FC2ブログ
01«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.»03

Calender

New Entries

レクブログ法度

誠に生きる 第一章

誠に生きる 第二章

2011箱館の旅 (途中)

妄想ドリームチーム

Links

Category

All Entries

SOZAI

QR code

誠に生きる〈第三章〉  

副長を崇拝しHEDWIGを愛し山本耕史さんを応援する日記

あけっちー最高!!

拙宅のここ

「そんな岩下さんの明智光秀、
すごく楽しみじゃ~\(^o^)/
絶対に「アタシを喜ばせたい」だらけの光秀だと思うから(笑)」

って書いてたけど

予想を遙かに越えたすばらすぃ~明智光秀だった

岩下光秀さま、最高~~\(^o^)/\(^o^)/\(^o^)/

「アタシを喜ばせたい」度があんなにも高いあけっちーが来るとは・・・


第4回を観終わって、あれもこれも印象に残ったのだが
なんせあけっちーの破壊力がすご凄過ぎて(笑)
ひれ伏しました~~

今までの明智光秀像がガラガラと音を立てて崩れた
そして、新しい光秀像がぬおおっと現れたのだった

妖しい~~~~
あの妖しさはなんだぁぁ~

こうなんつうか、絡みつくような、にゅわら~っとした妖しさ

ぼこられて血まみれなのに、にゅわら~っと滲み出てくる、
あのうっとり感、あの幸福感、あの満たされてる感

愛だわ、愛よね
愛ですもの

うふふふ

アブノで禁断過ぎる(笑)

明智光秀ならぬ「アブノ光秀」だわん(うふふ)

うっちー家康に介抱されてる時に、あけっちーに紫がかったピンクの照明があたっているように見えたのは気のせいか(笑)

戦国時代4コマ漫画の『SENGOKU』に出てくる信玄をチラッと思い出してしまった(あはは)


岩下せんせいの明智光秀は、衝撃的で魅力満載

アブノっぽさもありながら、品があって艶っぽくて

もう明智光秀といったら、岩下あけっちーしか考えられない!!

ああ、ホントにホントに「アタシを喜ばせたい」光秀だった\(^o^)/

スポンサーサイト



カテゴリ: 真田丸

tb: 0 |  cm: 3
go page top

真田丸が楽しい

真田丸、もうすでに絶好調~~

そう感じるほど毎回毎回がおもろいもんなぁ

45分があっという間で、
「ええもう終わりなのか」
「来週が楽しみ~」
と毎回毎回ワクワクしてる。

幕末じゃなくて戦国なんで、知識がなくてこだわりもないから
肩に力が入らずに気楽に楽しめるし・・・

なんといっても個性あふれるオジサマたちが濃すぎるほど濃くて
それぞれがみんな素敵なんだもんね
もちろん、真田パパがその筆頭なんだが・・・

わたしゃ、うっちーの家康がたまらんのよ
出てくるだけで嬉しくなるほどじゃ~

まず葵の御紋が出るだけでテンションが上がってしまう!
やっぱ、葵に弱いアタス(笑)

で、あのうっちー家康があまりにもハマってるんだもん

いくら戦国時代でも、武力とか威厳とか貫禄とか
そればっかしが日常じゃないだろう、

姑息だったり、粗忽だったり、スチャラカだったり(笑)
でも、数々の修羅場を生き抜いてきたような凄みもあって
人間味あふれるホントに魅力的な家康なんだよなぁ~

真田パパとうっちー家康との対決はすごかった!!
あの腹の探り合いと嘘の付き加減
過去の因縁を抱えての睨みあい
嘘 対 嘘の騙し合いと騙され合い
スリリング~~~

信長が登場するまでの緊迫感たるや
すぐには会えないってのがさらに恐ろしさ偉大さを増幅させていて・・・

そして聞こえてくるあのブーツの足音
姿はまだ見えず、ただ足音だけが鳴り響き、
それがじわじわと近づいてくる・・・
おおおおおそろしや~~~

なんか、ジュラシックパークでティラノザウルスが初めて登場するシーンを思い出した。
まだその姿は見えないが地響きがして、それがどんどん近づいてきて
そのたびに水たまりがユラユラ揺れる。
来るぞ来るぞ来るぞぉぉぉ~~~
というドキドキハラハラ感がどんどん増幅されていく・・・

信長さまとは全然シチュエーションは違うんですが^^;

見ごたえありますのう\(^o^)/

こんな濃いオジサマたちに囲まれている信繁きゅん
まだ何色にも染まってない感じがいいなぁ

とにかくカワイイ弟

そして、健気なお兄ちゃん
「今日は兄ちゃんはどんな目に合うんだろう」
って期待してまう(笑)


さらに

組!ファンとしての楽しみもある!

勝手に思い込んで見てるってだけですが^^;
何でも組!に結びつけてしまう組!脳なんで(あはは)

第一回を見た時に
「オープニング映像の中でも2ヶ所ほど組!っぽいところがあるうう」
(鬼瓦と窓の格子)
って思ったし・・・

(ちなみに、オープニング最後の突撃する真田軍を見て
「これってまるでロード・オブ・ザリングだ~」
って思っていたら、公式サイトのインタビュー
「ロード・オブ・ザリングを目指し」って書いてあった(笑))

第2話では、ここで書いたように芹沢鴨暗殺の回の台詞とダブったし・・・

第4話では、信繁がうっちー家康に「真田の弓立てには車を付けてる」って言うところで
「ワタシが考えました」
って自慢してたシーン。
この台詞を聞いて
「観柳斎キタ~~~」
って勝手に盛り上がってたもんね(あはは)

観柳斎の台詞を山南さんに言わせるなんてぇ~~(笑)

(ホントにミタニンが狙ったのかどうかはわからんですう
勝手にワタシが思い込んでるってだけです^^;))

こんな風に何でも組!脳で考えていると、
「三成さま初お目見えの時は、どんな台詞だろう!?」
っていろいろ妄想してしまう。

「待たせたな」
はベタすぐるから(笑)
みったんには副長以外の台詞を言わせるのでは・・・
軍議の場面だったら
「あらゆる事態に備えて策を練っておくのが軍議ではないか」
ってのもありかと・・・
みったんが山南さんの台詞を言うのよね

あはは~~

勝手に妄想し放題っす


こんな風にいろんな楽しみ方ができて、
ホント楽しいですな、真田丸!!


三成さまのビジュアルを早くうううううううう

カテゴリ: 真田丸

tb: 0 |  cm: 2
go page top