FC2ブログ
02«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»04

Calender

New Entries

レクブログ法度

誠に生きる 第一章

誠に生きる 第二章

2011箱館の旅 (途中)

妄想ドリームチーム

Links

Category

All Entries

SOZAI

QR code

リンク

誠に生きる〈第三章〉  

副長を崇拝しHEDWIGを愛し山本耕史さんを応援する日記

こきんロス

東京オーラスが終わり、昨日は仕事だったのだが…

オーラス打ち上げで深夜帰宅し、公演中はいろいろあってすべてのパワーを使いきったので、月曜日はヨレヨレだったぁ(^^;

立っているのもやっとっていう中でも気力だけで乗り切った(´Д`)

仕事中には
「勝手にはいってくんなよー
デリカシーゼロばばあ」
とか
「とんち、関係なくね!?
千秋楽なのにそんなくそみてえな相談しやがって
とんち、関係なくね!?」
とか
「ひーみーこーですからー」
「わああああ」
とか
(胡蝶さんのわあああーが素晴らし過ぎてツボ(笑))
とか

いろんなびぎらぶが浮かんできて、へらへらしてしまった。

特に
「デリカシーゼロばばあ」
がツボで、独りで思い出し笑いしてしまった。
仕事は大丈夫だったのかあ(笑)


ほんとは東京オーラスの記事を書いている途中なので、ゆっくり自宅で思い出しながらブログに
没頭したいのだが。

今、新幹線に乗って越後へ向かっています。
父が今日退院することになり、付き添いのための帰省でおじゃる。

初日直前に緊急入院した父だが、無事に今日退院なのだ。
初日こそだめだったけど、東京公演中は入院していて、東京オーラスのあと退院、しかも、大阪びぎらぶ前!
なんと絶妙なタイミングの退院なんだ!
おとーさん、ありがとう(ToT)
こんな親不孝な娘なのに、びぎらぶのチケット分の稲穂を振らせてくれてありがとう(ToT)

書きかけのオーラス記事は、多摩へ帰還したら続きを書いてアップするつもりでおじゃるよ。
終演後にメモしたし、仲間からいろいろ補充してもらったカテコレポも、書きたいっす。


そんなこんなで、ちょっと落ち着いた気持ちになって新幹線に乗っていると、次々に甦る

あのこきん
そのこきん
このこきん

もちろん、二幕のかっこよさを極めたこきんも甦るから、萌えまくるのだが。

今日は可愛いこきんちゃんばかりが思い出される。

茶屋の場面で、カオリコちゃんに話しかけられて動揺してるこきんちゃんの可愛さといったら、もー

「あ、はい、そうっすね」
「はい、そうです、はい」
「い、いえ、なんでもない、ええ、はい、そうです」

首をピョコピョコさせて何度も何度もうなずきながら、ひとこと返す度にお茶を飲む
緊張のあまり喉が渇くんだろう。
こういう繊細なところまで表現するんだよなぁ、コウジヤマモトは。

「お客さん、デートですね」
と腰元さんにひやかされてどつかれるこきんちゃんのあたふたぶりが、ホント可愛いんだよなー

千秋楽は、腰元さんにどつかれて、椅子から転げ落ちてくるくるくるくると3回転しながら転がっていたもんね(笑)

可愛いなーこきんちゃんは!


特に

カオリコちゃんの過去を卑弥呼さんに見せられているときのこきんちゃんが、可愛さマックス!!

手で顔を覆いながら、チラチラ見ては、口を手でふさいで
「あっ」
「うー」
って絶句してる。

このときのこきんちゃんの可愛さは異常!!
乙女のような可愛さとけなげさがあるんだもん。 膝も閉じて座ってるから、なおさら乙女度が高くなっているのだ。
カオリコさまの知られたくない過去の痛々しさを見て、自分のことのように胸を痛めているんだよなぁ
ホントに純粋なのよ、こきんちゃんは。
こきんちゃん自身が繊細でピュアで傷つきやすいからこそ、カオリコちゃんの過去を自分のことみたいに受け止められるんだろうな。

こきんちゃん、ほんとは切なくて優しい人なんだよね。

そんな風に思わせてくれるこきんちゃん。
キモくて情けなくて、ダメなやつなんだけど、こんなにも可愛くなるのだ。

耕史くんが演じると、どんな役でも、人としての優しさや純粋さや切なさがにじみ出てくる。
それは彼の持つ人間性なんだと思う。

ああ、こんな風に書いていると、こきんちゃんに会いたくてたまらなくなるううう

こきんちゃんが愛しいよー

「デリカシーゼロばばあ」
が聞きたいよー

こきんロスはもう始まっている。

以上、新幹線車中からのご報告でした。

って、誰になんのための報告なんだい
要らねーっつうの(笑)

「こきんちゃんに会いたくてロスが大きいんですけど、どうしたらいいんでしょうか!?」

こんなときは

♪そうだ、
一休さん一休さん
一休さんに相談だ!♪

(笑)(笑)(笑)


スポンサーサイト



カテゴリ: ざ・びぎにんぐ・おぶ・らぶ

tb: 0 |  cm: 2
go page top