FC2ブログ
04«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»06

Calender

New Entries

レクブログ法度

誠に生きる 第一章

誠に生きる 第二章

2011箱館の旅 (途中)

妄想ドリームチーム

Links

Category

All Entries

SOZAI

QR code

誠に生きる〈第三章〉  

副長を崇拝しHEDWIGを愛し山本耕史さんを応援する日記

三成さま・・・

ああ

ほんとに

なんていう

素晴らしい

石田三成なんだぁぁぁ



あの背中

あの眼

あの声


命を賭けて諫言する治部殿に泣いた・・・
涙涙涙だった・・・

悲しいとか切ないといかいう涙ではなく
ただただ心を鷲掴みにされて感動したゆえの涙

心を持って行かれたためにあふれ出る感情の波
その波が大きく押し寄せてきたために涙腺が崩壊したのだ


あああ~
ますます関ヶ原がおそろしくなってきた

ジブさまがあまりに愛おし過ぎて、どうしよう
ほんと、マジでどうなるあたしたち

あああ・・・



スポンサーサイト



カテゴリ: 真田丸

tb: 0 |  cm: 2
go page top

オニワバンで

さっきなにげにケーブルテレビをつけて時代劇専門チャンネルにしたら
オニワバン第183話をやっていて、

『影武者 徳川家康』の時代考証の先生のお話が映っていたのだ。

どんなところを直したか
どんな観点で時代考証をしていったか
スタッフとどうやって話し合っていったか

・・・などなど、台本の具体的な文字を映しての説明が出ていた。

「台本では秀忠が中納言となっているが、この頃にはもう大納言だったはず」
という解説があって、実際に台本を直したところが映ったり・・・

途中から観たので、その前にもなにかいろいろ作品紹介があったっぽい。

なんでオニワバンで取り上げているのかというと
6月から『影武者 徳川家康』がオンエアされるからだったのだ。

そうなのか~

真田丸とも時代がリンクしてるし
何よりも秀忠コウジが素晴らしかったから
時代考証でどんなふうにスタッフが詰めて行ったのか、
めっちゃ興味がわいたぞ~

このオニワバン183話は5/24と5/28にも再放送があるから録画してみようと思う。


今は治部殿だけど、耕史くんは
秀忠もやったし、
秀頼もやったし、
半兵衛もやった

豊臣方での悲劇的な役が似合うけど
秀忠の悪っぽさも絶品じゃったからなぁ・・・



カテゴリ: 秀忠

tb: 0 |  cm: 0
go page top