FC2ブログ
02«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»04

誠に生きる〈第三章〉  

副長を崇拝しHEDWIGを愛し山本耕史さんを応援する日記

びぎらぶ最高!

今朝早い新幹線でナニワ入りして、前楽・大楽を堪能しました!

本当に本当に素晴らしかった!

バク転あり、ジャージめくりで脚を露にしたり、ヒムロックと共に布袋さんのモノマネもでたり、ダーツやったり
ヨシツネさまからマジキスもらったり、
声も絶好調、印籠であまりの凄さに泣いた。

そんなマチソワでした。

オーラスカテコでは、3階まで超満員の観客を前に嬉しいお知らせをして、おめでとうの拍手と歓声を受けていました。
嬉しすぎて泣いたー

詳しいレポは多摩へ帰還してから書きたいです。

本当に本当に本当に素晴らしいチームびぎらぶ。

こんなにも楽しくて感動できる舞台を観られたことに感謝です。

ありがとー、チームびぎらぶ!
ありがとー、コウジヤマモト

ありがとーありがとーありがとー
声が枯れるまで叫びたい!
ありがとーありがとーありがとー



スポンサーサイト

カテゴリ: ざ・びぎにんぐ・おぶ・らぶ

tb: 0 |  cm: 0
go page top

ナニワのびぎらぶソワレ速報(追記あり)

今日のソワレも観ているナニワの監察方から
第1幕後の幕間に速報キタ~


こきんちゃん、なんかキモさ増し増しで
喋り方に時々ジョンソン先生入ってるで(笑)

最初にレキシーが「レキシーランドの開園です!」って言ってから、
登場人物紹介でバックスクリーンに「織田こきん 山本耕史」って映って、
こきんちゃんがセンターに出てくるところで
ジャージを太もも付け根までまくりあげて出てきたよ!!
びっくりした~もう、目のやり場に困ったわ~😆

人間鯉のぼりやったあとは自分で
「絶好調」
って言ってたよ\( ˆoˆ )/

カッコいい俺を叫ぶヨシツネの場面でヨシツネたんが
「大阪に来るとまあまあの確率でミナミのホストクラブに勧誘される!」
って叫んでて、なんかめっちゃリアルやった(爆笑)



(追記)

終演後にキタ監察方からのレポだす

ソワレは結局客席で倒れるんじゃなくて、
以下まで通りステージ上で倒れたてぁ〜〜(笑)
やはり、見えへんって言われたからかな~

でもでも
客席がマチネよりかなり盛り上がりが凄かったよ。
2回目のカテコで出てきたときに耕史くんがやっしーとコソコソ喋ってるから
「あ、これ喋って終わらす魂胆やな」
と思ってたらやはりそうだったみたい(笑)
結局3回カテコ呼び戻されて
「2回で終わらそうと打ち合わせたのに」
って言ってたw
やっぱりな~(笑)

振り返って上を見上げてみたら、二階席も三階席も皆んな大きく手を振ったり頭の上で手を叩いてて、指笛があちこちから鳴り響いてました!
すごい盛り上がりやった!!
耕史くんも
「大阪すごい…」
って思わず声がもれてました💕
で、そのあと、座長の
「早く帰ってください」
も(個人的に)久しぶりに頂きました*\(^o^)/*


おおおお
さすがナニワや
盛り上がってますがな!!
うちらも負けへんで!!(笑)
多摩からいくで~

カテゴリ: ざ・びぎにんぐ・おぶ・らぶ

tb: 0 |  cm: 0
go page top

ナニワのびぎらぶ速報(追記あり)

ナニワの監察方からびぎらぶマチネの幕間にメールがキタ~

劇場内には巨大パネルとレキシさんからのお花が
オリックス2


「こきんちゃん、絶好調!!
劇場中に美声を響かせてまーす」

おおお!
そうかそうか
よかったよかった
\(^o^)/\(^o^)/\(^o^)/


そしてこのお花の写メも!

オリックス1

嬉しいなぁ
前川邸さんからの変わらぬ応援

「新選組屯所」
という文字が浮き出て見えまする

ずっとずっと応援してくださってるんだよなぁ・・・

田野さんもきっと観劇されるだろう、びぎらぶを。
副長が登場するのをどんなふうにご覧になるかなぁ

このお花は本当に嬉しいです。


(追記)

監察方から、終演後ほやほやの報告キタ~


こきんちゃん、カオリコさまに
「近づかないで!!!」
って言われたあと、崩れ落ちるところで
客席までおりて地べたに突っ伏しましたぜ!

ひょえ〜〜

カテコは3回

最後はスタオベになったけど、
そのときにその客席の突っ伏しのことを
「あれ、面白かったですか?」
って聞いてたw
「見えない人もいるんじゃないか」
ってカオリコさまが気にしてくださってたよ( ´∀`)
そしたら客席からは
「見えへんで〜」
みたいな声も飛んだので、
「じゃあやめます」
って言ったこきんちゃんだった、

「やります」「やめます」のターン

最終的にどうなったのか
思い出せへんのやけど(笑)

ステージが低いから客席降りのハードルが演者的に下がってると思う(笑)


あっはははは~
さすがナニワのお客さんは反応エエなぁ

どうでした

見えへん

じゃあやめます

やります?
やめます?

ソワレはどうするのかな(笑)

どんな状況なのかはわからないけど、
なんかウケるううううう(笑)

カテゴリ: ざ・びぎにんぐ・おぶ・らぶ

tb: 0 |  cm: 0
go page top

ナニワのびぎらぶ開幕!



大阪美技ラブ初日

カテゴリ: ざ・びぎにんぐ・おぶ・らぶ

tb: 0 |  cm: 0
go page top

いやああああ~

いやああああああ
きゃあああああああ
ああああああああああ

だめえええええええええ

これえええええええええ

こんなん朝から見ちゃったら
どうすんのどうすんのおおおおおお

公式さん罪よおおおおおおおおおお
やだやだやだあああああ~

カテゴリ: ざ・びぎにんぐ・おぶ・らぶ

tb: 0 |  cm: 0
go page top

きゃあ~、おお~、うは~

きゃああああああ~
きゃああああああ~
びぎらぶ公式に白馬の義経さまがあああ~~


そして

おおおおおおお~
おおおおおお~
上山さんのインスタにコウジヤマモトがあああ

カコイイ~
こういう私服の方がイベントの服よりカコイイじゃないのぉ(^^;


さらに

うはあああ~
うはあああ~

レキシーさまの元に湖池屋スコーンの差し入れが!!

カテゴリ: ざ・びぎにんぐ・おぶ・らぶ

tb: 0 |  cm: 0
go page top

3/24東京オーラスのびぎらぶ(4)(追記あり)

(もうちょっとカテコレポが続きます
だいぶ記憶が飛んでて順序があやしいですけど(^^;)

河原さんのしめのお言葉が終わったが、会場はテンション上がったままやる気満々(笑)

このあとどうしよう~みたいな感じになって
レキシさんが
「どうします?アンコールでやっちゃいますか?」
などとおっさるから、もう会場は大歓声が上がって凄かった。
しばらく鳴りやまない拍手。

ホントはここでレキシさんたちとびぎらぶチームで1曲歌って欲しかったけど・・・
レキシさんが歌っちゃうと、大人の事情でいろんなものが発生してしまうからできないとのことだった。
(その辺を誰が説明したかは忘れました(^^;)

でも、レキシさんが最後にこうおっさってくださり、ホント感激しました。

「僕の曲でこんな素晴らしい舞台にしていただいて、ただただ感謝しています。
最初に殺されていましたけど(笑)
生きてて良かった~と思いました。
ありがとうございました!!」

鳴りやまない拍手が続く中、やっしーが

「千秋楽なのでこれから夜中までかかってバラシに入りますので早く皆さんに帰っていただきたいので、みなさん帰って下さい」(笑)

会場は大爆笑と大拍手

キラキラ武士が流れ始めて、ステージ上のみなさんが頭を下げて挨拶をして捌けて行った。
最後に耕史くん、レキシさんやっしー、茉優ちゃんが4人で手を繋いでバンザイのポーズで「や~~~」

すかす、まだまだまだまだ拍手は鳴りやまず
この前あたりでスタンディングだったかなぁ
いつの間にかオールスタンディングになっていた。

キラキラ武士がまた流れ始めて
みなさんがまた登場。

登場したもののどうしたらいいかわからないみなさん(笑)

どうしようか
どうします
みたいな感じでいたら、茉優ちゃんが

「今日は脇の立ち見の方もいらっしゃるんですよね」

「立ち見のみなさん、いかがでしたか!?」

とやっしー

脇の立ち見のみなさんから
「楽しかったです」
と言う声がして、拍手も起きた。

このままどうしようもないので(笑)
最後に河原さんの言葉で終わりにするということになった。

「ではみなさん僕の一言でかえってくださいね」

と河原さん

「池田さん、生まれてきてくれてありがとう!!!」

ここでキラキラ武士が流れ拍手のままお開きとなった。

ここでだったか・・・
コウジくんは流司くんと肩を組んではけていった気がする。

みんなが捌けて、カテコが終わっても、拍手がしばらく続いていました。
その拍手は、アンコールを促すようなリズムのある手拍子ではなく、素晴らしい舞台をありがとうという気持ちの拍手でした。

これで東京のオーラスが終わった。

座長はいつものカテコとは違い、今回のカテコではあまり話さなかったけど、ほっとしたような嬉しいような穏やかな微笑みでござった。

アドリブやカテコのトークはまだいっぱいあったとは思うのですが、記憶曖昧なところも多くてスンマセン

オーラスの雰囲気が少しでも伝われば嬉しいです。

(追記)

東京オーラスの写真がアップされていますな
・ディップスプラネット
・びぎらぶ公式ニュース
・スパイス
・トウキョウヘッドライン

ナニワのびぎらぶが無事に完走できますように!!
チームびぎらぶのみなさん、がんばってください

ナニワでも稲穂が無事に振れますように
\(^o^)/


「デリカシーゼロばばあ」
を待ってるよ(笑)

カテゴリ: ざ・びぎにんぐ・おぶ・らぶ

tb: 0 |  cm: 0
go page top

3/24東京オーラスのびぎらぶ(3)

(カテコの続きです)

ここで、耕史くんの歌についての話になり

「あんなに素晴らしく歌っていただいて」
「今度一緒に歌どうですか」
みたいなことをレキシさんがおっさり

やっしーが

「今度レキシさんのアルバムにも参加して、耕史歌えばいいのに」

と言うと、会場から歓声と拍手が!!

するとレキシさんが

「なんなら全曲歌っていただいても」

なんておっさるから大歓声と拍手が!!

やっしーが

「それって山本耕史のアルバムになってしまうじゃないですか」

と言うと、レキシさんが

「アルバムタイトルは「待たせたな」でいいんじゃないですか?」

なんておっしゃるから、ますます盛り上がる会場
おおお~とかひゅうーとか歓声とともに拍手喝采

そして、耕史くんのギターの話になり

「みなさん、彼がギターを弾いてるのわかりましたか!?
最初のうちあまりにも上手すぎて、エアーギターじゃないか?って言われたり・・・
ホントに弾いてるんですよね」

とやっしー

「だから、ちょっとわざとヘタに弾いてました(笑)」

と耕ちゃん。

今日の声がれについても

耕史くんが

「まさかこんなに声が出なくなるとは思いませんでしたけど、なんとかやり切りました」

拍手拍手拍手!!!

それを聞いたレキシさんが

「俺なんかライブの2日目でもう声がボロボロになってるから(笑)
そこまでマネしてくれたんですね」

とフォロー。
レキシさん、ホントに優しい方だなぁ・・・

客席も笑いと拍手に包まれていた。

耕ちゃん、がんばった~~
レキシさんありがとううううう

ここで河原さんが〆に入り

「脚本が1ページも出来ていない状態でみなさんがオファーを受けてくれて本当にありがとうございまし!!
えっと、あと、裏にいますけど、スタッフがみんながんばってくれました。」

とキャストとスタッフに感謝のことばを送っていました。

ここで会場は大大大拍手と歓声

普通の舞台に比べて、あの展開の速さと大きさは凄かったもんなぁ
スタッフのみなさんの素晴らしいスタッフワークにただただ感謝ですうう

カテゴリ: ざ・びぎにんぐ・おぶ・らぶ

tb: 0 |  cm: 0
go page top

3/24東京オーラスのびぎらぶ(2)

アドリブはまだまだあった気がするけど、忘れちゃった(^^;
スンマセン・・・

ってことで、カテコのレポをば書きまする。

※言葉は正確じゃないし抜けてる所も多いと思いますので、そこんとよろしく

まず、カテコの前に、こきんでゴー、あ、違った(笑)、古墳でGO!の最後にレキシーと一緒にレキシさんご登場で、会場はおおおおおお大盛り上がりになった!!

さーっとステージを1周して去って行かれたが、
レキシさんがいるうううううっってだけでテンション上がったっす


そして、カテコへ・・・

再びレキシさん登場、
演出の河原さんと共にステージへ

会場大拍手が続き、やっしーがタモリみたいに拍手を「ぱんぱんぱん」と先導した。
お約束の
「タモリじゃない~」
で〆てから、レキシさんを紹介

「皆さん!こちらケビンコスナーです」

とやっしー、するとレキシさんが

「ケビンコスナーで〜す!!」

と言うと、客席から「ケビン~~~」の掛け声が。

舞台冒頭の映像でも、レキシさんの遺志を継ぐ俳優がキタ~ってところで
「ケビンコスナー来たの!?」
みたいなレキシさんの声が流れてたもんね。

レキシさんのファンの間ではいつものケビンがネタなのかな(笑)

会場大盛り上がりの中で河原さんが
「(レキシさんは)こう見えて緊張しいなので、
僕が一緒じゃないと出ないって言うから
付き添いってことで来ました」

うおおおおお~
歓声と拍手でますます盛り上がる会場

レキシーとレキシさんがほぼ同じビジュアルで並んでいるのがウケるううう

ここで茉優ちゃんの突っ込みが

「お二人の髪型がそっくりって言われてますけど、
こうして2人並んでみるとそうでもないかなって」

それを聞いたやっしーが

「髪の量とか角度とか、ちゃんと合わせて作ってもらったんですよ」

と返した。

ほぼそっくりだと思うけどなぁ・・・

そして

河原さんかが観客へ向けておっさった。

「レキシの音楽のファンの方々、今回の舞台で初めてレキシの音楽に触れた方々、そういう方たちがみんな一緒になって舞台を観て、笑ったり、稲穂を降ったりして・・・
そういう光景を僕が後ろの席で毎日観ることができて、本当に幸せでした!ありがとうございました」

会場大拍手

私も、
「こんな素敵な舞台を作ってくれて河原さんありがとう」
という感謝の思いで拍手しました。

カテゴリ: ざ・びぎにんぐ・おぶ・らぶ

tb: 0 |  cm: 0
go page top

3/24東京オーラスのびぎらぶ(1)

父の退院を無事に見届けて、多摩へ帰還しました(^^♪

明日からナニワのびぎらぶが幕を開けますな~

東京オーラスからずいぶん経ったような気がしてしまい、今さら感もあるけど・・・
やっぱ自分の思い出用に東京オーラスについてちょっと書きまする。
(おもにカテコレポと感想だす)

※カテコなどは終演後にメモったり、仲間からいろいろ補填してもらったものを書きますが、言葉とか順序とかあいまいなところも多いので、あくまでもこんな感じだったという程度のレポです。そこんとこよろしくです。


脇の通路までぎっしりの立ち見がでるほどの大盛況ぶり
熱い熱い観客は、ほら貝から拍手喝采

そんなオーラスは、ハプニングあり、アドリブ多めで
最後はレキシさんのご登場で大盛り上がりだった。

千秋楽って、なんか仲間内が全員集合的な感じがあって
久々に会えた方々、ここまで一緒に通いまくってきた友だち、
再会を喜び合ったり、情報交換したり・・・
長らく忘れていたこの感じ、
やっぱ推しの舞台は特別だ~
これ!これ!これだ~
と嬉しいやらテンション上がるやら緊張するやら
東京公演が終わる寂しさも感じるやら

・・・幕が開く前からエネルギー使いまくるもんですな

ああ、ホント久々だった、この感じは。

すかす

コウジヤマモト、
東京の最後にハラハラドキドキさせてくれるよなぁ(笑)
決して安心させてくれないところがファンの醍醐味です(あはは)

こきんちゃん、声が掠れたりしていたが
歌に関しては鉄壁だった。
そりゃ、何度も聴いている側だと、
ここで音下げたな~
とか
ここはもっと声が伸びていたな~
とか、いろいろ前と比べるからそう思うんであって
歌は素晴らしかったすよ。

印籠なんて、ちょっと掠れた感じがブルースっぽさをより際立たせていたし
この歌を歌いこなすハードルの高さがあって、いつもより鬼気迫る歌になっていた。
すごい迫力で、なおかつ、なんか色っぽかったもんね

あらゆるテクニックを駆使して次々に歌いこなしていくコウジヤマモト

古墳へGO!まで歌い切ったもんね
最後まで聴かせてくれたなぁ


全体的にいつもよりハスキーなこきんちゃんだったけど、こきんちゃんはキャラとして出来上がっていたから、声のトーンが多少違ってもこきんちゃんはこきんちゃんだった。

台詞に関しては、ちょっと声がれが出てしまったところが何度かあった。
それがいちばん顕著だったのが副長の「待たせたな」だったとは・・・
なにかの運命か(いやそんな大げさなもんちゃうし(笑))

掠れ声の「待たせたな」

ある意味貴重やで。

それに続く

「俺は土方歳三だ」
「ってこんな声の土方歳三いないけど」

と自らアドリブで笑いを取ってるのがまたもう~
自虐ネタぶっこんでくるってのがたまらんわさ

いいのいいの、声が掠れた副長でもいいの!
そういうのもありだもん!!
ホントの副長だって第1次二股口攻撃の時には16時間に及ぶ銃撃戦で、声を上げまくってて枯れてたかもしれないもん。
いや枯れていたに違いない・・・

今日の副長は二股口から五稜郭に戻った直後の副長だったのだ!!

・・・などと脳内であれこれ補充しつつ観ていたのだった(笑)
組脳なんで、勝手に頭の中であれこれ物語が作られてしまうんどす(あはは)


でも、副長のあとは、舞台に立ちながら回復させていたのが凄い。
いや、回復はしてなかったんだろうけど、きちんと修復しつつやってくれたから、最後まで楽しめましたぜぃ


アドリブいっぱいあったけど、いざ書こうとすると出てこない

・こきん登場でいきなり両鼻にティッシュっを詰めてて
「ふん」ってやって鼻のティッシュを吹き飛ばしていた。

とか

・鯉のぼりで部屋に戻ってから
「あ~これで終わりだ、ホッとしたなぁ」
っておっさっていた

とか

・お茶屋で腰元さんに突き飛ばされて
ころころころころと3回転した

とか


・ヨシツネさまのアドリブコーナーでは

「いったいどこからこんな凄い役者を捜してきたんだ
劇団ひまわりか凄いな」

みたいなことをおっさっていて
それに対して、こきんちゃんは

「俺も劇団若草にいた、いやですぐやめたけど」

っておっさって
やっぱ

「千秋楽でもいいますけど
楽屋ではほんと可愛いやつなんです」

とヨシツネくんにラブコールしてた(笑)

とか

・オーラスかどうか記憶曖昧で、どの場面かも忘れたけど
やっしーが
「前に番組でMCやってた。
2人の食卓っていう番組で」
と言ったら
「あ、その番組俺も出たことあるわ」
ってこきんコウジが言ってたなぁ・・・

なんでこの番組の話題を今出したのだろうか!?
(耕史くんのゲスト回は2010年11月オンエアだったな
その時の拙宅の記事はこちら)


(2)へ続く

カテゴリ: ざ・びぎにんぐ・おぶ・らぶ

tb: 0 |  cm: 0
go page top

娘のびぎらぶ

娘もレキシーランドに上陸していました。
東京びぎらぶの中日過ぎに母娘で揃っての観劇。

娘は
「山本耕史主演でレキシの曲を使った舞台」
ということだけの前知識での観劇。
レキシの曲は「狩から稲作へ」の1曲のみ知っていた。
(娘の学生時代の友がレキシファンで娘が出席したその友の結婚披露宴で「狩から稲作へ」が流れたそうな)

そんな娘のびぎらぶ感想をちょこっと紹介いたしまする。


1幕が終わって休憩に入ったときの娘の第一声

「もー意味わかんない
わけわかんない
意味わかんない
なんなのこれ!
なんなのなんなの
楽しすぎる!!!!!」

かなり興奮していた娘。

娘の「意味わかんない」は意味が分からないんではなくて、
「すげー」「やばい」ってことを言ってます(笑)
なにせボキャ貧な娘なので、ひたすら
「意味わかんない」
を繰り返し、かなりテンションが上がっていた。

「コウジヤマモトの歌声ってやっぱすごい
あんなキモいジャージニートでキモいこと言ってて
動きもキモくて、あ~あな感じなのに
歌い出しとたん、ええええええ~ってなる」

「隣の人も、うそ~~~みたいに驚いていた(笑)」

「歌い出すと一瞬で偉大なミュージカルスターになるところがすごい」

「歌って踊るのに声がぶれないしノリノリ感がいい!
リズムに乗ってる感が観ていてすごく気持ちいい」

「1曲1曲で全然歌い方が違うっていうか
曲の雰囲気ごとに声のトーンが違うっていうか
どんだけ声を操れるんだろうこの人はって思った」

なるほど、娘にしてはなかなか上手いこと言うじゃんか!!

びぎらぶに関しては

「意味わかんない
楽し過ぎてわけわかんない」

の一点張り(笑)

つまりは極上のエンタメであると言いたいんだろう、きっと。

娘には
「二幕はもっとすごいから」
とだけ言って休憩は終わった。

さて

終演後の娘は・・・

「すっごく楽しかった~
あっという間だった」

「こんなに満足して楽しい楽しいって言える舞台はあんまりないよね」

「一休さんのところは笑い過ぎて泣いたよ。
次の場面になってからも、一休さんズが面白すぎて笑いが止まらないままで、周りはもう誰も笑ってないのに笑えて来て笑いを我慢すると涙がボロボロ出て、ほんと苦しかったよ」

苦しいほどウケたのか(笑)
なんでそんなにバカウケしたの?

「わかんないけどツボにはまっちゃってぇ~
あんな狭い部屋にお坊さんがぎっしりいるのがおかし過ぎて
あ~だめだ、今思い出しても笑いが止まらなくなる、くっくっくっ・・・」

と、涙を浮かべて笑う娘(笑)

「八嶋さんってホントにすごい舞台の人ってのがわかったし
他の方々もみんなすごいから、舞台のレベルがすごく高いと思った」

「ダンスもそうだし、舞台の転換とかそういうのも凄いし」

「すごい」しか言えないボキャ貧娘なんだが・・・
言いたいことはわかる。

「日本のオリジナルでもこんなに面白い舞台が作れるんだ~と思ったよ」


コウジヤマモトに関しては

「ほんと凄い人」

と、またまた「すごい」しか言えない娘(笑)


「副長が出てきたでしょ」
って言うと

「うん、あれね・・・
見たときに、その姿がどうのよりも
ああ、これ見てお母さん喜んだだろうな
お母さんのお友達も喜んだだろうな
ってのが真っ先にきちゃった(笑)
舞台の土方歳三よりも、お母さんとお母さんの仲間の人たちの顔が浮かんじゃった(笑)」

あっははははは~
そうかそうか、すまん(笑)

そして、そのあとの娘の感想が独特だった。

「とにかく最後の古墳の歌のコウジヤマモトがカッコよすぎて
ひゃ~かっこいいってちょっとファンになりかけたよ(笑)」

「あそこがいちばんキュンっとなった」

え!?
そこなの!?
えええ!?

あまりに思いもよらない娘の萌えポイントに唖然

「鎌足は!?」

と聞くと

「たしかにそれは素晴らしかった!
和装はさすがに似合いすぎるが・・・
それよりもなによりも最後のこきんちゃんがカッコイイ」

なんでなんで!?
確かにさわやかな青年で素敵だけど・・・
鎌足よりあれがカコイイとは・・・

「 もちろん鎌足めちゃめちゃ似合ってさすがだと思ったけど、
俺かっこいいだろー!って真正面からこられると逆に引いてしまう(笑)
ものすごく似合っててかっこよさの極致だったけど」

と娘。

「だって、古墳のこきんちゃんの服装は、ちょっとだぼっとしたデニムに、大きめのチェックを羽織ってて、あの八頭身なスタイルのよさがあまりわからない服じゃん」

と言うと

「ダサかっこいいほうが、さらにかっこよく見えるから好き!
 メガネも似合うし!」

と娘は言い、
さらに、こんな驚きの発言が

「この作品の中でというより、今までのコウジヤマモト(私服も含めて)の中で1番かっこいいと思った」

えええええええ!?
そうなのかああああ
あの古墳でGO!のこきんちゃんが今までのナンバーワンなのかぁぁぁ


「そんなこと言ってる人、私の周りのコウジファンには誰もいないよ」

というと

「そうなの
あんなにカコイイのに」

と娘。

娘のかっこよさの基準がわからん(笑)

斬新な感想だった(笑)

「何度も観たくなる舞台だった
できればもう一度観たかったなぁ
ホントにホントに楽しかったよ~」

と、娘の感想はここで終わりです。

いや、ホント、いつも娘の感想は面白いっすよ(笑)

カテゴリ: ざ・びぎにんぐ・おぶ・らぶ

tb: 0 |  cm: 2
go page top

こきんロス

東京オーラスが終わり、昨日は仕事だったのだが…

オーラス打ち上げで深夜帰宅し、公演中はいろいろあってすべてのパワーを使いきったので、月曜日はヨレヨレだったぁ(^^;

立っているのもやっとっていう中でも気力だけで乗り切った(´Д`)

仕事中には
「勝手にはいってくんなよー
デリカシーゼロばばあ」
とか
「とんち、関係なくね!?
千秋楽なのにそんなくそみてえな相談しやがって
とんち、関係なくね!?」
とか
「ひーみーこーですからー」
「わああああ」
とか
(胡蝶さんのわあああーが素晴らし過ぎてツボ(笑))
とか

いろんなびぎらぶが浮かんできて、へらへらしてしまった。

特に
「デリカシーゼロばばあ」
がツボで、独りで思い出し笑いしてしまった。
仕事は大丈夫だったのかあ(笑)


ほんとは東京オーラスの記事を書いている途中なので、ゆっくり自宅で思い出しながらブログに
没頭したいのだが。

今、新幹線に乗って越後へ向かっています。
父が今日退院することになり、付き添いのための帰省でおじゃる。

初日直前に緊急入院した父だが、無事に今日退院なのだ。
初日こそだめだったけど、東京公演中は入院していて、東京オーラスのあと退院、しかも、大阪びぎらぶ前!
なんと絶妙なタイミングの退院なんだ!
おとーさん、ありがとう(ToT)
こんな親不孝な娘なのに、びぎらぶのチケット分の稲穂を振らせてくれてありがとう(ToT)

書きかけのオーラス記事は、多摩へ帰還したら続きを書いてアップするつもりでおじゃるよ。
終演後にメモしたし、仲間からいろいろ補充してもらったカテコレポも、書きたいっす。


そんなこんなで、ちょっと落ち着いた気持ちになって新幹線に乗っていると、次々に甦る

あのこきん
そのこきん
このこきん

もちろん、二幕のかっこよさを極めたこきんも甦るから、萌えまくるのだが。

今日は可愛いこきんちゃんばかりが思い出される。

茶屋の場面で、カオリコちゃんに話しかけられて動揺してるこきんちゃんの可愛さといったら、もー

「あ、はい、そうっすね」
「はい、そうです、はい」
「い、いえ、なんでもない、ええ、はい、そうです」

首をピョコピョコさせて何度も何度もうなずきながら、ひとこと返す度にお茶を飲む
緊張のあまり喉が渇くんだろう。
こういう繊細なところまで表現するんだよなぁ、コウジヤマモトは。

「お客さん、デートですね」
と腰元さんにひやかされてどつかれるこきんちゃんのあたふたぶりが、ホント可愛いんだよなー

千秋楽は、腰元さんにどつかれて、椅子から転げ落ちてくるくるくるくると3回転しながら転がっていたもんね(笑)

可愛いなーこきんちゃんは!


特に

カオリコちゃんの過去を卑弥呼さんに見せられているときのこきんちゃんが、可愛さマックス!!

手で顔を覆いながら、チラチラ見ては、口を手でふさいで
「あっ」
「うー」
って絶句してる。

このときのこきんちゃんの可愛さは異常!!
乙女のような可愛さとけなげさがあるんだもん。 膝も閉じて座ってるから、なおさら乙女度が高くなっているのだ。
カオリコさまの知られたくない過去の痛々しさを見て、自分のことのように胸を痛めているんだよなぁ
ホントに純粋なのよ、こきんちゃんは。
こきんちゃん自身が繊細でピュアで傷つきやすいからこそ、カオリコちゃんの過去を自分のことみたいに受け止められるんだろうな。

こきんちゃん、ほんとは切なくて優しい人なんだよね。

そんな風に思わせてくれるこきんちゃん。
キモくて情けなくて、ダメなやつなんだけど、こんなにも可愛くなるのだ。

耕史くんが演じると、どんな役でも、人としての優しさや純粋さや切なさがにじみ出てくる。
それは彼の持つ人間性なんだと思う。

ああ、こんな風に書いていると、こきんちゃんに会いたくてたまらなくなるううう

こきんちゃんが愛しいよー

「デリカシーゼロばばあ」
が聞きたいよー

こきんロスはもう始まっている。

以上、新幹線車中からのご報告でした。

って、誰になんのための報告なんだい
要らねーっつうの(笑)

「こきんちゃんに会いたくてロスが大きいんですけど、どうしたらいいんでしょうか!?」

こんなときは

♪そうだ、
一休さん一休さん
一休さんに相談だ!♪

(笑)(笑)(笑)


カテゴリ: ざ・びぎにんぐ・おぶ・らぶ

tb: 0 |  cm: 2
go page top

終わった(追記あり)

びぎらぶ東京千秋楽を見届けて
今、多摩へ帰還しました(^^♪

レキシさんの登場で大盛り上がりだったオーラス

座長をはじめとするチームびぎらぶのみなさま
素晴らしい舞台をありがとうございました。

本当に本当に楽しい舞台でした。

ありがとう、こきんちゃん

ありがとう、みんな

ありがとう

ありがとう

ありがとう

夢のようなひとときをありがとう

(追記)

・TOKYO HEADLINE
レキシ楽曲のミュージカルの東京公演がフィナーレ!「生きていて良かった」


カテゴリ: ざ・びぎにんぐ・おぶ・らぶ

tb: 0 |  cm: 0
go page top

びぎらぶあれこれ

記事ではおもにコウジヤマモトのことを書いているのだが、他にもお気に入りのツボがある。

・りんこさんの
「ひーみーこですからぁ」
がなぜかツボってる。

・将軍登場のキャンパスシーンのレキシーの女子大生姿が好き(笑)
なんか、こういうやつおる!!
みたいな。
服装がオカッパ頭にハマってる。

・ヨシツネさまのウィンクがたまらん。
袖に引っ込み間際にウィンク
濃くなくてかるーく、一瞬なのでよく見ていないと見逃す早さ。
なのにすんごくキュートで、一回見てしまうとハマってしまい、ドキドキするウィンク。

・旧石器ーズのラップ
登場から虜になるやつら(笑)
まだ猿人から人間成り立てみたいな雰囲気があって旧石器テイストを醸し出してる。

・一休さんズの中のすげー短気なお坊さん
「とんちなめんなよ!」
とか、すぐキレるキャラづけ
なぜにこのキャラ?と不思議になるがツボや(笑)

・カイルさんは、龍馬はもちろんだけど、
サコクに出てくる外人役がイケメンでツボ!

まだまだ追記します(*´∀`)

カテゴリ: ざ・びぎにんぐ・おぶ・らぶ

tb: 0 |  cm: 0
go page top

3/23前楽のびぎらぶ(2)

昨夜の前楽のツボ

・カレーが食いたいシーン

ここはもう金八先生固定なのね(笑)

昨夜は友に聞いていた通り
♪赤いカレーと緑のカレー♪
って歌ってた。

ここのこきんちゃんは、頭をぶんぶんぶん回すから、ザンバラ髪がさらにザンバラ度を増して、
前髪が顔にかかってズタボロになる。
その前髪の隙間からのぞく黒ぶちメガネの奥の眼がめっちゃキモい(笑)
ザンバラ髪の隙間からキモい眼が見えるから、普通に見るよりさらにキモい(笑)

キモさを極めようとしてるのか、コウジヤマモト(笑)


・ヨシツネさまの「かっこよすぎてごめんな」シーン

ここは最近は毎回アドリブぶっこんで来るヨシツネさまなだが

昨夜は

「笑いをとっても歌っても踊ってもなにをやってもカッコイイ
 2.5次元のミュージカルなんとかかんとか」

ホントはこの後も続けるはずだったんだろうけど
「2.5次元の」
のあとが盛大に噛みまくって爆死(笑)
そのまま頭を突っ伏し倒れてた。

それを見ていたこきんちゃんが

「なにやってんの
つづけるの?
このまま続けるの?」

すると、ヨシツネ様は何ごともなかったかのように起き上がり
いつもの片手側転&滑り込み&こきんアゴこちょこちょをして
華麗に去って行かれた。

客席から歓声と拍手

そして、残されたこきんちゃんのひとこと

「何やってもウケるんだね」

客席大爆笑


・タブラ復活の呪文シーン

「小器用になんでもやるから」

とレキシーに言われたこきん義経たんは

「努力してるから」

と返すと(これは前にもあった)

レキシーが

「努力してるよなぁ
努力の賜物です」

って言ってあげてた。


・古墳でGOの歌い出し

ここは毎回ヒムロックなんだが・・・
昨夜は、さらにさらにヒムロックに磨きがかかっていた(笑)
ヒムロックでおなじみの客席に向かって言う
「なんだって」
も追加されていた(笑)

そういや、終演後に客席の男性が連れの方にむかって
「ヒムロだったね」
っておっさっていた。
そうなのか、わかる方もけっこういるんだ。
金八先生(こきんちゃん)、古畑さん(レキシー)と違って、そんなに一般ウケしないのではと思っていたけど、けっこうわかる人も多いのね~

わかるといえば、縄文人こきんちゃんがナウマンを倒すのに、毎回ドラゴンボールの技を繰り出しているんだが、ドラゴンボールを見たことがない拙者にはじぇんじぇんわからん(笑)
「きっとドラゴンボールのなんかなんだろな
舞台上で悟空やれてよかったね」
という謎の親戚のおばちゃん目線で見ている(笑)

ゼビウスもツインビーも知らないから、ググってみたし(笑)


・昨夜のカテコ

「もうあと東京は1公演となりました」
「大阪がありますけど」
とコウジヤマモト

するとやっしーが
「大阪は中止になりました」
などという大ウソを吹いたもんだから
茉優ちゃんに
「何言ってるんですか!!
大阪はちゃんとあります
チケット買っているひともいるのに
そんなこと言うなんて」
と怒られていた。

昨夜は最前列下手通路の男性2人の稲穂がなかったらしい。
それを座長がすごく気にしていて、舞台上からお二人に話しかけていた。
稲穂の場面で客席降りするときに藤井さんが気を利かしてお二人に自分たちの持っていた稲穂を渡したので途中からは振れたらしい。
「藤井さんからもらいましたから」
とそのお二人は座長におっさっていた。

藤井さん、さすが!!!!!!


・カテコでは、またまた佐藤きゅんにふる座長

なんかやって、みたいなことを促すと
佐藤きゅん、うううう~って感じにためて
一気に
「コンプレックスも何もない俺」
とものすごく力んで期待に応えてくれた(笑)
例の「かっこよすぎてごめんな」の時の同じ口調で。

会場オオウケ

すると、座長はひとこと

「何やってもウケるよね」

それを見ていたやっしーが

「コンプレックスないの~!?
こっちはコンプレックスありすぎる」

みたいなことをおっさったみたいだった。
このへんは、客席の爆笑が大きくと聞き取れなかったっす(^^;

昨夜の座長は(めずらしく(笑))カテコの最後まで残ってて
茉優ちゃんと両手を上げて「や~」って万歳をして捌けていきました。

さあ、今日の東京オーラス
カテコにはなにか起きるのかな~~

オーラスってのが寂しいけど期待してまするううう
\(^o^)/\(^o^)/\(^o^)/

カテゴリ: ざ・びぎにんぐ・おぶ・らぶ

tb: 0 |  cm: 0
go page top