FC2ブログ
05«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.»07

Calender

New Entries

レクブログ法度

誠に生きる 第一章

誠に生きる 第二章

2011箱館の旅 (途中)

妄想ドリームチーム

Links

Category

All Entries

SOZAI

QR code

誠に生きる〈第三章〉  

副長を崇拝しHEDWIGを愛し山本耕史さんを応援する日記

第8回観たあああ & 弦之丞さま語り~第8話(2)

すかす、法月弦之丞さまって、
剣の道以外はほんとに「とーへんぼく」よね(笑)

お綱さんと二人で小屋で暖をとってる場面では
ワタスはお綱さんの言うことにいちいちうなずいてて、
うなずき過ぎて首が折れそうやで(笑)

いつもいつも、うじうじと言ってんじゃねえよ
おまえはぁぁぁ~
周りを巻き込むブラックホールなんだから
もういいかげん、自覚しろっての

お綱さんは
ワタシは死なない
最後まで一緒に戦うから
・・・なんて、すげーな、カコイイのにぃ

お綱さんがあまりにカコイイんで
「先に死んでいった者たちのためにも
俺たちは最後の最後まで戦わねえとならねえんだ」
っていう副長のこのセリフを思い出したもんね

それに引きかえ、いまだになにひとりで憂いてやがんだ
弦之丞、おまえってやつは~~

と、ど正論をぶちかましたお綱さんに感情移入して思えども、

めっちゃ激高して泣きながら

「そんなこともわからないのですか!!
弦之丞さまは!!!!!」

って訴えてるお綱さんに対して

「そうだな
わたしが悪かった」

なんかこの言い方がめっちゃ落ち着き払ってて、脱力した(笑)
え!?はぁ~
ああ、そうですかそうですか
だめだこりゃ(笑)
この温度差っていうか、弦たまのとーへんぼくぶりっていうか
ご本人は真摯に受け止めて言ってるんだろうけど
「そうだな」があまりにも落ち着いた言い方なんで、ウケるうう

この罪深さよ
やっぱわかっているようでわかってないな~
剣の道では極めているのに、人の道では的外れな感じ
でも、これがくせになるのよ、このお方は
じれったいやら、あきれるやら、でもほっとけないやら、なんやら
自覚ないけどこういう男がいちばんやっかいで、しかも沼に落ちてしまうのよね・・・

「わかった、もうこのようなことは言わぬ」

ほんとかよ~

「お前と旅を続けてよかった」

またこんなこと言うから、もう

「まことそう思う」

こんな殺し文句言うなよ
それも、あんなに美しい顔で言うから
こりゃ、沼落ちするわいさ
この時の顔がホント憂いに満ちてて綺麗なんだもんね

さらにそのあとお綱さんの軽く抱きしめているときの弦之丞さまのお顔がまあ美しいったら、もう

法月弦之丞
そなたは罪深き男なり

あはははは~~

結局はそうなっちゃう

この物語は、弦之丞沼に堕ちた人たちのお話なのよね
とにかくみなさん、法月弦之丞に支配されてるのよ

知らず知らずのうちに人を自分の沼に引き寄せ、
沼へ引きずり込み、沼へ飲み込んでしまう

沼落ちは怖いもん
理屈じゃわかっててもどうにもならないから

コウジ沼に堕ちて15年のアタシが言うから間違いない(笑)

沼落ちの怖さを知る物語でもあるなぁ(笑)

カテゴリ: 鳴門秘帖

tb: 0 |  cm: 0
go page top

第8回観たあああ & 弦之丞さま語り~第8話(1)

観たあああああ

なんかもう怒涛の展開でススリングであっという間に終わったなぁ
面白かった~\(^o^)/\(^o^)/\(^o^)/

こんな時代劇ってあんまり見たことないなぁ・・・
昔はこういう感じのものがあったのかもしれないけど
今の時代劇では味わえないものがあるんだもんね。



まずは弦之丞語りから

弦之丞さまの今回の最大の萌えシーンは
なんたって殺陣


丸メガネ 対 雅さま

違う(笑)

天堂一角 対 法月弦之丞 の一騎打ち

この殺陣シーンが素晴らしかったあああ
何度もリピしちゃう、ここは!

一騎打ちにいくまでの
殺戮マシーンぶりもエエんですねん

恋の道では煮え切らずにぼわーんとしてて
人の情には「とーへんぼく」な弦たまなのに
いざ戦いとなると迷いも情もなく相手を仕留めていく
この冷酷さとダークネスな感じが好き

喉を切りさき、音もなくひとりずつ相手を確実に仕留めていく
これがカッコエエエエエエエエ~
まったく容赦ないんだもんね

一角との一騎打ちでは、大刀に対して脇差で戦うことの難しさよ
この殺陣は難易度高いだろうなぁ
ここの殺陣は本当に見ごたえがあった!!

スピード感もさることながら、一角を刺した時のどや顏にしびれますた

肉を切りさく感じが刀の重みでわかるような刀使いがすばらしい
蘭兵衛さまの時もそうだったけど
単に早いとか華麗とかそれだけじゃなくて、
人を斬るときの重みがあるから残酷さも増すのよ~

そして、いちいちのきめ顏三連発

ズブ!
この時の野性味あふれるキメ顔が最高

ズバ!!
相手を背にして振り返らずのキメ顔
倒した獲物を見ないクールさが激カコイイ

ガシ!!!
死ね!!!といわんばかりの力強い戦闘モードな眼
つりあがった眉と鋭い視線がたまらんん

納刀したあと立ち去るところもカコイイ~~

この殺陣シーンがベストじゃ~~


そして

三位卿さまの放った矢で頬に傷がある弦之丞さまが
捕らえられて三位卿さまをにらみつける時の顔

この顔がめっちゃ趣味ぃ

怒りモードな眼と傷のコラボ、最高
真正面のアップじゃなくて、微妙に左から映してるのよね
やはり左斜めの角度が美しく映るのだ、コウジヤマモトは!!


さらに

牢屋の弦之丞さま

眼を閉じてるとこも萌えるけど
最後に家老の龍耳軒さまから
「法月弦之丞か」
と言われて見据える時のドアップの顔
ちょっとやつれた感じが萌えるうううう

この顔、絶品だす!!
いわゆる二枚目顔の極みって感じで
ホントに整った顔してるよなぁ・・・しみじみ・・・
眉と目と鼻と口が黄金比率なのを実感できる顔でござるよ。

美形ぃぃぃぃぃ~~~


カテゴリ: 鳴門秘帖

tb: 0 |  cm: 0
go page top

鳴門秘帖 弦之丞様語り~第7話

ああ、もう金曜日だ!

第8話オンエアの日が来ちゃった~
楽しみ楽しみ~\(^o^)/\(^o^)/\(^o^)/

だが、
ううう
第7話の弦之丞語りの記事がアップされてない・・・

実は、ウザ熱い弦たま語りの記事を書いたというのに
下書き保存してない中でパソが不具合になり
ぜ~~~~んぶ消えちゃったのよぉぉぉ(泣)

あんなに一生懸命書いたのにぃ

もう二度と書けないんで、そのままになっていたっす

あいたたた(>_<)

でも

ちょこっとだけ書き留めておきたいんで
ひとことだけ書くぞ~

お役者弦たまも、着流し弦たまも萌えどころいっぱいだったが
(それもほんとは詳しく書いたのになぁ)

第7話の弦之丞さまの最大の萌え弦は

「中間の扮装でいるときに敵方に呼び止めれて緊迫した弦たま」

「待てそこの2人」
と三位卿さまに呼び止められた時の立ち止まった後姿

そして、アップの横顔

緊迫した表情でアップの横顔がホント美しくて色っぽいのだああ

ここがベストでござった!!

この時のお綱さんと弦之丞さまは、なんか
「許されない恋の道行きの2人」
みたいな雰囲気があってめっちゃ色っぽい。
影のある2人ってのが趣味過ぎて、もう~

あと、
お米さんが刺された時に
無念と贖罪のお思いで目を閉じるときの弦之丞さまに萌えたああああ
自分の身代わりになって無惨に殺されたお米ちゃんのことを思い
自分を責め、痛々しいその死を受け止め、許しを請い、冥福を祈り
・・・と様々な感情の混じった表情で目を閉じる弦之丞さま
哀しい場面なんだけど、色っぽい~~~

ここは、お米ちゃんが刺されそうになって緊迫した中
目だけでお綱さんと会話をしているところが秀逸!!

目の表現力が素晴らしいし
やっぱ目元が色っぽいんだもんね

今までずずず~~と虚無僧オンリーだった弦たまが
ここにきて着流し、お役者、中間、といろんなお姿が見られて
オイシイですうううう

次回はいよいよ阿波に到着で白装束もあるみたい・・・

阿波まで泳いで来たのか(笑)

駆け足な記事で無念でござるが、ちょこっと語りでした。

すかす抜刀したまま海へ飛び込んで泳げるもんなのか
でも、弦之丞さまは超人だから行けちゃうのよね
あははは~~

カテゴリ: 鳴門秘帖

tb: 0 |  cm: 0
go page top

ステラの美サムライ

今日発売のステラ、見ましたかあああ
(ラブリン総裁が表紙のやつ)

第9話の鳴秘の解説と
徳島訪問レポが載っているのだ。

この第9話のお写真がもうもうもう
美サムライ過ぎて萌えたああああ

やだもう、こんな顔しないでよぉ
萌え過ぎちゃうじゃん

こういう顔するからたまらんのよ・・・


徳島レポでは会見の詳細がアップされていた。

お家で殺陣のバリエーションを考えていたのね
そして、今度は武将の役がやってみたいとな・・・

いいねいいね
剣豪の武将!!!

治部さまはどちらかというと事務方だったから
今度は武断派の武将もいいなぁ~

カテゴリ: 鳴門秘帖

tb: 0 |  cm: 0
go page top

次雄さん!!

ヘッドハンター観たあああ

次雄さん、よかったなぁ

久々に現代人役ってのもあったけど
なによりも丁寧な芝居をしているコウジヤマモトの演技の素晴らしさよ!!
ああいうさりげない男の役も上手いよなぁ

ノンキャリアと呼ばれて憤慨している次雄さん
国の仕事をする公務員としての自負とプライドのある次雄さん
その誇り高き公務員ぶりがよかったあああ~


ああいうノンキャリアもいいけど
今度はめちゃめちゃエリートでプライドの塊で
有能すぎて他の人がみんなバカに見えるような
そんなスーパーエリート役を現代人で見てみたいなぁ

お話としては、もっとドロドロした感じで悪がはびこる後味の悪さややりきれなさのあるものだと思っていたら、意外にも勧善懲悪でシンプルなストーリーだった。
最終回しか見ていない感想なのでスンマセン(^^;


巷で言われてるぱつぱつスーツですが(あはは)
見る前にあまりにも友から嘆きを聞いていたので
どんなにすごいのか恐怖を持って(笑)覚悟して観たせいで
ワタシはそれほどでもなかたtっす。
最後のスーツは確かに横隔膜のあたりにしわがよっちゃってるのが目立ったけど、他のはまあ・・・・
素材的にシワの出来やすいスーツだったのか・・・

胸筋を鍛えまくってて盛り上がってるから、
ボタンのあたりが持ち上がっちゃうんだろうなぁ・・・
鍛えすぎだよなぁ(+o+)


でも

迷いから決意へと変わる表情に見入っていたから
そんなのあまり気にならんかったっすよぉ


登場から最後まで、苦悩したり怒ったり、あきらめたり、
驚いたり、迷ったり、決意したり・・・
その表情の微妙な変化が見事だった。

コウジヤマモトの演技はやっぱ卓越してものがあるなぁ・・・

今さらですが
「いい役者だなぁ」
ってしみじみ思いました。

わたしゃ、スーツより、前髪ぱっつんの方が最初は違和感あったなぁ
「ぶほっ
なんじゃこの前髪
なんかウケる~」
ってツボってしまってスンマセン(あはは)

でも、それも最初のうちだけで、見ていくうちに慣れてきたような、
いや、やっぱアカンような(あはは)。


今回は特に眼が大きく見えた。
目のどアップもあったけど・・・
いつもより眼がパッチリ大きく感じたのだ。
つぶらな瞳だったわん

なんでだろう!?
なんで目が大きく感じたんだろう


普通のおとーさん役が板についてきたなぁ

やっぱ醸し出す雰囲気が父親として自然なんだよなぁ
家庭を持って、親になって、演技の幅が広がったのを実感しました。

もちろん萌え顔もあったぜぃ
ぐふふふふ

顔はよかったのに、頭と胸がなぁ・・・(ぐぬぬ)
鍛えすぎだよぉ

カテゴリ: ヘッドハンター

tb: 0 |  cm: 0
go page top

鳴秘話題あれこれ

先日の徳島訪問の記事がアップされていた。

・時事通信社
山本耕史さん知事表敬=徳島県〔地域〕


このお写真
えらいカコイイやないの~
なんか若いなぁ
スッキリさわやかイケメンじゃ~

そして

周馬さんのインスタには
なんかやたらキャワエエ弦之丞さまが!!

みなさん、役に入ってないと和気あいあいぶりがキャワエエ

インスタの2枚目は動画になってて
なんとあの船上の場面の撮影風景が!!

こんな風に波しぶきを再現していたのかぁ・・・
舟の揺らぎも、人海戦術だったのね
大がかりなセットだったんだな~

貴重な撮影風景
武田さん、本当にありがとうございまする
\(^o^)/\(^o^)/\(^o^)/

カテゴリ: 鳴門秘帖

tb: 0 |  cm: 0
go page top

悪だくみ兄弟

ヘッドハンター、もうすぐオンエアだぁぁぁ~
ひゃっほ~~~い\(^o^)/

・・・と

番組公式ツイにこんな写真

「ゲストの #山本耕史 さん #堀部圭亮 さん!
悪だくみ顔でお願いしました」

とな!!!

悪だくみな顔(笑)

このお二人、
組!の副長&会津藩の秋月様
であるんだが

清盛では
摂関家ブラザーズ
でもあったんだよなぁ

兄上とよりりん

そんな2人が平成の世で悪だくみ顔(笑)

楽しみじゃ~~~

カテゴリ: ヘッドハンター

tb: 0 |  cm: 0
go page top

今日は次雄さんに会える

ぐっはああ~
楽しみ楽しみ\(^o^)/\(^o^)/\(^o^)/

だって、今日はヘッドハンターオンエアの日

次雄さんに会える日なのだあああ

久々の現代人ってのもあるし
龍馬と副長の共演ってのもあるし
前髪も気になるし(笑)

いろいろと楽しみだらけなんだが
イチバンの楽しみは「苦悩する男」

公式の予告動画
「崩れ落ちるように座り込む次ちゃん」
が映ってて、これを観たときからめっちゃウハウハだった!

この苦悩するさまが楽しみなんじゃ
苦しむコウジが好きなんじゃ

苦悩やらせたら日本一やで!!

今日はちょっといろいろあって憂鬱な気持ちで出勤なのだが
夜には次雄さんに会えると思うと胸が躍るううう

これを支えに今日もがんばるぞ~

ホント、こういう気持ちになれるのはコウジヤマモトのおかげだ!
推しがいるってありがたいな~

気持ちが落ちても助けられることばかりじゃ

次ちゃん、待ってるよ~~~\(^o^)/

カテゴリ: ヘッドハンター

tb: 0 |  cm: 0
go page top

第7回観たあああ

第7話を見た直後の感想

出てくる人みんなどっか思考がおかしい!!
どっかしら考え方がまともじゃねえ

唯一、万吉親分と(意外にも)平賀源内さんが鳴秘の良識だわ


あっははは~
もうほんと、皆さんが何かに憑りつかれてて
多かれ少なかれ、みなさんどっかタガが外れてる感じ。
なにかしら人でなし成分があるのよね~

そんな中でも、人でなしの中の人でなし
キング オブ ヒトデナシが法月弦之丞さまだ

躊躇なくズバッズバ刺しちゃう
あちこちから愛されてても、それになにも報いないし
周りがどんどん悲惨な目に遭っていく

純粋なんだか邪悪なんだか・・・
人としては混沌としてるけど
「人でなしの道をゆく」
というのは一貫しているような気もする。

第1回から自分のことを人でなしと言ってたけど、
そのころは
「人でなしだなんてどこが~」
「お坊ちゃまが落ち込んでて言ってるだけ」
って感があったけど・・・
回を追うごとにほんまもんの人でなしっぶりを実感し、
今回で「まさに人でなしだわ」と思ったわん。

弦之丞さまって単なる悲劇のヒーローじゃなくて
人を斬ることに逡巡のない情け容赦ない冷酷さとか、
意図してなくても周りを巻き込みまくるブラックホールぶりとか
いろんな意味での人でなしぶりがあって、
単なる勧善懲悪ものじゃない面白さがあるなぁ・・・

見ていると、この人なんなの~と「もやる」んだが
それがくせになるっていうか、なんていうか・・・

で、回を追うごとにビジュアルのレベルが上がってるから
ますますやられちゃうのだ

イイ男はくずでも悪魔でも許されちゃうのよ(笑)

今回は、サムライ崩れの役者姿も萌えたが
中間姿になっているところが最高に色っぽかったっす

「いくら同じものを着てても、見たらわかるだろ!!」
という突っ込みは満載でして笑)

あれを誰も見破れないなんて、ありえねえ~
だって、あまりにも色男過ぎるんだもん
(拓助さんごめんなさい(^^;)

色男で品のあるオーラが出まくてって・・・
お役者姿よりむしろこっちの方が艶っぽくて
花形役者のお忍びっぽかったもんね。

ううふふふ~

今回はそんなにアクティブじゃなくてあまり殺陣はなかったけど、
弦之丞さま七変化ならぬ、三変化があってウホウホでした


ワタシの好きな篠井さんの麻呂が大活躍で楽しかった!!
篠井さんの麻呂の完成度の高さよ
三位卿さまが出てくるたびに嬉しくなっちゃう
ほんとに見事な麻呂だな~惚れ惚れ・・・


ツボったのは
左京之介さまと与力の常木鴻山さまが2人揃ってるシーン

パッと見だと二人のお顔があまりに似ていて
「なにこれ、双子みたいにそっくりじゃないの
鳴門秘帖のぐりとぐらか~」
なんて思ってしまい、自分でめっちゃウケた(笑)

あはははは~~
アホでスンマセン


常木鴻山さまの殺陣がかっこよくてしびれた~


そしてラストシーン

あの装束のままあんなところで海に飛び込むなんて
命知らずにもほどがある・・・
でも
あのあと流れ着いちゃうんだろうなぁ
どっかで暖をとりながら着物を乾かしているシーンを妄想
寒い時は肌であたため合・・・以下省略(あはは)
さぞやエロっぽいシーンになるだろうな
ないだろうけど(笑)

回を追うごとに弦たまもかっこよくなってきてるけど
お綱さんもどんどん色っぽくてきれいになってきている

この二人は本当に絵になる。

舞台でも共演してほしい。


とにかく弦たまが人でなしであるということを実感した回だった。
もっともっと人でなし道を突き進んでくれ~~

最後にはいったいどんな風になるんだろうか
お綱さんに幸せになってほしいけど
そうなると千絵殿が不幸になるのか・・・

うううう
どうなってしまうんだろう

弦たまどうすんのさ~~

あ、そうだった、鳴門秘帖を捜す旅だった(笑)

次回はいよいよそっち方面も動きそうじゃ
楽しみだけどもうあと3話しかないのが寂しいなぁ

カテゴリ: 鳴門秘帖

tb: 0 |  cm: 0
go page top

ぐりとぐら

読み聞かせ耕ちゃんを何度もリピしてます!

4冊の絵本、どれも素敵だが
特に好きなのは『ぐりとぐら』だ。

この絵本はなじみ深い。
娘が幼いころ我が家にもあった!
何度も娘に読み聞かせした記憶があるのだ

どんなお話だったかは忘れていたが絵がものすごく印象的で覚えていた。

素朴なようでいてなんとも味わいのある絵。
背景はあえて描かず、白いまま
でもそれがぐりとぐらや森の動物たちの個性を際立たせている。、

カステラ!!!
おいしそう

そして、仲良しのぐりとぐら

ワタスが娘に読んでいた時は、自己紹介の詩のところは勝手なメロディをつけて歌にしていたような気がする。

青い帽子がぐりで、赤い帽子がぐら
2人の個性を出そうと、声色を変えて読んでいたんだったなぁ・・・

そして、コウジヤマモトのぐりとぐら

なんて素敵な朗読だろう

さすがだなぁ

包み込むような優しさが感じられて、何度も聴き入ってしまう

耕ちゃんもぐりとぐらの声を変えていた。

ぐりの方がちょっと落ち着いた感じで、
ぐらはぐりに比べてちょっとだけ声が高い。

2人の声の違いはわざとらしさがなくて自然だ。
個性の違いが微妙にわかるような声にしているのが素晴らしい。

ワタシなんか派手に声を変えて読んでいたもんなぁ(あはは)

森の仲間たちとの優しい空気感が伝わってきて
すごく癒されまする。

トークでは、自分が楽しんで読むことにしていると耕ちゃん
子供とともに成長し子供と共に生きていく
そんなお話が心にしみました・・・

うちのぐりとぐらは今どこにあるんだろうか
たくさんあったはずの絵本はどうしたんだけっか!?

もしかすると物入の奥にしまってあるのかもしれない・・・

ぐりとぐらは、ベイビーがもう少し大きくなったら真っ先に買ってあげたい絵本なのだ。

それにしてもカステラ美味しそう~

ここにレシピが載っていた!!
作ってみようかなぁ

カテゴリ: ・その他のコウジ

tb: 0 |  cm: 2
go page top

こんな土産をもらった

今朝、妻の激高におののいた夫が恐る恐る帰宅したのだが・・・(笑)
妻のゴキゲンをとるためにこんなお土産を買ってきたのだった。

「会社の近くに徳島県のアンテナショップが併設されたコンビニがあるんだよね~
こんなの売ってたから、ああそうだ鳴門秘帖だ~って思って買ってきたよ」

徳島特産 鳴門金時パイ

なると金時というお菓子

なると金時

ふむふむ
なかなか気が利くじゃないのさ(あはは)

鳴門金時パイを食べながら鳴門秘帖といきますか~~

いざ!!!


カテゴリ: 鳴門秘帖

tb: 0 |  cm: 0
go page top

可愛い2人

くそぉ~
今日も鳴秘をリアタイできなかった・・・

始まった~~と思って観始めたとたんに帰宅する夫(怒)

今朝のこともあって、恐る恐る帰ってきた(笑)

ああ、 弦之丞さま・・・
と思いつつ夫の飯の支度じゃ、くううううう

でも、めっちゃビビりまくってるから、まあ良しとしよう(何様)

聴き逃しサービスで聴けたと言うと
「よかったよかった」
と喜んでおる(笑)

そんなこんなで鳴秘第7話はまだなのだが
こんなキャワエエ2人の写真がすみ花さんのインスタに登場

なんかめっちゃ可愛いなぁ~
耕ちゃんもカワエエが、お綱さんの緊張の解けた顔がなんともいえない可愛さがある

無邪気な2人
いいコンビだなぁ・・・

(*^-^*)(^_-)-☆\(^o^)/

カテゴリ: 鳴門秘帖

tb: 0 |  cm: 0
go page top

聴けた!

昨夜のラジオ深夜便
リアタイできそうにないからと夫に録音を頼んで寝た。
そして、今朝聴こうと思ったら
・・・

・・・・・

・・・

録音されてなかったあああ

なんでよ
なんでぇ~

夫に問いただすと

「録音なんか頼まれてないよ
深夜だから録音すればって言っただけだから」

なにお~~~~(怒)

「じゃあ先に寝るから録音しておいて
って言ったじゃん」

「聞いてなかった」

「いいよって返事したじゃん」

「返事した覚えない
適当に聞いてたから」

ぬおおおおおおお(激怒)

言った言わないで朝から夫婦喧嘩で修羅場だった(あはは)

お互いに頭が噴火したまま職場へ行ったわけだが・・・

帰宅して、がっかりしてたら友が教えてくれました!!
友よ、ありがとう\(^o^)/\(^o^)/\(^o^)/

こちらの「ラジオ深夜便聴き逃しサービス」サイトで聴けましたああ(嬉泣)

コウジボイスは6月1日 1時台ですううう

ああああ
いい声だあああ

あ~ほんとにいいなぁ

読み聞かせだけじゃなくトークもあって嬉しい!!

何度も聴きたくなる声だ~

カテゴリ: ・その他のコウジ

tb: 0 |  cm: 0
go page top

やる気!

なんだか最近は無気力で、何をやるのもめんどくさくて
働く意欲もなく、いやいやながらやってるから
よけいにシンドクなってしまう・・・

もうすぐ恒例のお中元バイトが始まるのだが
やりたくなさ過ぎて、
「止めようかな」
などと思ってしまう。

すかす

すかす

なんか急にやる気が出たあああ\(^o^)/

おっしゃあああああああ

やったるぞぉぉぉぉぉ~


いっきにやる気満々になった!!!!


「今誰かのために働こう」

これを久々に思い出したぜ

誰かのために


そして、組!のこの副長のセリフも!!

「何が待ってるんだろうな、俺たちを」

何が待っているのか
ワクワクドキドキ

ああだろうか、こうだろうかと爆想中
好きなだけ妄想しまくるぞ~

とにかく生きる!!!!!!!


カテゴリ: ・その他のコウジ

tb: 0 |  cm: 0
go page top