FC2ブログ
01«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.»03

Calender

New Entries

レクブログ法度

誠に生きる 第一章

誠に生きる 第二章

2011箱館の旅 (途中)

妄想ドリームチーム

Links

Category

All Entries

SOZAI

QR code

リンク

誠に生きる〈第三章〉  

副長を崇拝しHEDWIGを愛し山本耕史さんを応援する日記

明日のめざまし

友からおしえてもらった!!
友よ、ありがとう\(^o^)/

フジテレビのめざまし公式ツイにコウジヤマモトが!!

これこれ

めざましジャンケンには7時35分ごろご登場らしい。

なんだなんだ!?

なぜにめざまし!?

びぎらぶの宣伝!?

いや、

やはりクイーンの吾妻さま絡み!?

なんだろなんだろ!!!!!????

とにかく録画予約せにゃ!!

なんだなんだなんなのだあああ~

スポンサーサイト



カテゴリ: スキャンダル弁護士QUEEN

tb: 0 |  cm: 0
go page top

アカデミーナイトGのインタビュー(3)

「主演の山本殿に今だから聞いてみたいことは?」

と聞かれて

井上さんが
「山本さんは台本を持ってやってるのを見たことがないんですよね
いつやってるのかな!?っていうのが(聞いてみたいです)」


これに対して再びコウジヤマモト登場

「だいたい1個の、例えば3時間ぐらいであろう台本、引かないでくださいね
だいたい1時間ぐらいで覚える」


アカ7


そう聞いて「えええ~」っとお侍ちゃんが引いていた(笑)

「本をね、いついまでも僕持ってると、全然覚えないから、逆になんとなくパパパッと入れて・・・いろんな覚え方をしてるんです。頭の中で記号をふったり・・・」

受験勉強のオリジナルな暗記法みたいとお侍ちゃんが引きつつ言っていた(笑)

「基本的に、覚えてからページをめくるから。めくったところはもう覚えてる。
引くでしょう!?(笑)」


余裕の笑みなコウジヤマモト

「引いてます、ずっと引いてます
ええええええ~
すげぇぇぇぇ~~」

と驚きのあまり引いているお侍ちゃん(笑)



インタビューの最後に画面に向かっての座長のメッセージ

「たくさん話しましたけど。
ホントにバラエティに溢れるキャスト、そしていろんなタイプの曲がありますし、簡単に言えば、テーマパークに来るような、そんな、まだ何時間になるかははっきりはわかりませんけど、その数時間をみなさんと共に共有したいと思います。ぜひ観に来てください」


アカ8


耕史スマイルでインタビューは終わった。

アカ9


なんか顔が白い!!
ますます色白で、白いというより透きとおっている感じ
その透明度は奇跡じゃ~

お稽古中だからか、さらに顔がほっそりだった。


今話せるギリギリなんだろうなぁ
観てのお楽しみってことじゃ~

とにかく「アトラクション」という言葉を何度も使っていた耕史くん。
この言葉が核なのかな

2人副長っていうのは理想の副長と実際の副長で
そのギャップ・・・みたいことなのかも!??・・・と思ったりした。
勝手な妄想ですけど(^^;


とにかく

テーマパークへゴーじゃあああ~

カテゴリ: ざ・びぎにんぐ・おぶ・らぶ

tb: 0 |  cm: 0
go page top

アカデミーナイトGのインタビュー(2)

コウジインタビューの続き

愛のレキシアターと銘打った愛のストーリーとはどんなものかと聞かれて

「どの時代にもね、もちろん愛ってものがあるんでしょうし・・・
でまぁ、僕が今回やる役っていうのが、こきんという、35歳でニートで引きこもりみたいな、そういう彼がアトラクションに紛れ込んで、自分がネット上でとってもこう追いかけていた歴女の、その歴女を松岡茉優ちゃんがやるんですけれども。彼女と出会って、自分という殻をなんかこう愛によって開いていくみたいな結末はありますから、そういった意味ではね、ちゃんとしたストーリーもありますし・・・
ストーリーと共に大胆なふり幅のある世界観もあるという・・・」


アカ5


アカ6


むむむむむ
じぇんじぇんまだまだわからんけど(笑)

愛とはなにか?を突き詰める物語なのかな
愛の力は何よりも大きいみたいな!?
自分探しみたいな!?

最後はぐっとくる

とにかくアトラクションという言葉が何度も出てくるから
どんな世界に連れて行ってもらえるのかがワクワクじゃ~



ここで、佐藤くんと井上さんのインタビューになった。

どんな役を演じるのかと聞かれて

佐藤くんは

「俺の役は、山本耕史さん演じるこきんっていう人物が想像上で生み出したキャラクターです」

今回はこきんちゃんが引きこもりニートというダメな人だから、そのこきんちゃんが描いた理想の人物を演じるということらしい。
すごいイケメンで歌もダンスも出来るみたいな役柄とのことだった。

むむむむ
そうか、そうなのか
耕史くんと佐藤くんでダブった人物がいる意味がちょっとわかった気がした。

井上さんは

「お侍ちゃんとけっこう一緒にいるシーンが多くて、レキシーランドの従業員で、私はくノ一の役で、お侍ちゃんはお侍ちゃんで」

お侍ちゃんがこれを受けて

「そうなんですよ、拙者だけね、お侍ちゃんで役もお侍ちゃんっていう、なんだろうなぁ、唯一役作りが要らないという」

みなさん爆笑

役作りの話から、役作りのために今やっていることを聞かれ

佐藤君は
「今回は義経っていう役なんですけど、実は義経以外にもちょっといろいろやることがあるんで、その人物の本を買って読んでますね」

井上さんは
「くノ一の役なんですけど、殺陣とか今までやったことがなくて、個人的にちょっと先生のところに習いにいきました。」

殺陣を習いに行ったから効果はあったのかというと、でも

「全然できなくてびっくりしました。
とにかくくノ一のしぐさがありませんようにと祈ってます」


みなさん爆笑

井上さんって、質問をされても
「なにを聞かれてたんでしたっけ!?」
とか言うし、
くノ一の役なのにくノ一のしぐさがありませんようにと祈ってるし(笑)
ほんわかな口調で言うのがめっちゃウケるうう
もしかしてけっこう天然キャラなお方なのか(笑)
カワエエなぁ


演出の河原さんやお稽古についての印象はと聞かれて

まず稽古について

佐藤君は
「とにかく時間がない時間がないって言いながらやってるんで。
もう、振り付けとかをつけた段階からお芝居をつけていくんで、お芝居もまだ同じシーンを2回ぐらいしかやってないんで、もう急いでやってるって感じですね」


稽古の進み具合がすごく早いみたいだなぁ


井上さんは
「できないところとかいっぱいあるんですけど・・・あのおマンツーマンで指導してくれたりとか、すごい一人一人にちゃんと目を向けてくれてる素晴らしい演出家の方だなぁと思いました」


河原演出については

佐藤君は
「奇想天外な演出というか、そうなるんだみたいなことがたくさんあって・・・・
(言葉につまって)
言えるところがあまりないので・・・
でも、マジか~みたいなところがたくさんあって」


今なかなか言えなくて難しいながらも、とにかくびっくりするような演出らしいのはわかったなぁ・・・

ここでお侍ちゃんが

「とにかく着替えが多いなっていう」
「今は衣装を着替えてやってるわけじゃないじゃない
だから、(実際の舞台で)着替えて間に合うのかな~みたいな
舞台裏はバタバタしそうだけど出来たらすごそうだなって」


とおっさった。

早がわりの連続なのか~
ふふふふふ

カテゴリ: ざ・びぎにんぐ・おぶ・らぶ

tb: 0 |  cm: 0
go page top

アカデミーナイトGのインタビュー(1)

※この記事にはかなり舞台の内容について新しい情報が出てきます。

昨夜の『アカデミーナイトG』
貴重な出演者インタビューがキマシタ!!

まずは、レキシさんのライブ&プロモ映像が流れ、
びぎらぶについてのざっくりした説明

そして

「今わかっていることは出演キャストとレキシの音楽を使用することのみ。そこで今回は出演者でありながらチョイ役のため全貌をよく知らないお侍ちゃんが稽古中の主演山本耕史、佐藤流司、井上小百合にインタビュー。謎に包まれた舞台に迫ります」

というナレーションでインタビューが始まった。

お侍ちゃん、
コウジヤマモトを迎えてけっこう緊張!?

笑顔で登場したこきんコウジちゃん

アカ2


※耕史コメントは青字。

言える範囲でのざっくりしたあらすじを聞かれ

「ま、あのぉ、もちろん、あの音楽がミュージシャンのレキシさんの曲を全編使うので、ご存知の方はもちろんご存知だと思いますけど、レキシさんってのは、いろんな時代の人だったり、たとえば憲法だったり・・・いろんなものをテーマに曲を創られてる方なんですけども・・・。
そこに関係するお話を前後にこう作って、その曲に向かって1曲1曲話が飛んでいくので、時代もひとつの時代というよりはいろんな時代に飛んでいくアトラクションのような、まさにアトラクションに行くような作品なので」


アカ1


「ま、ラストの方には旧石器時代まで行きますから・・・。
最古の時代劇じゃないですか(ニマ)」


アカ3


「ま、こうやって聞いてるとどんな感じ?って想像つかないんですけれども、ま、想像つかないところがこの作品の魅力になっているんじゃないかなぁって思うんですけど」

むむむむ

じぇんじぇんわからん(笑)

ラスト近くが旧石器時代だということだけがわかった(笑)
稲穂振るぜぃ

「最古の時代劇」(笑)


次に共演者について聞かれ

松岡茉優ちゃんについては

「すごい頑張るというか頑張り屋さんでもあるし、真面目にものごとにまっすぐ進んでいく。
で、わりと度胸があるというかね、ものおじしない感じの女優さんなので、自分からいろんなことをトライしていくし、すごい頼もしいですよ、まだ若いのに」


治部殿、春殿を絶賛(笑)


佐藤流司くんについては

「今回は、まあスゴイ個性的な方も多いですしね。
ま、それこそ、佐藤流司くん、初めてですけども、彼はもうホントに人気のある俳優さんですから、しかも若いし勢いもあるから、似てはいないけど、まあ、若いころの自分をちょっとこう思い出す気持ちもあるし・・・」



八嶋さんについては

「ナビゲーターの八嶋さんが、八嶋智人でぇ~すってセリフで出てきますからね。
あんまりないですよね。
ま、稽古場でもすごく八嶋さんが引っ張っていろいろ試してくれるので・・・
ま、若干うっとおしいですけどもね(笑)」


アカ4


お侍ちゃんとスタッフ爆笑

こんなときでもメガネのオカッパをいじる副長(笑)


カテゴリ: ざ・びぎにんぐ・おぶ・らぶ

tb: 0 |  cm: 0
go page top