FC2ブログ
04«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»06

Calender

New Entries

レクブログ法度

誠に生きる 第一章

誠に生きる 第二章

2011箱館の旅 (途中)

妄想ドリームチーム

Links

Category

All Entries

SOZAI

QR code

誠に生きる〈第三章〉  

副長を崇拝しHEDWIGを愛し山本耕史さんを応援する日記

オニワバンで

さっきなにげにケーブルテレビをつけて時代劇専門チャンネルにしたら
オニワバン第183話をやっていて、

『影武者 徳川家康』の時代考証の先生のお話が映っていたのだ。

どんなところを直したか
どんな観点で時代考証をしていったか
スタッフとどうやって話し合っていったか

・・・などなど、台本の具体的な文字を映しての説明が出ていた。

「台本では秀忠が中納言となっているが、この頃にはもう大納言だったはず」
という解説があって、実際に台本を直したところが映ったり・・・

途中から観たので、その前にもなにかいろいろ作品紹介があったっぽい。

なんでオニワバンで取り上げているのかというと
6月から『影武者 徳川家康』がオンエアされるからだったのだ。

そうなのか~

真田丸とも時代がリンクしてるし
何よりも秀忠コウジが素晴らしかったから
時代考証でどんなふうにスタッフが詰めて行ったのか、
めっちゃ興味がわいたぞ~

このオニワバン183話は5/24と5/28にも再放送があるから録画してみようと思う。


今は治部殿だけど、耕史くんは
秀忠もやったし、
秀頼もやったし、
半兵衛もやった

豊臣方での悲劇的な役が似合うけど
秀忠の悪っぽさも絶品じゃったからなぁ・・・



カテゴリ: 秀忠

tb: 0 |  cm: 0
go page top

陽くんがいっぱい

ネット検索をしていたら、こんな記事がひっかかった!

・マイナビニュース
黒猫ルー&シーの写真50枚公開!
"猫の日"に山本耕史主演ドラマ一挙放送


明日はアニマルプラネットで黒猫ルーシー一挙放送とな!!!

2月22日が猫の日に制定されてて、
毎月22日を猫の日SPにしているらしい。

記事もいいが、なんつってもアップされている写真の数がすごい
いい写真ばっかしじゃ~

1枚1枚見ていくうちに次々に思いだしてきた、あの陽くん、その陽くん。
そして
あのオープニング曲や例の劇中曲小フーガト短調が耳元で聴こ始めた・・・

これって、ホントにいいドラマだった。

数ある写真の中でもイチバン好きなのが
この写真だ

いい写真だなぁ~

カテゴリ: 黒ねこルーシー

tb: 0 |  cm: 2
go page top

続々と

今日また新たなキャストが発表になった

大坂の陣に欠かせない3人

うお~
大野治長にまさかのカマキリ将軍!!

長宗我部盛親は局長兄さんだ~

先日は宇喜多秀家役にヒンドリーぼっちゃまが発表されたばっかしで・・・

関ヶ原に向けて、西軍側が次々に!

関ヶ原、来ちゃいやだぁぁぁ(T_T)
でも、見たい
でも、来ないで
でも、観たい
でも、いやだ
でも・・・

で、

治部殿の重臣である島左近殿は誰なんだろう

さこたん、きっと出るよね、ね!ね!ね!

関ヶ原での鬼人のような戦いぶりが東軍の間でも語り草になっていて
さらには、
「討ち取った黒田長政軍の兵士たちは何年も戦場の左近が出てくる悪夢にうなされていた」
という逸話まである人物だからなぁ

左近役がヒンドリーぼっちゃまだと思っていたけど、違ったし・・・

ホントに続々とお知らせが来ますな!

お知らせといえば、真田丸特番の秀吉チルドレン
プレミアトークでは治部殿が再放送について話しておられたが
ちゃんとNHKドキュメンタリー公式出ている~~

再放送というよりはスペサルバージョンやないの

「未公開素材や山本耕史&新井浩文の対談もタップリお見せします」

やったぁぁぁぁ~

「治部殿&清正殿の対談をもっと見たい!」
ってさんざん友に言っていたから、まさにドンピシャなオンエアじゃ~

5月29日(日) NHK総合テレビ 16時から

この日はまさにジブ祭りじゃ~



カテゴリ: 真田丸

tb: 0 |  cm: 0
go page top

祝杯ふたたび

昨日のあさイチプレミアトーク

あまりにも素晴らしい内容だったんで、
全体を5回、部分的には鬼リピしちゃってます

おかげで寝不足だぁ(どんだけ~)

予想以上の充実トークで大大大満足だったぁ\(^o^)/\(^o^)/\(^o^)/

でも内容について細かい感想を書く気が起こらない・・・

それは、なぜかというと、
しみじみと、心の底から、幸せそうな耕史くんを見て
なんかジーンとしてしまったからなのだ。

もちろん、三成トークも組!トークも
生演奏も生書道も生足も(あはは)
感動の連続だったのだが・・・

プライベートなことは、ま、聞かれるだろうけど
「そこそこでいいや~」
などと最初は思っていた。

アンケートでは三成話がダントツ1位だと思ったのに
結婚が1位でビックリしたもんね。
「三成じゃなくて結婚話かよ~
みなさん、そんなに関心あるもんなのか」
とおろろいたし。

でも、結婚生活について語る耕史くんを見ていたら
なんか、うれしくなったっすよ

人生の中で大きな決断をした、その決断が間違ってはいなかった
・・・っていうか、
結婚についてこれだけよかったと言えるって、ホントすごいことだ。

のろけとか、うけ狙いとか、リップサービスではなくて
自然に当たり前のことを当たり前に語る姿。

そこに流れる充実感と幸福感・・・

なんだかしみじみとうれしい気持ちになった。

今になって、ふたたび
「ああ、本当に結婚おめでとう」
と祝福したくなったのだ。

自分のごひいきの役者さんの結婚がこんなにうれしい気持ちになれるって
なんて私は幸せ者なんだろう・・・

って、一方的な拙者の思い入れなんですが(^^;

ホントにホントに、素晴らしい人生のパートナーに巡り合えたんだなぁ(嬉泣)

「おめでとう」
と勝手に祝杯あげました!

なんとなく白でも赤でもなく、今回はロゼで
祝杯ふたたび

しみじみ・・・・

・・・


・・・・・・


・・・・・・・


しみじみで終わろうとも思ったが
やっぱちょいと書きたいツボ

書かずにはいられないアホブロガーのサガよ(笑)


・最初の誠の旗の映像で
ああああ~
と声に出して叫び
組!メインテーマで涙ぐむアタス。

12年経っても無意識に出るこの反応は、
もはや条件反射か(あはは)

そして

復活副長映像でさらに
「うああああ~」
と叫んでしまう、
そして、涙目になってしまう
これはもう自分ではコントロールできないレベルのものだ。

さらに

「命がけで口説いた香取慎吾」

やっぱ、これを副長の口から直接聞くと

「ひゃっは~~~\(^o^)/\(^o^)/\(^o^)/!!」

と、頭が一瞬にして祭りになる

コレは意識レベルを超えてるのだ。




・三成さま等身大ハパネルがかっこよすぎて

あれ欲しいぃぃぃぃ~~
売ってくれ~~~

でも、買ったらどうすんだ(笑)




・生サックス、生書道
ときて、生足までキタ~

生生生の極上生コウジ三連発

あの細い足首からずずず~っと長く細いまま伸びて
膝近くにだけいい形についてるふくらはぎの筋肉

こんな完璧な膝下を持っている人間がこの世に何人いることやら・・

しかも、この完璧な膝下は驚くほど白くてツルスベなのだから
もう、人類初の膝下なんじゃないか(大げさ)




・真正面から映すと、やや丸っこく見えるコウジ鼻
すかす、ちょと斜めのアングルになったとたん、ツンと尖った美しい鼻筋になる

真正面だと丸みがあり
斜めからだと鋭角になり
さらに真横からだとギリシャ彫刻のような西洋鼻になる

コウジ鼻は映す角度によってまるで違うテイストで
だまし絵のような不思議な鼻。

特に斜めからが絶品じゃ~




・忘年会の幹事話

「ああ~わかるわかる!!」
と膝を打ったっすよ。

拙者もなにかと幹事になることが多い。
少人数から大人数、学生時代やら組!やらコウジ仲間やら仕事絡みやら
なにかと集まる機会が多く、ほとんどいつも幹事なのだ。

特に、日が経つにつれて微妙に気持ちに差が出てくる、あの感じがわかるううう
途中で復活してくる人もいるっていうのもわかるうう

で、「傷つく」ってのもわかるうう

でも、副長の偉いところは
「そんな気がないのに今まで無理してきてくれてたのかって考えると
感謝の気持ちになれる」
というところ。
そういうふうに角度を変えて考えることができる副長を尊敬するし、
ついつい愚痴ばかり先に立つ自分に置き換えて反省もしたっすよ。




・BGM2種
治部さま関係の話のときは真田丸
話題が組!関係に変わったとたん、すぐに組!メインテーマが流れる

これがちょっとうれしかった。



まだまだツボがいっぱいだったなぁ・・・


共演者がどんどんいなくなるさみしさ

自分がもっと出ていたいというわけじゃなく
ひとり残される信繁を置いていくのが切ないので
できることならずっと支えてあげたい

という治部さまのお言葉に、いずれは来る関ヶ原を思って泣きたくなった・・・

と、同時に

「みんないなくなっちまった」

と、一人残されたさみしさや孤独を味わった副長だったからこそ、
実感として言える言葉なんだろうなぁと思うとまた泣けてきた。

関ヶ原、箱館、二方向からの思いで泣けたのだった。


ほんと、今からジブロスが怖いなぁ・・・

カテゴリ: 真田丸

tb: 0 |  cm: 4
go page top

集中!集中!

今日はあさイチに治部殿が登場じゃぁぁぁ~

やっほ~~~\(^o^)/\(^o^)/\(^o^)/

トークゲストってだけでもうれしいが
なんせ今朝はNHKだから真田丸関係の話がいっぱい聞けるのだ!
だからいつもよりさらに楽しみなのじゃ\(^o^)/

ひゃっは~~~
ほほほ~~~い

・・・・って

いかん

いかん

仕事に集中せねば。

つい先日も、コウジ関係が楽しみ過ぎて、
仕事でミス連発でやらかしてしまったばっかしだった(^^;

今朝はあさイチのことは心の奥にしまって
仕事に集中するんだ!!、
わかったか!!!
集中集中!!!!!!

自分に必死に言い聞かせてますが・・

人間、言われれば言われるほど、気にかかってしまうもんじゃ(笑)

楽しみ過ぎて、ハフハフしてくるもんね~

「言ってることがおかしいだろ」(by 治部殿)


うわついておる、完全に今朝は・・・


またやらかしたら大変だ!!

「おぬしに隙があったから
こういうことになったのだ」(by 治部殿)

・・・なんてことにならないように

とにかく、集中!集中!


帰ったらご褒美が待っているんだもん
がんばろ~~~

カテゴリ: 真田丸

tb: 0 |  cm: 0
go page top

今度はコニャック(追記あり)

今日はイベントにご出席かぁ

昨年末のジンイベントに続き、今度はコニャックとな!

最近、お酒のイベントに呼ばれることが多くないか!?
いっそのこと、お酒のCMに出て欲しいな~

サントリーさん、いかが

で、

イベント耕ちゃん

久々に奥さんのこと聞かれて記事タイトルにも出てますな

いっときは、こういう見出し系ばっかで、うへ~ってなってたけど
今はなんか久々で嬉しいわん(笑)

・まんたんweb
山本耕史:妻・堀北は酒豪?「僕より強い」 グラス片手にご機嫌トーク


写真、めっちゃ多いな
きれいな顔だ、ホントに

すかす、なんという服だろう
これ、いっそのこと上下同じ色のスーツならいいのに・・・
なんか黒いボトムがダサイ

(追記)
このエンタメOVOの記事
山本耕史「しょっちゅう飲んでます」 堀北真希が「酔っ払ってるのは見たことがない

を読んだら、ジャケはゴールドだったとのこと
そうだったのか、なら上下同じは派手過ぎるからボトムは黒でいいかも。
てっきり光沢のあるブラウン系かと思っていた^_^;
すかす、黒のボトムとジャケットの質感が違うんでなんだかなぁ!?
・・・て、あだこだ言ってうざいっすよね(笑)

ま、すごいコーデには変わらないが・・・

がたいいいっすよね!
鍛えておるな!!



おやじギャグも炸裂(笑)
いや~幸せオーラきらっきらでいいなぁヽ(^。^)ノ


・スポニチ
山本耕史 堀北真希の酒豪ぶりに脱帽「酔ったところ見たことない」


3杯も試飲しちゃってんのね(笑)
かわええなぁ


・TVfan
山本耕史「しょっちゅう飲んでます」 堀北真希が「酔っ払ってるのは見たことがない」




・オリコン
山本耕史、妻・堀北真希は“酒豪”「酔ったところを見たことない」



・シネマトウデイ
山本耕史、妻・堀北真希は酒に強い!おのろけエピソードさく裂


おのろけって言葉も久々じゃ~(笑)
奥さんの前だと楽しくなってよく笑うって、カワエエなぁ


・スポーツ報知
山本耕史、妻・堀北真希は「僕よりお酒強い」



・デイリースポーツ
山本耕史 堀北真希は酒豪



・サンスポ
山本耕史、堀北真希の酒豪ぶり明かす
「奥さん、強いですよ。酔っ払ったのを見たことがない」



なんか今日はめまぐるしかった
マハゴニーで悩み
三成記事書いてたら
マハゴニービジュが来て
明日はプレミアトークじゃ~~
と、また三成モードになっていたら
イベントが来て・・・

頭が爆発してますねん(笑)

カテゴリ: ・その他のコウジ

tb: 0 |  cm: 0
go page top

マハゴニービジュアル、キタ~

ででででででででででででたぁぁぁぁぁぁぁ~

マハゴニー公式に宣伝用ビジュアルキタ~

きこりのジムたん、汚ねぇ(笑)

白井さんは耕ちゃんを汚すなぁ(笑)

でも、いいカンジ!
なんか新しい~~~\(^o^)/\(^o^)/\(^o^)/

かなり野性の男

今までに見たことのない山本耕史だ!!


廃墟!!

趣味だわぁぁぁ

この濃い面々を見よ!
なんかすごそう


ま、あくまでもイメージビジュだから
実際の舞台ではどんなビジュアルなのかはわからんが・・・

なんとも曲者揃い感がハンパなくて
期待大じゃぁ~~~




カテゴリ: マハゴニー市の興亡

tb: 0 |  cm: 0
go page top

三成語り 第19話(3)~ウレイジブ

聚楽第での治部殿

淡々とこなす職務も素晴らしいが・・・

席をはずせと言われる前に察してその場を去るところが有能
しかも、それ相応の理由付けがちゃんとできている。

出来る男だけで、わきまえてて
出来過ぎない加減がジブクオリティ


・・・・と

ここまではいつものジブクオリティだったのだが

なんとなんと
ラストで、あのような治部様が来るとはぁぁぁx~

ひゃっはぁぁぁ~~~\(^o^)/\(^o^)/\(^o^)/

今週のベストワンはラストのジブさまのひとりごと

まさかまさかの、「今までとはちがう治部」

みっちゃん、どうしたぁぁぁ~~


この場面はとんにかく美しさが際立ってた。

隙なく常に冷静で、公の場では感情を表すことなく
常に完璧に見えた石田治部少輔三成殿が・・・

先行きの不安と動揺を垣間見せてくれるなんて

ああ、もう、魅力的過ぎて死んだ


「この先殿下は、どこへ向かわれるのか」

この時の憂いを含んだ表情がたまらんかったぁぁぁぁ~

そして、こう言ったあとに、

「なにを言ってるんだ俺は・・・
俺としたことが」
みたいに眼が微妙に左右に振れ、口が小さく動く。

このびみょ~~~~~~~な動きがすんばらしい

この微妙な動きで、鉄壁に冷静だった男が見せた動揺がわかる。

これがまあ色っぽいことといったら、もう~~~

「独りごとだ、聞き流せ」

あああああシビレルうううう

「聞き流せ」

「ききな」
くらいまで伏し目で
「がせ」
で目線を上げる時の厳しい表情がたまらんわ

厳しいけどエロっぽいぃぃぃ

大人の男の色気を感じるわん

サリエリさまや左府さまの色気だだもれとはまた違う魅力。
ハードで硬質な男から漏れ出てくる色気なのよね、そうなのよね。

たまんねぇぇぇぇぇぇぇ~~~~~



そして、さらにさらに

予告の治部殿にやられた。

「口を出すな!!」

きゃぁぁぁぁっぁ~
あの治部殿が声を荒げておられるうううう

来週が楽しみ過ぎる・・・


今回もいろいろあってどの方も素晴らしかったが
忠勝さまの涙にきゅんとしつつ、
信伊殿の月代スタイルに萌えました。
色男だなぁ、ホントに・・・

カテゴリ: 真田丸

tb: 0 |  cm: 0
go page top

三成語り 第19話(2)~スーパージブ

次の治部殿は

みんなが待ってる(笑)御文庫シーン

ここまでで「隙」「隙」ときてここでまた「隙」の

すきすきすきの三連発(笑)

「隙があったんだと思うな」(by きりちゃん)

「お前に隙があったのだ」(by 秀次さま)

ときて、隙三連発のシメは

「おぬしに隙があったから
こういうことになったのだ」 by 治部殿


あっはははは~

こういう三連発って王道よね

隙が二連発キタから
絶対に治部殿も「隙」って言うだろう
って思わせといて

「おぬしに隙があったから」

「やっぱ、思ったとおり
隙がキタ~~~」

って心くすぐられるのよね!

思い通りの展開過ぎて笑えるっていうのが三連発のツボじゃ。

この三連発は「隙」三連発
それぞれの言い方の違いが笑えるし
だんだん叱られかたがきつくなっているってのがツボるのだ。

で、応える信繁さんがだんだん認めていくところがさらなるツボを呼ぶ。

「ない!」

「不徳のいたすところです」

ときて

「はい、そうです
私に隙がございました」


と全面降伏してるううう(笑)

この時の信やんの
「はい、そうです」
が絶品過ぎて、もうホントにすばらすぃ~

言い方が
「はい、そうです」
ではなくて
「はぁい、そです」
になってるんだもんね

絶品じゃぁぁぁぁぁ~~~~\(^o^)/

「おぬしに隙があったから
こういうことになったのだ」
「はぁい、そです
私に隙がございました」

ぶはははあ~

「おぬしに隙があったから
こういうことになったのだ」
「はぁい、そです
私に隙がございました」

あはははは~

「おぬしに隙があったから
こういうことになったのだ」
「はぁい、そです
私に隙がございました」

だっはははは~

「おぬしに隙があったから
こういうことに・・・・

あまりにツボってこの2人のやりとりばっかし鬼リピしちゃったもんね!


ツボと言えば、御文庫にくる前のシーンで
秀次さまに
「あとは石田治部かなぁ」
と言われた時の
「じ、じぶさま・・・」
って信繁さんのリアクションもツボだった

なんだ、あの微妙な表情は(笑)

助けてもらえるだろうけど、
絶対に辛辣な言われようだろな・・・
厳しいだろうな・・・
って思いからか!?

で、治部さま厳しかった(笑)

でも、ちゃんと助けてくれたもんね

はぁ~よかったやっぱ頼りになるお方ね、治部さまうふっ

って思ったら、前から決まっていたとのことだったって(笑)

なんなのさ~~この人たちはぁ~~

あんなにも恐ろしい大坂城の中で
視聴者へ憩いのひと時を提供してるじゃないのさ~~


「心配するな
清正は九州に行く予定になっておる」
ってなんで最初っから言ってやらないのぉ、みっちゃん(笑)

信繁さんにさんざんあだこだ言って

「世話のやける男よ」

って捨て台詞を吐いて
そして、その直後に、
刑部殿へ向けるあの穏やかな顔ったら、もう

違いすぎるううううう(笑)

なんなのさ~~この人たちはぁ~~


すかす、観ている側も
「石田治部に言えばなんとかなる」
って思える、この絶対的な信頼感・安定感は凄い。
「あの男なら、出来る」
「ジブならフォローしてくれる」
っていうこの「頼りになる」感がハンパない!

スーパージブだわ、ホントに!

カテゴリ: 真田丸

tb: 0 |  cm: 0
go page top

三成語り 第19話(1)~ケンランゴウカ

19話はもうなんつうか
ハラハラドキドキが多いやら
ゾゾゾワァ~って寒気もするやら
しみじみふわぁ~ってしんみりするやら

観ているこっちも翻弄される回でしたなぁ・・・・



そんな中での治部さま

美しさに磨きがかかっていて
ラストのひとりごとが最大に萌えたぁぁぁ

「ジブ変化、キタ~~~」って感じ。


まず

19回のファーストみっちゃんは、
聚楽第の見取り図を広げるシーン

足だぁ足~~
先週に引き続き、
座っているみっちゃんの出ている左足がなんか好きじゃ(あはは)

「屋根には金箔の瓦を並べ
ことごとく絢爛豪華に造ります」

この台詞の時の
「けんらんごうか」

「らん」

「ら」
が好き~~~

こまけ~(笑)

耕史くんの「ら」は前が「ん」だと
「ら」と「ん」がくっついた感じ
ちょっと英語っぽいような、鼻にかかる発音になるのだ。

こういう「ら」がたまらなく好きなのだ~~

(実は、前の追っかけの君も「ら」の発音がそうだった)

だから、治部さまが
「けんらんごうか」
って言っただけで萌えたぁ

細かくてスンマセン(あはは)


「源次郎が来ないのなら
私はここに残ります」
という茶々さまの発言に三人三様の表情が映る。

この時の治部さまは、伏し目からぱちっと目を開き
微妙な眉間のシワと光の入った眼がキラリンってしてて
美しい~~~

どんどん美しさが増してきてるなぁ、もう


カテゴリ: 真田丸

tb: 0 |  cm: 0
go page top

絶賛漂流中

ダメだぁぁぁ・・・

決められない・・・

あっちへ選んでみたり
こっちを優先してみたり

ふらふらしつつ、また戻りつつ

ずっと漂流してまする

たゆたう小舟のごとしじゃぁぁぁ~~


なんのこっちゃ(笑)

あれやで
あれですがな

そうですねん
マハゴニーですねん

マハゴニーチケットで絶賛悩み中

「今回は娘の出産やらリフォームやらで多大な出費が重なってるから
枚数抑えねばならぬぞえ」

という決意のもと挑んだが・・・

考えに考え抜いて決めたのを見ると
あんまりいつもと変わらんやないの(え)


そればかりか、マハゴニー市民席なるものまであるから
またまた悩むうううう

座ってみたい・・・
でも、どんなものかわからない

予想できないもんね

単なるサイドシート席とは違うみたいなんで
マハゴニー市民として生きてみたい気もするし(大げさ)

この日にするか
どの日にするか

・・・

・・・・・

・・・・

そんなこんなで悩みつつステージ日程を見ていると
ついつい増やしそうでコワい

「これ以上増やさない!!!!!!!」

そう思って、また悩む・・・

プレビューもあるしマハゴニー市民席もあるし
どんな舞台になるか想像もつかないし

「日本では殆ど上演されていない最大の問題作に劇場をあげて挑戦」
なんてのを読むといっきに買いたくなるし・・・



イチバンの問題は「飢え」なのじゃ

コウジヤマモトの舞台に飢えているから
コウジヤマモトの舞台の歌声にに飢えているから

チケットへの欲望を抑えきれないのだ~


ああ、悩む悩む
また変えてみたり、元に戻したり

決められないまま漂流中

ふ~らふら~~ら~

カテゴリ: マハゴニー市の興亡

tb: 0 |  cm: 2
go page top

驚異のバックシャン

昨夜のスマスマ

コピスマ副長再びだった~

今回は黙って見ているだけっぽかったが
いやいや、どうしてオイシカッタ\(^o^)/

だって、局長と副長が並んでいるんだもん
それだけでもうオイシイのさ~

二人で向かい合って振り返っている図とか
局長となにか言葉を交わしている図とか

局長を見るときのねっとり視線は変わらないし(笑)

アホぼんみたいな無防備な笑い顔がカワエエし

なにもしなくても、そこに二人で立っているだけで
あたしゃ、幸せなのよぉぉぉぉ~

で、何よりもオイシイのは、この全身後姿じゃ

バックシャンなんて言葉、いまはもう死語かもわからんが(^^;
あの驚異の脚長よ
胴が短すぎるだろ!

肩幅ががっちりあって
ケツがめっちゃ小さくて
まぁ~~~っすぐに伸びた脚ぃぃぃ

バックシャン

このまま振り返ってピンスポになって
キメキメで踊りだして欲しいぜ!!

スーツでダンスがまた見たいなぁ
キレッキレのやつが。


カテゴリ: ・新選組

tb: 0 |  cm: 0
go page top

やまぶきの花

昨夜の真田丸で象徴的に出て来た
あの黄色い山吹の花。

山吹の花といえば、太田道灌の山吹伝説や、いろいろな歌集で詠まれている花だが・・・

(学生時代にほんのちょこっとだけ万葉集をかじった身なので)
拙者がいちばんに思い出したのは万葉集の高市皇子の歌だった!

山振(やまぶき)の 立ちよそひたる山清水
くみに行かめど道の知らなく


これは、高市皇子が、急死した十市皇女のために詠んだ挽歌。
(一説には)山吹の花の「」色と山清水からの連想される「」で
黄泉の国をイメージしているとも言われているのだ。

だから、19話で山吹の花が出て来たとき
「死」を連想してしまったのだ・・・

そんな連想があったからだろうけど
山吹の花の鮮やかな黄色は、一見明るく華やいでいるが
なにか象徴的で死後の世界を感じたのだった。


象徴的な黄色い花といえば、まっさきに思い浮かぶのが
組!の菜の花

菜の花は、山南さんの死とリンクする花。

第33話「友の死」

山南さんが
「菜の花はまだ咲かない」
と否定したのに
「咲くこともあるやろ」
と明里。
さらに山南さんは
「ないですね」
ときっぱり否定した。

それなのに切腹の前の最後の逢瀬のとき
明里は死に装束姿の山南さんに菜の花を見せて
「これ、菜の花やろ?」
と言う。
そして
「な、今頃でも咲くことあるんよ。
うちの言うてたとおりやろ」
という明里の言葉に
「私の負けだ」
と返す山南さん。

最期の時を前に黄色い菜の花が可憐で哀しかった・・・

以来、菜の花を見ると山南さんの最期を思い出してしまうのだ。

黄色は本来は、明るくて楽しいイメージなのに
組!を観た後では、なにか哀しい色に思えてしまう。


そして今回の山吹の花・・・

三谷さんは黄色い花の使い方が象徴的ですごいと思った次第っす。


カテゴリ: 真田丸

tb: 0 |  cm: 0
go page top

ナニワの監察方の三成史跡レポ(追記あり)

MEET三成展と史跡を巡ったナニワの監察方からも写メが届いたので
紹介させていただきまする!!

ナニワの監察かたが1日で廻ったのは、
こういうスケジュールだったそうな。

三献の茶の舞台・大原観音寺→米原会場
→出生地、供養塔、石田会館
→長浜会場→長浜城→龍潭寺
→佐和山城跡登山→彦根会場→治部少丸
→佐和山城の大手門、山門を移築したと言われている宗安寺、妙源寺

監察方曰く

「電車、バス、タクシー、レンタサイクルを駆使して回ってきました!
1日で回るにはかなりの強行軍でしたが、頑張ったよー」

とな!

すごいなぁ、一日でここまで廻れるとは!
さすがは健脚&パワフルなナニワの監察方だ!!

(追記 5/16 14:30)
※の付いた太字の文章が、説明不足だったところの補足で追記した部分です。



まずは

観音寺にあった「耕史くんのサイン」
観音寺耕史サイン



米原会場のパネル
「三成は悪くない!!」
(※これは水戸光圀さまのお言葉の引用です)

米原会場



長浜出生地近くにあったのぼり
長浜出生地のぼり1



石田会館内に展示してあった
「三成を訪ねて来た方々」の分布図。
※これは去年の三成フェスのものです。
今回のMEET三成展のものは、まだ始まったばかりなので
本州にまばらにシールが貼ってある感じでした。


海外からも来られるんだって!
そういうところは土方資料館と共通するものがあるね~
町全体の雰囲気も日野に似た空気も感じました♪

長浜石田会館三成分布地図




MEET三成展長浜会場の近くにあったなりきりパネル
※これは「佐吉くん」という公式キャラクターです。
長浜石田会館



MEET三成展長浜会場に建っていたのぼり
MEET長浜会場のぼり2

のぼりのキャッチコピーはそれぞれ

「信繁の運命を拓いた大谷吉継」
「豊臣家の運命を握った淀殿」

「豊臣家の運命を背負った片桐且元」
(コバさんのトークショー思い出す/ _ ;
板挾み人生の片桐さま…)

で、治部殿のキャッチコピーは

信繁の運命を左右した石田三成



長浜城天守閣にあった案内板
真田丸特番で耕史くんがここへ行ったとき館長さんが
「外に出られるのは珍しいんですよ」
って言ってたでしょ~あの場所です。
(ちなみに長浜城では期間限定であの直江状が公開されてます)

こんな風にかなり剥がれて、時たまめくれあがったりしていて、
訂正のため貼った「三成出生地」の下の文字が見え隠れしていました(^^;
長浜城天守閣案内板

長浜城天守閣案内板 (2)




佐和山城入口
※これは入口付近にあった杖。
この中の杖を耕史くんも使ったのかな!?。

佐和山入口


今回のお土産です。
お土産



レポは以上です。

とにかく地元の方々が言いたいことは米原会場にあったパネル
「三成は悪くない!!」
という言葉に集約されているような気がしました!!





ここまでがナニワの監察方の報告でした。

ホントに行きたくなって困るううう
ああ、行ってみたいよぉ~~
何度も言うけど、行ってみたい!!

やはり地元は空気感が違うもんなぁ・・・
みっちゃんへの愛情にあふれているし、
暖かい気持ちを感じることができると思うから。

ありがとう、ナニワの監察方\(^o^)/

カテゴリ: 真田丸

tb: 0 |  cm: 0
go page top

ワクドキ(追記あり)

昨日から真田丸公式にこんなつぶやきがアップされている

「まさか、あの人が出演…!?」

っていう一文に心乱れる(あはは)

最初に考えたのが
脚本家のあのお方のご出演

でも、

「大河ドラマファン待望」

というのを見ると

あの武将をあのお方がぁぁぁ~

組!つながりで、

芹沢センセか

局長ってことはないだろうけど

斉藤かにゃがくらさんか

組!から離れて「大河ドラマファン」ってのをメインに考えると

まさか独眼竜のあのお方か

元武田信玄のあのお方か


・・・・

・・・・

・・・

などと予想はどんどん広がるばかりじゃ


こういうのってワクワクドキドキして
勝手にいろいろ妄想するから
発表まで楽しい♪


今日はなんだかワクドキしてて落ち着かない朝ですな


(追記)

出先で公式ツイをチェックして
思わず
「マジでぇぇぇ~」
と声に出してしまったっすよ。

まさかまさかの呂宋助左衛門 復活

当時、夢中で観ていた『黄金の日々』
すけざ様はもちろん、五右衛門にやられてました~
そうだ!!
このときの秀吉さまは緒形拳さん、治部役は本多正信だった!

うひゃ~~~
まさかこんなサプライズがあるとは

ミタニンが何度も語ってきた
「大河ドラマの中でいちばん好きだったのが黄金の日々」
という言葉が蘇るううう

カテゴリ: 真田丸

tb: 0 |  cm: 0
go page top