FC2ブログ
09«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»11

Calender

New Entries

レクブログ法度

誠に生きる 第一章

誠に生きる 第二章

2011箱館の旅 (途中)

妄想ドリームチーム

Links

Category

All Entries

SOZAI

QR code

誠に生きる〈第三章〉  

副長を崇拝しHEDWIGを愛し山本耕史さんを応援する日記

オールスターでウッキウキ

まさか舞台のチームがTBSの恒例オールスターに出るとは

しかも、コウジが思いのほかいっぱいだったああああ
\(^o^)/\(^o^)/\(^o^)/

ひゃっはああああ~

って、遅いぃぃ(笑)

娘とベイビーが我が家から自宅へ帰ったので、
今日やっとこさ見たのよ、オールスター

おっせぇぇぇぇ~~~~^_^;

で、観てあまりにも気分がいいんで飲み過ぎたっす(笑)

ワインあけて、ビールも飲んじまって
日本酒は切らしてしまってて
家にある酒がバーボンしかなくなった(え)

バーボンに手を出す勇気がない(笑)

でも飲むかも(あはは)

スポーツとはいえ、アーチェリーのような武器を持たせると
最強やで、コウジぃぃぃぃぃ~~~

武器を持つと男前度がめっちゃくちゃアップするんですねん、耕ちゃんは。

かっけぇぇぇぇ~~~

いいのか、こんなにカッコよくて
すみません、こんなに様になってしまって

カコイイィ~~~~~~~

もう、ウッキウキっすよ

クイズでもけっこう映ったし

やまもとこうじさんネタでも映ったし


激辛カレーでは名演技を堪能したあああ

辛さを表現するのに、ビクッと全身が震えて一瞬しびれた感じを出してた

あれを見た時、ヴォイツェクの演技を思い出したアタス(あはは)

他の方が食べてる時も、何度も飲み物を飲んでるという細かさ

作り込んでるなぁって思って見てました(笑)


とにかく、コウジカコイイ~~~
おねえさま組合に大モテだったし(笑)

楽しかったオールスター

武器持たせると日本一やで!!!!!




スポンサーサイト



カテゴリ: 髑髏城の七人

tb: 0 |  cm: 0
go page top

秋の兼定と宗徳寺のこと

今年の秋は兼定に会える秋

資料館公式のこちらにあるように今年は秋の特別公開があり、三連休も開館していた資料館。

昨日も比較的すいていたのでゆっくりと兼定に会えました。

春に会えて、また秋にも会えるなんて、なんという幸せなことか

開館中の資料館
1476091175718.jpg

秋の涼しい陽気のなかで、ゆっくりと拝観できた
1476091166287.jpg

副長の矢竹が一段と育っていて空に向かってすくすく伸びていた
1476091191446.jpg

資料館で見せていただける資料はどれも貴重なものばかり・・・

中でも、いつも読んで涙が出るのは・・・
兼定のすぐとなりに展示されている安富さんの手紙。
五稜郭内で書かれたもので、副長の戦死を知らせる手紙なのだ。

「隊長討死せられければ」
という一文だけでも切ない。
そして、斜めになった文体や書き損じの跡などが、その時の五稜郭の中の緊迫した空気を感じることができる。
この手紙は、こよりのように細く折りたたまれて着物の内襟に縫いつけられて土方家まで運ばれてきたと伝わっているそうで、官軍に見つかることなく副長の実家に届けられた貴重なものだ。

そんな手紙を書いた安富才介さん関係のことで、最近驚いたことがあった。

それは弘前の宗徳寺についてのことだ。

このお寺は石田三成縁の寺であり、7月の耕史くんの弘前トークショーへいった時に私も訪れたお寺。

(その時のレポはこちら

今は宗徳寺だが、昔は耕春院という名で呼ばれていたらしい。

宗2

宗1


その耕春院こそが、五稜郭降伏後に安富さんが収容されていたお寺だったのだ。

降伏後に旧幕府軍の中の600名近くが弘前藩お預けとなり、明治2年5月21日に青森へ移送され、いくつかの寺へ分散して収容されたそうだ。
その寺の中に宗徳寺(耕春院)もあったのだ。
(新人物往来社『箱館戦争写真集』(菊地明・横田淳 著)参照)

治部殿の縁の寺として訪ねていたお寺が、なんと旧幕府軍が収容されていたお寺で、しかも安富さんが収容されたお寺だったとは!!!

なんという偶然だろうか

まったく知らずに宗徳寺に行っていたのだが、後でそのことを知って驚きました。

戦国の世に思いをはせて訪れたお寺が、実は戊辰戦争後に旧幕府軍にとって縁のあったお寺だたっとは・・・

三成トークショーが弘前で開催されなければ決して行くことはなかっただろうと思うと、自分がそこを訪れていたということに不思議な因縁を感じました。

カテゴリ: ・新選組

tb: 0 |  cm: 0
go page top