FC2ブログ
07«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»09

Calender

New Entries

レクブログ法度

誠に生きる 第一章

誠に生きる 第二章

2011箱館の旅 (途中)

妄想ドリームチーム

Links

Category

All Entries

SOZAI

QR code

リンク

誠に生きる〈第三章〉  

副長を崇拝しHEDWIGを愛し山本耕史さんを応援する日記

三成語り 第33話(3)

33話の拙者の二大名場面について書いてきたが
もちろん他にも、っていうか、全部が全部名場面だらけで
ホント、力が入った回だったなぁ


・虎之助と佐吉の場面

虎之助たん、どんだけ愛してるんだ佐吉を~
でも、答えてやらない佐吉(T_T)

なんで、清正殿に殿下の遺言を教えないのよ
教えたら、佐吉がここまで突っ走ってしまう理由がわかるのに。
「内府を憎んでいる」という私情じゃなくて
「殿下の遺言」を実行しようとしてるんだよぉ、佐吉は。

それが清正殿にはわからないままだから、
意志の疎通が図れないんだよなぁ

お互いの性格をよく知っている2人
なんのかんのといいながら、ここまで一緒にやってきた2人
佐吉が好きなのよ、ホントに~
佐吉、愛されてるのに、こんなに~

一緒に飲みたいっていうのをあれだけガンと拒否ったのに
こうしてまた説得に来てくれる友なんだよ、清正たんは。

もう少しなんとかすればなぁ、佐吉ぃぃぃ

きっと治部殿は清正殿があまりにも近しい存在で、
自分のことを理解してもらう努力は、あえて今さらしないんだろうな。

あれだけ踏み込んできてくれてるのに
意地はっちゃうのかな、治部殿は。

「振り上げたこぶし、どうしたらいいか困っておるのだ」
と清正殿がいたっときの治部殿の表情を見ると
本音をつかれたように見えるんだもんね。

ああ、この2人ったら、もう・・・・



・干し柿

細川殿へ加勢をお願いしに行った治部殿。

手ぶらじゃ悪いからと持って行った干し柿
ものすごく高級らしいんだけど・・・

武士にとって戦というのは命がけの場であって
そこへ加勢をお願いしにいくのにお土産持参って
なんかズレてるんだよなぁ・・・
それもスイーツ^_^;

悪気はないのに、気をつかったつもりなのに
めっちゃ逆効果っていうか、なんというか
相手の神経を逆なでしちゃってるのが痛々しい。

こう、なんつうか、普段は絶対にしないお愛想笑いをしてる治部殿が
痛々しくて見ちゃいられんのよ、(見るけど)

相手の話も聞かんと、そのものズバリをすぐに言っちゃうし・・・
相手が今どんな気持ちでいるか、読めてないっつうか読もうとしてない治部殿。
余裕のなさがあまりにも透けて見えてて、交渉もなにもあったもんじゃない。

でも、治部殿応援隊としては
「ほそかわぁぁぁ~じぶさまをいじめんな
こるらららららr~」
となってしまうけど(笑)




治部殿の軍議シーンを見ると
宇喜多さまと金吾ちゃんだけ
実質は宇喜多さまだけやんか~^_^;

人材がいなさすぎるし
寧さまにも清正たちにも
「徳川内府への憎しみ」
って思われちゃってるし・・・

私情でこんな無謀なもことをする治部殿じゃないのに
誰もが誤解したまんまで、味方は少ないぃぃぃ~

こんな中でもついてきてくれる源次郎殿が本当に愛しいと思ったっすよ。



予告の治部殿の涙を見て激しく動揺してしまったが
そんな治部殿がいったいどうやって関ヶ原へ突き進んでいくのか
今回の襲撃未遂を経験値に加えて挙兵するんだろうか

新しい観点からの関ヶ原に期待してるんだが
やっぱ来てほしくないなぁ
治部殿とお別れするなんて考えられないもん(T_T)

見たいけど見たくない・・・複雑な胸中でござる。


治部殿場面以外で今回イチバンテンションが上がったのは
父上が徳川屋敷に登場したときじゃ~~

なに、あのすごいオーラは!

戦における父上の絶対的安定感というか
ゆるぎなさは絶大だった。

あの名だたる武将の集合場面で
父上だけがまったくレベルの違うオーラがあった。

家康に対抗できるのは父上だけ!!
っていうオーラ。

戦国時代を生き抜いてきたのは家康と昌幸だけなんだよなぁ
武田信玄、上杉謙信、そして信長が争っている時代に
リアルに戦場で戦いぬいてきたのはこの2人だけ。

乱世を生き抜いてきたオーラと存在感は凄い!!

父上が登場した時の
「キタ~~~~~」
というワクワク感がハンパなかった。

父上が登場した時の家康さまの
ちょっと動揺して警戒した顔がたまらん

いや~ほんと愉快痛快じゃ~

父上の頼もしさといったらもう

この場面は何度もリピしてしまうのだ。


そして、もうひと場面

徳川屋敷の様子をうかがい、言葉を交わす上杉主従の後姿。
景勝さまのそばに控えている兼継殿。

この後ろ姿のツーショットがじんわりと胸にきて
なんだか涙が出ました。

ここまで苦楽を共にしてきた2人
深く強い絆で結ばれている感がはんぱなくて・・・

景勝さまに人生のすべてをかけて尽くしている兼継殿に泣ける。

そして、かつては治部殿も殿下と共にこんな風に寄り添ってきていたのに
その殿下はもういないということがとても哀しかった・・・

がんばれ治部殿おおおお~~





スポンサーサイト



カテゴリ: 真田丸

tb: 0 |  cm: 0
go page top

三成語り 第33話(2)

もうひとつのクライマックスは、もちろん最後のあの場面

出陣しようとする治部殿を源次郎さんが止め、
上杉主従が来る場面だ。

ここは、もう何をどう語っていいかわからん

ただただ感動して泣けた泣けた泣けた


あまりにも劣勢な治部殿ばかりで、
そんな治部殿の姿をこれでもかってほど見せつけられて
ホントに見ていてつらかったのだが・・・

ここで一気に溜飲が下がったぜぃぃぃ

討ち死に覚悟の治部殿だけど
あんなにも愛されているんだから、もう

もちろん、ここにはいない刑部殿や清正殿も治部愛が深いし・・・
とにかく愛されてんだよ、治部殿は。

ああ、私もあの場面で一緒に治部殿を止めたくなるううう


まず、

「いざ参らん」

という治部殿の号令で、
「おおお~」
という家臣たちの雄たけびが大きくて勢いがあるのだ嬉しい。
こんな劣勢でもちゃんとあんだけ叫んでくれるんだもん。

何かの歴史番組で、
「関ヶ原の時三成隊は9割が戦死した。
みな獅子奮迅の戦いぶりで、逃げ出すものもなかった。
三成は家臣たちには慕われていた」
みたいなことを言われていたのを思い出した。


「左近!!」

「はっ!!」



「行くぞ左近!」

がカコイイ~~~

治部様に左近ありってのが実際に見られてうれしかった!!

左近殿、めちゃ強そうだし、経験値も高そう。
忠勝さまと左近殿を戦わせてみたい。

みっちゃんにもこんなに頼もしい家臣がいてうれしい~~

って、討ち時に覚悟の場面でこんな風に喜んでいいのか(笑)


「命がけで天下万民に尽くしてこられた姿を私は見てきました」

源次郎殿の必死の説得。

必死に訴える源次郎
それを聞く治部

この2人があれほど見つめ合っての熱い場面なのだ。
ああ、感慨深い・・・

「死んではなりませぬ」

源次郎さんの眼にも涙が浮かんでいて
それを見たらますます泣けてきた・・・

寝る間もないほど殿下のために働き
命がけで守ってきた豊臣家

この源次郎さんの説得を聞きながら
落書事件の時の治部殿はもちろん、
殿下の母君を人質に出す時の治部殿や
九州攻め、北条攻めのときの治部殿
検地を任される治部殿や
殿下の側に不眠不休で控えている治部殿
などなど・・・
これまでの治部殿のがんばりが思い出されてきて
ほんとに胸が熱くなりました。

ああ、源次郎殿の言葉に救われた・・・

こんなにもわかってくれている人が治部殿にはいるんだ!
治部殿は愛されてるんだ~~~

それが嬉しかった

で、

そこへ、さらにご登場なんだもん、上杉主従が!

こんなのってあるかぁ~
ここまできてさらに感動感激させんのか
ずるいよぉぉぉ~~

上杉さまの言葉を聞いている時の治部殿が美し過ぎて・・・
もう、姫度がダダ上がりで、ヒロイン感がハンパない。

抱きしめるまでゆっくり歩みよってくる景勝さまのウルウルした眼がやばい~~
それを見つめる治部殿の眼もやばい~
二大ヒロインの融合だった(違)

一度抱きしめてから、もう一度ギュッと力を入れて抱きしめ直すのがたまらん

そして、抱きしめられた後ろ姿の治部殿の
兜から垂れ下がっている黒髪に萌えた


「義」に生きる
「義」を貫く
「義」のために戦う

「義」と言う言葉を景勝さまが言うと、ものすごい説得力があるなぁ

すべては「義」のために・・・

ああなんてカッコイイ男たちなんだろうか

カテゴリ: 真田丸

tb: 0 |  cm: 0
go page top

三成語り 第33話(1)

とにかく愛を叫んでしまう
真田丸33話

治部殿がいかに深く強く愛されてるか
それがわかった33話だった。

「人望がない」と言われるが・・・
人望というのは世間に広くいきわたった評判。
そういう意味では「人望がない」のかもしれないが、
それは画面の中の世間であって
観ている我々は知っているのだ、
治部殿の愛すべきところを。

源次郎さんが言ってくれた
治部殿の苦労、奮戦ぶり、誰よりも深い忠義心を
観ているこっち側は知っているのに・・・
画面の中ではほんの少数の人たちにしか知られていない
・・・そこが何ともやるせなくて、切なくてもどかしい。

だからもっと応援したくなる。

治部殿は愛されている。

知れば知るほど愛さずにはいられない

それが治部殿なのだ~~~


つい叫んでしまうなぁ・・・


33話はとにかく治部殿への愛おしさがさらに増した回だった。

もう増すなんてもんじゃなくて、
爆発的に膨れ上がったというかなんというか・・・


イチバンそれが高まったのが
刑部殿との場面。

ここは何度観ても泣いてしまう

治部殿が初めて見せる悲しげな顔がたまらん。

最初は刑部殿が加勢してくれると思っていて
感激している時のあの嬉し涙的な泣き顔

「刑部殿」

と言って立っている姿が、もう可愛すぎて
可憐過ぎて、愛さずにはいられない

「お体を案じ、今まで声をかけませんでした」

あああ、なんだあの子犬がすがるような眼は
やめてくれ~
胸がキュンキュンし過ぎて死ぬううう

「だが、持つべきものはやはり友」

キャワエエ~~~
こんな深刻な場面で萌え過ぎてごめんなさい(あはは)

あの眼がやばい
すがるような眼
愛しい人をさらに愛おしく思うような眼

姫度が劇的にアップしているんだもんね
誰か姫を守ってやれよおおおおお~~~

愛だわ、愛を感じるわ
観ているこっちも治部愛で頭が爆発してしまうわ

そして

「私が参るのは徳川屋敷だ」

という刑部殿の言葉にみるみる顔が変わる治部殿。

愛に満ちた眼から一転、驚きと絶望の混じった悲痛な眼になる。

これがまたもうもうもうもう
たまらんわぁぁぁぁ~~

なんでこんな顔ができるのだ
眼の形まで変わるんだもんな・・・

こんな可哀想な顔、観ているこっちは切なくてつらい
でも、切ないけど一方では萌え過ぎてつらい~~

「気でもふれたか」

と言った時に治部殿は、驚きと怒りに満ちた顔で
眼の開き方が尋常ならず!
なんつうか白目をむいてて、
黒眼が白目の中に浮いてる感じ

グワッと見開いた眼
一瞬で深くなる眉間のシワ

「ここだけの話として欲しい」

と、殿下の遺言を打ち明ける時は意を決した感が強く、
見開いた眼と固く結んだ口がそれを物語っている。
あの言葉を自分以外に漏らすことの重大さがひしひしと伝わってくる。

それほど、あの殿下のひとことが治部殿にとっては大きかったんだ
・・・と実感できる顔なのだ。
あの言葉が治部殿を追い詰めているように思えるし
あまりにも素直過ぎて真正面からとらえ過ぎて
純粋過ぎる治部殿が痛々しい。

かつて、源次郎さんに
「もっと物事の裏を読め。
素直なだけでは生きていけぬ」
と諭していた治部殿なのに・・・

今はひとりで突っ走っているんだよなぁ

意を決した秘密の告白なのに
「老人のよ迷いごと」
と返された時の驚愕の表情。
これがすごい!!

驚きから怒りへ
一瞬で燃え上がる怒りの顔

「許せぬ!!」

この時の顔は、殿下の乱心を諌めた時の
「乱心されているのは殿下の方」
の顔と似ていた。

そして

刑部殿に
「どれだけの大名がお主に従った」
と言われている時の顔は今にも泣き出しそうな悲しい顔

この顔がたまらん

こんな悲しい顔・・・
今までは決して人前では見せなかっただろう

とにかくただただ悲しい顔
悲しくて泣きたい顔

なんだか幼く見えて・・・

ああ、もう、こんな顔を見ちゃったら
たまらんわぁぁぁ~

刑部殿が正論なんだけど・・・
治部殿の悲しげな顔があまりにも切なくて愛おしくて
どうにかして守ってあげたくなる
悲しいけど、そそるううう~~~
こんな顔されたら可愛過ぎてどうにかなりそうやで

戦国武将同士場面なのに、
しかも戦支度をしているのに
こんなにキュンキュンしてしまう
なんて可愛い生き物なの、治部殿は


なんとか止めよう救おうとしている刑部殿の思いがとても深くて泣けます。

「まだ間に合う」

「もう遅い」

2人の見つめ合う眼から溢れ出てくる思いがが熱くて深い。

治部殿、刑部殿、お互いを思う2人の心が伝わってきて
本当に切ない・・・

切ないんだけど、萌えてしまう

喜、驚、決、怒、悲、そして愛

この場面で、治部殿にはこれだけの感情の波が次々に大きく寄せてきていた。
心を揺さぶられ続けた、まさに名場面だった。

カテゴリ: 真田丸

tb: 0 |  cm: 0
go page top

治部殿のスタパ、最高!!

もうすでに鬼リピしすぎて寝不足でござる(あはは)

治部殿のスタパは最高だった~

なに、あのてんこ盛りは

「アタシを喜ばせたい」(by ヘド姐さん)がいっぱい過ぎて
どこもかしこもリピリピリピ~~

そんな最高のスタパの中でも
拙者の鬼リピすごポイントは3つ


まずは

山本謙信フィーチャー

もちろん水垢離フィーチャーはオイシカッタのだが
これは予想していたから・・・

謙信はまさかあんなに出てくるとは思わなんだ~
だからサプライズ感が大きかったのでござる。

副長、左府さま、三成殿とならべてくれるなんて(笑)


すかす、水ごりの「31話押し」が何度も本人の口から出てきて
ウケた~~~~~~

モチモチ感があった25話
ピチピチパンパンな31話

どっちもお宝でっせ~~~

旭姫のおっさるとおり、
あの未公開水垢離ショットをポスターにしてクレよぉ~
25話の方がエロスを感じるんだもんね
ふふふ



そして、

まさかのLMT映像があああああ~

今またLMTの映像が観られるなんて
あまりの不意打ちにパニクッたもんね。

あんなきれいな映像があるなら売ってくれぇぇぇぇ~

仏語の歌の場面が出て、うれしかったっすよ。

やっぱ、舞台の耕史くんは最高!!!

もっともっと舞台役者山本耕史を、
特にミュージカル、音楽劇の山本耕史の素晴らしさを
世間に広めるべきじゃ~

マハゴニーが楽しみすぐるううううう




もっともテンションが上がったのが
飲み会における副長と山南さんのやりとり

「完璧すぎてつまんねぇんだよ」

「何か月もかけて体作るなんて馬鹿だ」

あっははははは~

「変わってない」(by 局長

今でも飲むと山南と歳になってるのが
もうもうもう嬉しくて嬉しくて

組!脳なんで、これがいちばんテンション上がりました~




磐音さんの時に作ったという浴衣も久々に見た。

あの浴衣を治部殿のおけいこの時も着ていたとは・・・
あんな派手な浴衣で
「私は無駄が嫌いだ」
とかおっさってたのか(笑)

あれとは違うデザインだったけど
黒地にピンクのフラッグ模様の浴衣と甚兵衛はワープで見た。
第二章のこちら
スゲ~派手だった(笑)

耕史ファンなら「浴衣」ってわかっただろうけど
いちばん回答が多かったのが「甲冑」だったな。

「気合があれば甲冑を着て外を歩ける」
と治部殿

ウケた~~~


直江殿のモノマネ再び

まだ未完成なれど、弘前のトークで披露してくださったときより
似てきたような気がした。

源次郎さんのモノマネは、茶々殿のアドバイスのせいか(笑)
息をまじえてますます似ていた!

顔もね(笑)


プラベの充実ぶりと
筋トレ披露もあり
お肌もつやつやで、コウジ最高だった~\(^o^)/

でも

関ヶ原がもうすぐなんだと思うと
つらいなぁ・・・




カテゴリ: 真田丸

tb: 0 |  cm: 0
go page top