tb: 0 |  cm: 2
go page top

この記事に対するコメント

おかえりなさい

レクさまの感想も耕史くんせりふ同様説得力ありあり!
ナイスなドラマでしたね。
で、もちろん萌えつっこみどころ箇条書きご親切に。いちいち納得するばかりです。

サークルボックスでの、セットを含めた芸の細かさとかも好きでした。
ただの同級生だったわけではない雰囲気を演技でも微妙にかもしだしながら白タイツ証拠写真(え)で視覚的に補強とか。この写真場面、リピというより「長い一時停止とコマ送り」でしたから。

そして私は学生時代、大好きなカッコイイ先生の講義のとき絶対「良席」をゲットして一瞬だって目を離しませんでした。水戸先生だったらストーカーしてたりして。

さっ 再放送だぁ
URL | タイム #-
2011/09/29 19:25 * 編集 *

いいドラマです

タイム殿

やはりあの舞台コスプレ写真に食いつきますよね~
全身の姿が激しく見たかった(ふふふ)
あの写真を撮るためにああいうコスプレしたんでしょうから、
ぜひその時のスナップ写真とか見てみたいですなぁ~
もしDVDになって、メイキングであの扮装写真が出るなら、即買いです!

見れば観るほど味わいの出る作品ですよねv-219
情報の提供のやりとりで、柄本さんと背中向けに座ってやりとりするシーンに萌えてますうううv-10
URL | レクイエム0511 #7iQfpXP.
2011/10/03 10:28 * 編集 *
go page top

コメントの投稿

Secret

go page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://yamamotohijikata.blog48.fc2.com/tb.php/1045-b0ac360b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
go page top