FC2ブログ
09«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»11

Calender

New Entries

レクブログ法度

誠に生きる 第一章

誠に生きる 第二章

2011箱館の旅 (途中)

妄想ドリームチーム

Links

Category

All Entries

SOZAI

QR code

誠に生きる〈第三章〉  

副長を崇拝しHEDWIGを愛し山本耕史さんを応援する日記

昨日の土方資料館

昨日は土方資料館の開館日だった。

台風の冠水で、まだあちこちの道がうっすらと茶色に染まっている万願寺地区だが、資料館の周りは比較的きれいだった。

台風翌日の資料館と石田寺の様子はここに書いてはいたが、館長さんに聞いたら驚愕だった。
外から様子を見た印象よりはるかに浸水範囲が大きかったのだ。

資料館前の道もかなりの冠水で、資料館敷地内にも浸水したとのこと。
なんと水は、ガレージ内にも侵入、ご自宅の玄関まで迫り
資料館入り口の石段前まで来ていたとな!!!(>_<)

冠水でこの奥まで水が来ていたそうだ
資料館3

副長の銅像の台座も水につかったのか・・・
資料館2

この一段の石段ぎりぎりまで来ていたとのこと
(石段を上がれば、もうそこは資料館の受付です)
資料館4

矢竹のあたりも浸水していたんだろうなぁ・・・
本当にギリギリだったのか。
ああ~~~
無事でよかったですううう(泣)

敷石も泥だらけだったそうで、資料館敷地内の泥を落とすのは大変な作業だったのでは・・・

昨日の開館の日には、敷石もきれいになっていて、泥はどこにもなく、いつもの資料館だった。
館長さんやお身内の方々のご苦労のおかげで、こうしていつもの資料館に入館できるんだと思うと、感謝しかないです。

いつもと同じ開館風景
資料館

副長の矢竹が見守ってくれているようだ
資料館5


資料館を訪れた方の中に、ステキな着物姿の方を発見。
黒地に赤い模様の着物にダークな赤い帯
お着物と帯の赤が深いワインレッドで、黒と赤の印象が、兼定そのものだったので、うっとりしてしまった。
お持ちのバッグも同じトーンの深い赤で、
「なんておしゃれな方なんだろう」
とほれぼれ見ていたら、なななんとそのバッグには鳳凰がついているではないか~~

実はこれは資料館オリジナルの蒔絵シールだったのだ。

ご本人にうががったところによると、この兼定の蒔絵を生かすためのバッグを探し、「この色だ!」と思ったバッグを海外からとりよせたんだそうです。

兼定の蒔絵のためにバッグをコーディネートし、そのバッグに合わせた着物と帯を選んだという・・・
なんという粋なお方なんだろう~~
感動しました~

鳳凰の蒔絵シールがセンス良く貼られている
バッグ1

裏には兼定のつばの蒔絵が!
バッグ2

素晴らしいぃぃぃぃ~~

スポンサーサイト



カテゴリ: ・新選組

tb: 0 |  cm: 0
go page top