FC2ブログ
07«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»09

Calender

New Entries

レクブログ法度

誠に生きる 第一章

誠に生きる 第二章

2011箱館の旅 (途中)

妄想ドリームチーム

Links

Category

All Entries

SOZAI

QR code

フリーエリア

誠に生きる〈第三章〉  

副長を崇拝しHEDWIGを愛し山本耕史さんを応援する日記

祝 『大地』大阪初日

大地大阪初日用
スポンサーサイト



カテゴリ: 大地

tb: 0 |  cm: 0
go page top

哀しきゆで卵

お弁当用の煮卵を作るために卵をゆでた。

ゆでたまご

ううううう・・・・

今までは何とも思わなかったのに。
今はゆで卵を見ると、なんだか切なくなるのだ・・・

チャペックさんのことを思い出してしまう

あのゆで卵
実に残酷なゆで卵だもんなぁ

いろんな人のつらさ、哀しさ、むなしさを感じるゆで卵なんだもん

ああ、哀しい~

日常でゆで卵を作る機会は多いというのに
こんな風にいちいち哀しくなってしまう・・・。

哀しきゆで卵(T_T)

でも、おいしいのよね~(^-^;

カテゴリ: 大地

tb: 0 |  cm: 0
go page top

大地東京千秋楽(2)

東京オーラスのブロツキー大先生

客席が大盛り上がりだったので、大先生もノリノリだった(笑)

はんら~で初めての作業から帰ってきて倒れこむところ。
ここは最近はいつも違うパターンだったが・・・

オーラスは、なんと

「指が臭い」

「指が…指が・・臭い」

指を見つめながら「指が臭い」をつぶやき続け

「指が」

で、ベッドへ倒れこみつつ

「指がああ臭いぃぃぃ」

と大絶叫していた。

なんやの、指が臭いって(笑)
どっから思いついたんやろか(笑)

客席、一瞬ぽか~~ん
のあとから大爆笑(笑)

あっはははは~
あまりにわけわからんと、ぽかんとしますのや

で、それをウケたピンカスさんは
「指が臭くなるようなこと、なにもヤッテないのに、この人」
と応酬(笑)

ドランスキーさんに半裸のまま対面しているときの胸筋ピクピク

オーラスはほぼ最後列に近い席だったのだが、オペラグラスなしでも胸筋が動いているのが見えた(笑)
左右時間差でピクピクしてんの。
あんなに後ろの席からでもはっきり見えるって、どんな胸筋や(笑)、


エア晩餐での大先生
バンバンと2発撃ったあと
「鴨と鴨だ」
と2羽のエア鴨を投げていた。

余談だが・・・
この場面でブロツキーさまが
「鴨だ」
って言うたびに
組!の芹沢鴨を思い出し、
さらに
今年で耕史くんは浩市さんが鴨を演じた歳になるんだよなぁ
って思ってしみじみしてしまうのだ、毎回。
組!脳過ぎてすんません(あはは)



キレッキレダンス、
オーラスはキレが増してたなぁ

2幕の偽大佐

ツベルチェクさんに迫っていくときの華麗なるステップが長かった!
長すぎて、一は吹いていたツベルチェクさんが、途中からあきれ顔に(笑)

「寒い寒い~」

「寒い」
の後に
「みんなも寒いでしょう」
みたいなことをおっさっていたような・・・

とにかく観客ものりのりで、いたるところで拍手喝采だらけ。

偽大佐も登場から拍手
動くたびに爆笑

♪さいこうおおおおお~♪
でかなり長く歌い上げた時にも拍手喝采

退場でも拍手!!

ほんと、楽しかったなぁ~

ダンスもステップも、前のめりも
全部MJ仕様だとは思っていたが・・・
あの、動きを遅くして大物に見せる動作もMJっぽいと思った。
昨日、なにげにマイケルのPVをいろいろ見ていてそう思ったのだ。

オーラスの
「始めよう」
は、いつもより若干声が高めの声だったが
やはり、戦闘モードのカッコよさに
副長!!!!!
となってしまった、うううううう
かっけ~~~~~~~~


オーラスのピンカス名言集は(笑)

「立つときは立つ
濡れるときは濡れる
かかしのことよ!」

とエロ話っぽいあとに、長々とわけわからん話しが続いたが、何をおっさったか忘れた(笑)
とにかく長かったことだけ覚えている(笑)

ミミンコちゃんは、めっちゃ吹いてて
そのあと、ピンカスさんが退場した時にドアが壊れたっぽくてちゃんと閉らず。

もうわらいが止まんなくなってしまい、客席に向かって「待って」の仕草。
しばし、芝居が止まっていたもんね(笑)

ミミンコくん、最後のセリフでは涙ぐんでたんだよなぁ
カテコでもウルウルしてた。
こちらも、もらい泣きしました。


ブロツキーさま、絶好調で
アドリブいっぱいで、笑って笑って萌えて萌えて!!
本当に楽しかったです。

でも、カテコの耕史くんは・・・
洋ちゃんの挨拶中の表情はすごく神妙だった。
時に微笑みはするが・・・
ぐっと眉間にしわをよせたり
唇をかみしめたり

舞台のカテコのコウジヤマモトは、いつもホッとした顔で、役が離れて、ちょっと無防備なほどリラックスした顔になるのが通常だった。

でも、今回のオーラスのカテコの顔は、まるで違った。
シリアスな表情が多くて、見ていて複雑な心境になった。

早く、カテコのいつもの顔の耕史くんが見られるようになってほしい
・・と思うと、ちょっと泣けた。

・・・・

・・・・

・・・・

今回の東京公演が無事に完走できて本当によかったです。
大阪もどうか何事もなく無事に完走できますように!

大阪で観劇のみなさま
大地がさらにパワーアップしてナニワに降臨するのをどうかお楽しみに!!


チーム大地のみなさま、暑い中の大阪公演のご成功を多摩から祈っています。


今、自分に言い聞かせることは

「でも、今やるべきことはわかっている。
手洗いと消毒と、3密があるならそれを避ける
そう、たとえ明日地球が滅ぶとしても」

カテゴリ: 大地

tb: 0 |  cm: 1
go page top

大地東京千秋楽(1)

大地の東京オーラスを観終えて、しばし虚脱状態だった。
ワタシの大地は終わってしまった・・・というさみしさと
無事に終わったんだ・・・という安堵感と
この先、また耕史くんの舞台を観られるのはいつになるのかという思いと・・・

いろんな感情がいっきに押し寄せ、そのあとに全身の力が抜けて呆然としていた。

観劇に行くときのワクワク感と共に、自分としてできる限りの万全の予防対策をしつつも常に緊張感を持つことの疲労もかなりあった気がする。

観に行く側でさえこんなにも精神的な疲れがあるのだから、やる側のチーム大地のみなさんのプレッシャーたるや、どんなに大きいものなんだろうか・・・
本来の舞台の緊張感にプラスして、今までは持つ必要のなかった大きなプレッシャーを背負いつつも、演じるとことの素晴らしさや舞台の尊さを見せ続けてくれた大地のみなさんには感謝と尊敬しかない!!

ほけら~~~っとして、無気力になっていたが・・・
3日経って、ようやく頭が少し整理されてきたので、東京オーラスのことを少し書き留めておこうと思う。


やはり千秋楽は特別な空気感がある
初日から作り続けてきたものが、どんどん進化してノリにノッてきて、
そして、最後の日を迎えるのだ。
演者も観客も高揚感がハンパない

特に今回のオーラスの客席は、愛に溢れていたように感じた。
舞台を楽しむ、推しの演技に酔いしれることはもちろん、さらに、みなさん、この舞台を上演してくれたことへの感謝の気持ちが大きかったんだと思う。
そして、まだまだ困難な状況の中の演劇を心から応援していきたいというエールが、客席全体から舞台に向かって送られていたような、そんな熱気があった。

拍手も笑い声も、みんな愛に満ちていて、気持ちがひとつになっていたような・・・
そんな一体感をいちばん強く感じたのは、やはりカテコだった。

カテコはオーラスでも1回のみ限定だったが・・・
舞台に出演者が残り、観客オールスタンディングでの万雷の拍手を浴び続ける
という光景があったのだ。

※その時の様子を伝える大地公式ツイの写真

ずっとずっと鳴りやまない拍手

どんなに拍手をしてもまだまだ伝えきれない感謝の思い・・・

手がちぎれるまで拍手し続けたかった。

ありがとう
ありがとう
ありがとう

ただただスタンディングをして拍手するしかなかった・・・

このときの劇場内の一体感
熱い思いをみんなで共有しているこの感動

そして、舞台でその拍手を浴び続けて微笑んでいる役者のみなさん
涙ぐんでいる方々もいた。

この光景は何物にも代えがたいものだ


これなのだ
これが私にとっての舞台の存在意義なんだ
この感動を味わうことが生きる支えなんだ!

ワタシには生きるために必要なんです、これが!!

特に今回はこの状況でのオーラスだったので、客席で泣いている方も多かった。
ワタシの周りはみんな泣いていた。

ここで座長の大泉洋さんが挨拶を始めた。

鳴りやまない拍手の中

「ちょっとしゃべっていいですか」

「三谷さんに千秋楽は挨拶をしてと言われたので」

※うろ覚えの記憶で書くので、言葉は正確じゃないですし、覚えていることのみしか書けません
ニュアンスだけでも伝わればいいなあと思って書いてますので、そこんとこヨロシク。

・万全の体制を整えてくれたパルコ劇場のスタッフのみなさんに感謝します

・お客様にはいろいろとご不便をおかけして申し訳ありません。
お客様の方が緊張されていたのでは・・・
このような状況の中で勇気を持って観に来てくださり、本当にありがとうございました

・僕たちも明日はどうなるかわからない日々での公演でしたが、なんとか東京で千秋楽を迎えることができました。

・不要不急と言われがちですが、エンタテイメントは必要なものだと思っています。
(この言葉に客席は大拍手)

・客席が半分と聞いてどうなんだろうと思いましたが、半分でもそれを感じさせないくらいのお客様の熱気でした。
いつかまた満員の客席で上演できたらと思います。

・先日、大阪に備えてあらためて検査をして全員陰性でした。
今までは飛沫に気を付けていましたが、今日はバンバン飛ばしました。
一番前のお客さんは不安だったでしょう(笑)
でも、安心してください。かかっても大丈夫です
むしろ飲み込んでいただいても大丈夫(笑)

・本当にありがとうございました。
いつかまた満員の客席でお会いできる日が来ることを!



飛沫のことで爆笑が起きつつも
「満員の客席で」
という言葉に泣いた方が多かった。

大泉さんは、この言葉を2度も言っておられたのだ。

泣き笑いのカテコ。

おなじみの三谷さんの終演のアナウンスが流れ
涙をぬぐいつつ、また流れる涙

なんだろう、この涙は
なんだったんだろう!?

感謝の気持ちと一体感の高揚と・・・
今の状況下で舞台をすることの厳しさと、
先の見えない中で生きる支えが失われつつある哀しさと・・・
いろんな感情が渦巻いている中で、その感情の波の大きさが涙となって現れたんだろうか。

やはり、一番の感情の波は「感動」だったと思う
厳しい状況の中で不安にさらされながらも、それでも前を向いて頑張っている役者のみなさんの姿に胸を打たれたが故の感動の涙だったと思う。


「やるべきことはわかっている。
発声練習と柔軟、覚える台詞があるならそれを覚える。
たとえ明日地球が滅ぶとしても」

帰りの電車の中で、このセリフを何度も何度も心の中で唱えていた。



大地、最高!!!

大阪も完走できますように!!

カテゴリ: 大地

tb: 0 |  cm: 0
go page top

祝 東京千秋楽!

大地東京千秋楽
おめでとうございます


ブロツキーイラスト



この困難な状況において、
数々のプレッシャーを
背負いながらも、
素晴らしい舞台を
上演し続けてくださった
チーム大地の皆様に
心から感謝します。
無事に東京公演を
完走できて
本当によかったです。
ありがとうございました。

カテゴリ: 大地

tb: 0 |  cm: 0
go page top

「始めよう」

大地には組!脳を喜ばせるセリフがある

そう、あまりにもおなじみ過ぎる、これ

「待たせたな」

うおおおおお~

ミタニン、これは狙ったよね(笑)

この時の低めの声とせりふの言い方が副長そのもの
一瞬だけブロツキーさまから副長になってるもん
びぎらぶの時と違って、客席から「おお~」という感じの声は上がらないが・・・

組!脳の方々は、コレを聞いて

「キメ台詞、キタ~~」
「生待たせたな、いただきました」

と心の中でウキウキしているだろうなぁ~

拙者もそうだもん

生で「待たせたな」が聞けるなんて、ありがたや~

「三谷さん、ありがとう」
って毎回うひゃうひゃしている。

・・・

・・・・



・・・・

・・・

すかす

・・・・

ここよりももっともっと副長萌えするセリフが大地にはあるのだ。

それは

「始めよう」

くはああああ~~~

このセリフは組!や組!!の中にあるセリフではない。
大地だけのセリフなのだが、これを言う時にいちばん副長萌えするのだ。

率先して台本をもらいに行くブロツキーさまなんだけど、覚悟を決めた感が強くて、台本をもらいに行くというよりは、これから出陣するみたいだ。

声のトーン、歩き方、少し猫背ぎみな姿勢
肩のいからせ方、勢いのある歩み具合い

意を決して、先へ進む!!


そのすべてが副長そのものなのだ

めちゃくちゃ男っぽい


表情が戦闘モードだもん

はああああ
マジで一瞬副長降臨してる~~

組!脳なアタシにはそう見えるから
もう、ここはアカン

毎回萌えすぎて死にそうになる

「始めよう」

だあああああ~

「始めよう」

ぬおおおおお~

「始めよう」

うひょおおおお~~~


だって、まるっきり戦場に向かう副長なんだから。

ここが一番の萌えどころ

カッコよさの極致で
戦う男のオーラが全開

そうなるともう副長になってしまう

あああホントにヤバい一言だ

「始めよう」

あああ、カコイイ~~~
やられるううううう

魂抜かれるひとことなのだ!

カテゴリ: 大地

tb: 0 |  cm: 0
go page top

大地サイコー(2)

もう、あの偽大佐のシーンは爆笑と拍手の嵐。

もちろん、その前の座長の大芝居にも大爆笑と拍手喝采、また拍手拍手!大拍手!
プルーハさんのパントマイムにも爆笑と拍手、退場も大拍手!!


そして、登場した偽大佐。

ここは、座長→プルーハさんと爆笑が続いた後なんで、観ている側はちょっと油断しているのだ。
そんな時にインパクト大なやつが登場するからよけいに笑えるのだろうなぁ
爆笑2連発してて、そのあとはドランスキーさんとツベルチェクさんのシリアスなやりとりが来るから、ちょっと笑いが落ち着いた感ありなのよね。

そこへあれが登場するから(笑)

昨夜はほんとに爆笑がずーーっと起きっぱなしだった。

登場しただけで大爆笑
動いて大爆笑
新しいステップがさらに増えてた(笑)

「寒い」
「寒いぃぃぃぃ~~」

のあと、「あったか~い」はなくて

「みなさんも」
だったか
「みんなもそうだろう」
だったか
客席に問いかけていた。

なんなんだ、まったく(笑)

「寒い」の演技がますますシリアスに大げさになってたから、爆笑じゃ~


さらに、ピンカスさん登場で、客席ますます大盛り上がりだった。

ピンカス最高指導者登場で拍手!!

♪さいこう~~~~♪

の歌で拍手と爆笑

偽大佐、めっちゃ声張り上げてミュージカル風に長く伸ばしてたっすよぉ

そして、偽最高指導者とそれに怯えるドランスキーさん、合いの手を入れる偽大佐の笑いのコンビネーションが素晴らしくて、爆笑の渦に!!

ピンカスさん退場で拍手!!

そのあとの偽大佐がスロー演技してて
チャペックさんに
「早くお帰りください」
と促されて爆笑

そして偽大佐退場で拍手喝采だった。

いや~~
ほんとに盛り上がってたなぁ・・・


昨夜は、ラストのあのシリアスな場面のぶつかり合いが本当に激しかった。

ホデクさんの
「ここにいるのは唯一無二の俳優たちだ」
という心からの叫びが、強くて激しかった。

チャペックさんのあの慟哭がすさまじかった。
今まで観た中でイチバン大きかった。
救いようのない叫びが胸に刺さり、涙が出た。

チャペックさんの叫びを背中で聞いている俳優たち
微動だにしない彼らの背中が、ぎりぎりの心理状態を物語っている。
心の中で激しい葛藤の嵐が吹き荒れていて、その嵐が過ぎ去るのをじっと待つような・・・
みんな、固まっているんだよなぁ
少しでも動けば、自分が地獄行のバスに乗らねばならなくなる・・・
そんな姿に見えてきた。

この選択、この結末をどう捉えていいのか・・・
観るたびに違う思いになる。

チャペックさんが、もし本当に純粋に俳優たちを尊敬していて、無償の愛で尽くし続けていた人物として描かれてきたなら、ひたすら彼に思いを寄せて悲しんで、俳優たちに怒りが向いたかもしれない。
その方が見る側も楽だったと思う。
同情すべき人物として心から同情できるし、残酷な悲劇として受け止めることができるから。
でも、人間はそう一筋縄ではいかないのだ。
欲もプライドも狡さも傲慢さもあって生きているのが人間だから。

チャペックさんのことをどうとらえるか!?で、観終わった感想は全然違ってくる。

今のところ私の中では、まだ混とんとしている。

そこがこの舞台の深いところであり、面白いところなのだ。

ああ、ほんとに大地サイコー!!!!!!


ズデンガとミミンコに向かって、退出するときにピンカスさんがいろいろ言うのだが。
昨夜は
「地球は丸い。世界は動いてる。
世界に二人のなんたらかんたら・・・・」
とわけのわからない講釈を長々と言って去って行った。

客席、ぽか~ん(笑)

残されたミミンコくんが、あまりにもウケてしまって顔がぐしゃぐしゃになるほど笑っていた。
しばらく次のセリフが言えなかったくらい(笑)

その土砂崩れした顔がめっちゃ可愛かったあああ~
ホントきゃわえええええ~~


カテゴリ: 大地

tb: 0 |  cm: 0
go page top

大地サイコー(1)

昨日の大地ソワレを観た!

昨日は服部先生らしきお方が!
入り口で劇場スタッフとお話をされてて、その後は客席で観劇されていた。
マスクで半分顔が隠れているから、断定できませぬが・・・
たぶん、服部先生だったかと・・・


いや~~

昨夜の客席はものすごく熱かった!
めちゃくちゃ反応よくて、劇中の笑いも大きくて、拍手もたくさん起きた。
客席がのりのりだと、舞台もいっそう盛り上がるうう

今まで観た中でイチバン盛り上がっていた気がするもんね。


さて、

昨夜のブロツキー大先生だが。

とにかく登場しただけで爆笑!
何やってもウケる!!
そんな観客の爆笑と拍手をウケて、ますます絶好調
さらにさらに、のりのりでござった。

もちろん

半裸で登場、大爆笑
なが~~うめき声で、爆笑
胸筋左右時間差ピクピク、爆笑
顏から先に向けてから身体で、大爆笑

稽古の偽大佐で、大爆笑
偽大佐パフォーマンスで、全てにおいて爆笑されっぱなし

・・・・

・・・・


大爆笑ポイントの笑いが大きかったのだが・・・
そういうところのほかにも、小さいポイントでも爆笑が起きてたのだ。

女子棟からの声を拾おうとして耳を向けてるときの真剣な顔で、爆笑

服を着てくださいとチャペックさんに言われた時の
「大丈夫だああ~」で爆笑

ズデンガさんきゃあきゃあ言われた時の
ドヤ顔の「どうも」で爆笑

等々、いつもはささっと笑いが起きるところでも爆笑が起きていたもんね。

拙者、昨夜は、ブロツキー先生が、女子棟に耳を向けてる姿があまりにツボって、涙が出るほど笑ってしまった。
毎回、くすっとなるんだが、昨夜はなんであんなに笑えたんだろう(笑)
なんつうか、いつもより濃かったんだもんね
両耳を向けつつ、真剣な顔になるところ。
その真剣な顔が、真剣通り越して、変態度が増してたんだよなぁ
ちょっと目を見開きぎみだったし、ものすごくねちっこかったのだ。

もうその顔が笑えて笑えて!!

客席も爆笑してた。



昨夜は、新しい技も出た!

あの、ほら、いっときよくやってましたやろ。
ものすごい細かい物まねつうかなんつうか。
窓がわずかに開いているときの風の音とか、携帯のシャッター音とか・・・

その携帯で写メを撮る時のシャッター音を昨夜は連発してた(笑)

まず両手の親指とひとさし指でフレームを作って、そこから相手をのぞいては
「カシャ」
また、別の相手にも
「カシャ」
さらに、他の人にも
「カシャ」

いちいちシャッター音を入れていた。
ピンカスさん、ツベルチェクさん、ミミンコくん、ツルハさんなどを撮ってた!!

いろんな持ち技を繰り出してくる、コウジヤマモト(笑)

台詞のない場面で面と向かうと、その相手をやたらと撮ってたんだよなぁ
何の意味があったんだろうか(笑)
後半は、シャッター音を止めて、仕草だけにしていたのもなぜだろう・・・

これはさすがに細か過ぎて、あまり客席の反応がなかったけど(笑)
(たぶん、耕史ファンにしか気づかれない技だろう)
それでもやり続けていた(あはは)

拙者、これをやりだしたとき
「おお!久々に出た~~」
ってウケてたけど(笑)



とにかく、昨夜はどの場面でも客席の笑いがものすごかったのだ。

カテゴリ: 大地

tb: 0 |  cm: 0
go page top

シロさんと小日向さん!

友から教えてもらいました!!
いつも情報ありがとう
\(^o^)/\(^o^)/\(^o^)/

フライデーデジタルに
なななんと何食べ映画の撮影写真が!!

・フライデーデジタル
西島秀俊 『きのう何食べた?』ロケで見せたクールなスーツ姿


シロさんと小日向さん!!!!!!!

きゃああああ~~

小日向コート、キタ~~~

神田のオフィスビルでの撮影とな!!

どうなるのかと心配していた映画版の撮影が始まっていたのね
ブロツキーさまを演じつつ小日向さんも!

みなさん、無事に撮影が順調に続きますように!!

カテゴリ: きのう何食べた?

tb: 0 |  cm: 0
go page top

生配信を観て(2)

配信の幕間対談

お三方(洋ちゃん、耕史くん、竜星くん)それぞれに面白かった!!

竜星くんの独特の個性
ファッションに気合入れた姿が見てみたい

大泉さんと三谷さんのシニカルな掛け合い
絶妙でおもしろぃぃぃ~
エッセイ記念のコメントのことで、局長のことが出てたし(笑)
いつも最後に悲惨な目に合う役だから、次回は幸せに終わる役に!とか。
絶品だった、サンシャインボーイズのモノマネ
ものすごい似てた~~
どんだけ好きなんだ~(笑)

さらに、お稽古場でのコウジヤマモトの再現まで!
ダメ出しを逐一メモするのに、耕史くんはいっさいメモせずに、ものすごい集中して聞いてるだけで頭に入ってて、次には全部直してくるそうな。
その「集中している山本耕史」を再現してた(笑)
眼が凄かった(笑)


耕史くんは、リラックスしていたけど、三谷さん相手だと本音がでてきて面白い!!

年齢を重ねてきたけど、燃える闘志は全然変わってないのが分かった。

・下の俳優さんたち(後輩ってこと)にもライバル心がある
・力のある俳優とそうでない俳優がいる
・うまく順応していく人もいるけど、僕はそうはできない。 納得いかないことにはそう言うし。
それで仕事がこなくなっても仕方ない。そこは曲げられない。

いいね~~
これこそが山本耕史だ!!
「ただただ偉そうにしている人大っ嫌い」
と言って三谷さんがトークを止めた2004年の元旦のスタジオパークのころとスタンスが変わっていないもんね!!

例のおけぴ!のお稽古場の音をめぐる怒りのエピソードも話していたが・・・
その時の三谷さんの様子を
「どうしたらいいか、おどおどしながら見ていた」
とぶっちゃけてた(笑)
濱田くんのような人だと思ったからあの役をキャスティングしたのに、全然違うキャラだったと三谷さん。
濱田さんがいきなりバカヤローって怒りだすような驚きだったそうな。

この怒りの山本耕史が、のちの副長へとつながったんだから、世の中なにが幸いするかわからんもんよのう!!

そして

ワタシが最も「おお」と思ったのが、
「今回が初舞台となった濱田くんへのアドバイスを」
という質問に答えたコウジヤマモトだ。

・19歳でこの舞台が初舞台ということでスゴイことだし
「そりゃみんなから褒められますよね」

でも、

もっと小さいころからやっている人もいるし。
(ボクも7、8歳からやっていた・・・と。)
そういう人たちと比べると短いわけで、その期間をこれから追いついて埋めていかなければならない。
それには常に何事にも興味を持って、いろんなことを吸収していくことが大事。
褒められた時でも、本当に褒めている人とそうではない人がいると思って聞いた方がいい。
自分も小さいころからやってて常に褒められてきたけど、「あ、この人は本当に褒めているな」「そうではないな」とだんだんとわかってきたから。

理不尽なことは拒否する。

プライベートと仕事を分けてはいない。
自分の生き方そのものが役者人生。
ふつふつと燃える炎があって、それをずっと絶やさない。

・・・・・等々、熱く語っていましたなぁ

(記憶があいまいなので、ニュアンスだけですけど)

単にエールを送るだけじゃなくて、役者としてやっていくことの厳しさをも伝えつつ、これからの濱田くんへエールを送っているのがさすがじゃ~~
自分の経験を踏まえてのアドバイスがいい!!

こういうところが好きだ~~


あと。辻さんのことを語ったコウジヤマモトも好きだ。

後輩たちとコミニケーションをマメにとる方ではなく、ある程度の距離感を持って仕事をきっちりとこなしていって、その力で周りを引っ張っていく。
後輩たちにとっては背筋がのびるような先輩。

「そういう先輩って今は少ないですよね」

と耕史くん。

「背筋がのびる先輩」

いい言葉だなぁ~
辻さんに対しての緊張感と尊敬、
辻さんの圧倒的な役者力があってこそのこの影響力なのだ。

・・・・

・・・・

・・・


耕史くんの幕間トークは2回分しかみられなかったので、もし円盤化したら、ぜひ全員のトークを特典で入れてほしい!!
お願いしますうううううう

熱い山本耕史が見られて、ホントに嬉しかった!!

カテゴリ: 大地

tb: 0 |  cm: 0
go page top

生配信を観て(1)

いや~
2日連続の配信
楽しかったですううう

配信は、WOWOWの無料配信を観て以来だったが・・・
その時に比べてカメラワークが素晴らしくなっていて、セリフを言ってない人の大事な表情もちゃんとアップで映していた。

幕間のトークも面白かったあああ

偽大佐!!!!!
ものすごく動きがアクティブになってた(笑)

ワタシが観た7/30よりもさらにバージョンアップしてたもんね

こんな短期間でのバージョンアップ
すげ~な、おい

「相当乗ってやってらした」
というチャペックさんの言葉をそのまんまやで(笑)

顔を先に向けて→体を向けて→ジャンプ→両手でイエイ

と、ここまでたっだのが、㈯では

顔を先に向けて→体を向けて→ジャンプ→両手でイエイ→ちょっとステップ

さらに㈰では

顔を先に向けて→体を向けて→ジャンプ→両手でイエイ→ツーーステップ→カクカクステップ

と増え続けていた(笑)

偽グレブさまのステップはどれもマイケル仕様だ。

エア晩餐で披露したダンスもビリージーンっぽいし

どんだけ、マイケル好きなんだ~~(笑)

ブロツキーさまの中では、ダンスといえばMJなのね。
(中のお方もそうだし)

ここまでステップをしていると、もはや
「ちょっとおかしな動作をする大佐」
を超えて、
「ダンスステップを踏む大佐」
になっているじゃん(笑)

偽大佐さま、めっちゃダンサブルや!!!

あのままずっと躍らせたい!!(笑)

前傾姿勢は効果音も元に戻っていて
客席が「おお!」となった瞬間に
「どう、これすごいでしょ」
とアピールして、さらに笑いを取っていた。

最高指導者を讃える歌では
「さいこおおおおおお~~~~~~」
と前よりさらに伸ばして歌い上げているから、ちらっとでもコウジヤマモトの歌声らしきものが聴けてうれしい。

もっともっと本気で歌い上げてほしいなぁ(笑)

「俺は付き添いだよ~」
の不気味顔もアップで見れて、インパクト強い!!


配信映像は、
「ああ、ここはほんとは好きな顔してんのに映ってない」
というところもあるが、逆に、
「ここでこの方はこんな顔をしていたのか~」
と感動するところも多かった。

生で観ると、どうしてもコウジヤマモトを注視してしまって、他の方の表情はなかなか見られない。
オペラグラスを使っているとなおさらなのだ!
やっぱ、どんな表情も見逃したくない
というオタのサガじゃ。


だから、配信で初めてアップで見るものが多々あって、感動だった。

特にエア晩餐の場面は胸に突き刺さるものがいくつもあったのだ。

「美味いです」
とグラスの酒を飲み干して言うツベルチェク
この時、彼の頬に一筋の涙が流れているのを見て、切ない思い共とにその涙の美しさに感動した。

全身のフォルムの見事さ
端正な顏の美しさはもちろん、篠井さん直伝の手の仕草や立ち方の美しさ
そして頬を流れる一筋の涙

1枚の名画を見るような感動があった。
ツベルチェクという人物として完璧な立ち姿だったなぁ・・・

さらに、

このエア晩餐を見て感動のあまり涙を流しているホデクさんをアップで初めて見た。

命令に背いて勝手にエア晩餐を始めている彼らなんだから、腹立たしさがマックスのはずなのに・・・
あまりにも見事な晩餐の演技を目の前にして、感動のあまり泣いてしまうホデク。
演劇というものの本質や役者の価値を知っているからこそ、心の底から感動してしまうのだ、彼は。
このときのホデクさんは、客席にいる自分自身の分身のような気がした。
彼への共感が大きくなって、一緒に泣けてしまった。

そして、このときのチャペックさん。

ゆで卵を食べ、その後は奥の方で佇んでいるのだが・・・
エア宴会をガン見していて、今まで気がつかなかったのだ。
彼がこのエア宴会に参加しようとしていることを!!

奥の方から遠目で役者たちのエア晩餐を見つつ、グラスに酒をついで飲もうとする演技を彼もまたやっていたのだ!!
そのしぐさがたどたどしくて、役者たちのエア晩餐とはあまりにも違い過ぎる。
それでも震えるような手で、演じようとしているチャペックさん。
彼もホデクさんと同じように、役者たちの素晴らしい演技を見て感動しているのだが、ホデクとは違い、感動して泣くというところでとどまってはいなかった。
自分もその演技合戦に参加しようと試みるのだ、彼は。
彼もまた役者のひとりなんだから・・・
そこが哀しい
そこが切ない
そこに救いがない。

そんなチャペックさんを見たら、胸が張り裂けそうになった。
残酷だなぁ・・・
切ないなぁ・・・

・・・

・・・・

・・・

ブロツキーに関しては、カコイイところや笑えるところやアドリブのことばかり書いているが、もちろん、ブロツキーの弱さ、狡さ、切なさ、映像畑の役者という演じ方などなど、コウジヤマモトの演技の素晴らしさが溢れているのだ。
ブロツキーの感想は、東京オーラス後に、うざくねちっこくくどくどと書く予定です(えへへ)

・・・

・・・

・・・

そして、生配信ももうひとつのお楽しみである幕間のトーク
ほんと、めっちゃ楽しかったっすよぉ

カテゴリ: 大地

tb: 0 |  cm: 0
go page top

大地生配信ラスト

昨日に引き続き、今日もイープラスの生配信を観るどおおお

(感想はまとめてあとでアップしたいっす)

今日が最後の生配信

公式さんからこんな動画が!!

チーム大地のみなさんからお勧めされたら、観なあかんで!!

ツベルチェクさんとドランスキーさんが仲良しでほっこりするなぁ

コウジヤマモトも登場

かこいい~~~
\(^o^)/\(^o^)/\(^o^)/

やっぱ、舞台になるとスリムになるなぁ
全体がギュッと絞られていく感じ

筋肉もいい感じになってるし
顏がますます小顔に!!!!

座長の声が入っているのが楽しい~(笑)


いざ、配信まで待機!!

カテゴリ: 大地

tb: 0 |  cm: 0
go page top

ふふふ

あ~今日も出勤だぁ

ものすごく忙しいのが確実な今日

仕事が終わった瞬間にズタボロになる予感しかない・・・

でも

でも

でも

ふふふふふふふ

今日はイープラスの大地配信を観る予定なのじゃ~

マチネは仕事でむりだけど(T_T)
でも、ソワレがアタシを待っている!!

もちろん、舞台が楽しみなんだが
幕間もめっちゃ期待しておるんじゃ~~
いよいよコウジヤマモト登場かああ!?

イープラス配信は初めてなので、ちゃんと映るか不安
うちのボロパソコンでみて、フリーズしまくるのではないかと・・・

ふふふ

今日はどんなに忙しくてもハードでも
配信が待っていると思うと頑張れるぞぉぉぉ~~

愛は私を救う

おっしゃ~~~

いざ!!!!!

カテゴリ: 大地

tb: 0 |  cm: 0
go page top