FC2ブログ
06«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»08

Calender

New Entries

レクブログ法度

誠に生きる 第一章

誠に生きる 第二章

2011箱館の旅 (途中)

妄想ドリームチーム

Links

Category

All Entries

SOZAI

QR code

誠に生きる〈第三章〉  

副長を崇拝しHEDWIGを愛し山本耕史さんを応援する日記

太刀川さんのスピンオフ、フ、フ(3)

スピンオフ第三話は、けっこうまったりとしている牢獄の2人から始まった!

ここから激しくネタばればれです
言葉も正確じゃないし、はしょってます!
メモと記憶頼りに書いた感想記事ですので、ご了承くださいね
  

第三話

牢獄にいるけど、なんだかちょっと落ち着いた感じの2人…

たっち~の表情もいくぶんやわらいでいる感じだった。

矢田さんに向かって
「キミは生きようとする意志が強い」
とかなんとか言う、まったり太刀川さん

と、牢獄にいる見張りのゲリラが覆面をとると、まだあどけない少年

(ゲリラとの会話は全部英語)

矢田さんがその少年ゲリラに優しく話しかけたら
突然怒って「子供扱いするな」と銃を向ける少年ゲリラ~
家族を殺された、だから何人も政府軍を殺した~みたいな少年の言葉を聞いて

「これが現実なんだ。子供たちが自爆テロで命を落とす…」
(言葉は正確じゃないですが…)

声を殺して話す太刀川ボイスがいろっぽい~~~

なが~いおみ足で胡坐をかいて座り、やや前かがみで、囁く、しかも手錠姿(もうしつこすぎ)
アタシ喜び過ぎ~~なシチュエーションだわん

日本の若者の自殺について語り始める太刀川さん

「ここの取材を終えたら(「日本に帰ったら」だったかも)、自殺についての研究者に取材をするはずだった」等々のことを太刀川さんが言うと、研究している江口さんのパンドラ3の映像が映った。

話している時の太刀川さんは、うちひしがれてはいないものの
時々、「うっ」とか「あ~」とか痛そうにうめくのだ~
その痛い感じが上手いのなんのって…

ドSな心がまたまたうずくアタシ~~~(愚)

アップの顔は、疲れたてけだるい感じがセクスィ~コウジ

ふひょふひょふよ(何)



なんだかまったりしたな~っと思っていると突然爆発音!!

土埃と噴煙が起き、ゲリラたちがわめきながら右往左往!!

一気に緊迫感が増した!

政府軍の攻撃なのかな!?

たっち~の上に土が落ちてきたところで第三話は終わった。

続く~~~~

スポンサーサイト



カテゴリ: ・パンドラ

tb: 0 |  cm: 0
go page top

この記事に対するコメント

go page top

コメントの投稿

Secret

go page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://yamamotohijikata.blog48.fc2.com/tb.php/1020-23418bce
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
go page top