FC2ブログ
09«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»11

Calender

New Entries

MAGNUM1031

メンフィス

HEDWIG

マハゴニー市の興亡

Lost Memory Theatre

薄桜記

ドキリ★ソング by 信玄・謙信

竹中半兵衛

死刑基準

くろねこルーシー

Woyzeck

JAM

鳴門秘帖

Links

RSS Field

All Entries

Search

SOZAI

Powered by FC2blog

QR code

誠に生きる〈第三章〉  

副長を崇拝しHEDWIGを愛し山本耕史さんを応援する日記

お気に入りの場所

少し落ち着いてきたかな~と思い、動物ピースをやっとこさ観ました。

恐る恐る観始めたが、なんとか最後まで鑑賞。

やはり獣医さんたちの奮闘する姿を見ると、ぴのこがお世話になった獣医さんを思い出したし、がんばる子たちを見ると、心がぎゅっと締め付けられた。
旅立ちの近いネコちゃんの飼い主さんの涙には、自分と同化してしまい、号泣。

でも、見ごたえのある内容だったなぁ

ワイプの耕ちゃんの真剣な表情がカコイイ~
ああいうシリアス顔は萌えまする。

ぴのこを思い出して泣きながらも
「コウジカコイイ~」
と萌えながら見続けるアタスって何(笑)

熊と遭遇した時の対処法。
コウジヤマモトのあの「待て」ポーズは、たぶんジュラシックコウジの時のものだろう
猛獣だから恐竜の餌付けポーズでなんとかなると思ったのか(笑)

シーズーを抱っこしてくれてて嬉しかったですう
ぴのこを抱っこしてくれてるような気持になったもん・・・


そして、これだ

何度も書いてきたが、やっぱ言いたい

座高めっちゃ低くて立つとデカい

ソファーに座っているとみなさんと同じか、かえって低い耕ちゃん

それが、立っているとひとりだけ頭一つ抜け出す高さ

どんだけ座高が低いんだ!!
つ・ま・り
どんだけ脚が長いんだあああ~~

今さらながら山本耕史の座高の低さを実感した動物ピースであった。

・・・そんな締めでいいのか(笑)

・・・

・・・・

・・・

ぴのこのいない生活にはまだまだ慣れない
いや、一生慣れることはないかもしれない・・・

いつもいた場所にいるべきやつがいない

一緒に寝ていた寝室のベッド
水飲み場のあった場所
トイレのあった場所
寝そべっていたソファー


なかでもこの場所はぴのこのお気に入りの場所だった。

ぴのこの場所

リビングの窓際。

日当たりがよくて、リビングにいる家族が見渡せる場所。

この場所でお日様の光をいっぱいに浴びながらまどろんでいた。
ちょっ暑いと感じると、床に移動したりするが、
またこの場所に戻っては昼寝をしていたぴのこ。

ほとんど動けなくなった時も、いつもここで寝ていた。

ここがぴのこのいた場所
いるべき場所

今はもういないけれど・・・

時々はここに帰ってきて、この座布団の上でまどろみながら、リビングの家族を見ているんだろうなぁ
きっとそうだ、きっとそうに違いない

そう思いたい・・・

会いたいなぁ~
会いたいよ~

ぴのこ・・・

スポンサーサイト

カテゴリ: ・その他のコウジ

tb: 0 |  cm: 0
go page top