FC2ブログ
07«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»09

Calender

New Entries

レクブログ法度

誠に生きる 第一章

誠に生きる 第二章

2011箱館の旅 (途中)

妄想ドリームチーム

Links

Category

All Entries

SOZAI

QR code

リンク

誠に生きる〈第三章〉  

副長を崇拝しHEDWIGを愛し山本耕史さんを応援する日記

推しがいる幸せ

越後から多摩へ帰還しました!

実は月曜日に母から
「おとーさんが救急車で病院へ入院したからすぐ来て」
と連絡があり、取るものも取り敢あえず新幹線に飛び乗り越後の実家へ。

パニクっている母に落ち着くように言いつつも、自分がホントは動揺しまくって死にそうだった・・・

父は92歳と高齢だから何が起きてもおかしくはないが、いざとなると覚悟もなにもあったもんじゃねぇ

ただただうろたえ、最悪の事ばかり考え
新幹線のホームで足がもつれた・・・
情けねえなぁ

父は体調をくずして肺炎になりかかってて肝臓も腎臓も数値は悪いが、特に心臓がかなり弱っていた。
入院して様子を見ることになり、主治医や担当の看護師さん、ケアマネージャーさんと個別に面談。
とにかく母だけじゃまったく話が通じていなくて、こんなアタスでも必死にがんばりやした。
上手くいけば2週間の入院のあと自宅療養になる予定。
だがそれはあくまでも希望的観測であり、急変もありうる状態。

今は熱もあり呼吸も補助が必要だが、落ち着いた状態になりつつある。
ひげがのびただの、隣の部屋がうるさいだの、皮膚科の先生が下手だの
文句たらたらで、看護師さんやリハビリの方にわがまま言ったり・・・

わがまま言えるのはパワーがある証拠だけど

「わがまま言うと家に帰れないからね
家に帰りたかったら言うこときけよ」
と、さんざん説教して多摩へ帰還した~
母にはわがままばかりだが、娘の言うことだったら聞くから(笑)

しばらくは越後と多摩を行ったり来たりになりそうじゃ・・・

ひとり越後に残していく母のこともめっちゃ心配・・・
母も90歳だから、無理して倒れませんように。

ご近所や親せきに頼みまくって帰路につきました。

・・・

・・・・

・・・・

父のことでパニクったり落ち込んだりしてつらい時に、友に教えてもらって見た青山ボルボのインスタコウジ

「耕史カッコイイ~~」

とめっちゃテンション上がったっすよ~

ウキウキしちゃって、なんか嬉しくなった。

しばしつらい現実が吹き飛び、萌え萌えできゃぴきゃぴした~
きゃあきゃあ言いつつコウジ友だちとラインで大盛り上がり・・・

こんな時に不謹慎だが・・・(^^;
着物コウジも行く気満々になってるアタス。

別次元の楽しみを持っていると救われますなぁ

なんか・・・・

これはこれ、それはそれ

って感じで・・・

自分の中できっちり部屋が分かれているのだ。
現実のつらさから逃げるわけではないが、しばし別の部屋に入って気分を変える。
そうすると一身に不幸を背負っているような悲愴感がなくなって、生きる意欲がわいてくる。

つらいことはつらいことで受けとめるが
私にはこんなに気持ちが沸くものがある!!
それがあるから頑張れる!!
それがあるから笑ったり高揚したり
プラスの感情も失わずに生きられる。

楽しいんだもんね
コウジヤマモトのことをあれこれ考えたりするのが。
そして、
コウジ仲間であだこだ言うのがまたホントに楽しい~

推しがいるっていいな~

と、しみじみ思いました。

コウジヤマモトの存在が本当にありがたいです。

スポンサーサイト



カテゴリ: ・その他のコウジ

tb: 0 |  cm: 2
go page top