FC2ブログ
07«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»09

Calender

New Entries

レクブログ法度

誠に生きる 第一章

誠に生きる 第二章

2011箱館の旅 (途中)

妄想ドリームチーム

Links

Category

All Entries

SOZAI

QR code

リンク

誠に生きる〈第三章〉  

副長を崇拝しHEDWIGを愛し山本耕史さんを応援する日記

コウジ魂

んで、とくダネの独占花婿インタビューっすよ!!

観る前にさんざん友達から「ああだったこうだった」と聞かされていたし
反響の大きさからかなりのインパクトだったようだから
いったいどんだけ~~~~
と、ワクドキで観たら

なんだ、意外にあっさりしてるやないの(笑)

いつものコウジクオリティじゃないか~

こんだけであんなに世間様はインパクトを受けるもんなのかいな~

・・・・と思ってしまったワタスはオカシイのか(笑)


インタビューの始めに、笠井アナと握手を交わす花婿コウジ
あまりにも嬉しさがこぼれ出ていて、これだけでも爆笑した

「顔に出るんだ。
あんな素直な人、いないから・・・」
(by 総司)

あっははははは~~~

花婿インタビューを見て、
次々に浮かんできた組!組!!台詞の数々

「変わってない」
(by 局長)

「前に出なくちゃ勝てやしねぇんだよ!」

「あきらめないってことだ」

「あんたは確かにバカだ。バカなロマンチだ」
「どうやらそのロマンチとやらに付き合うのが性に合っているらしい。
俺はあんたの夢にかけることにする」
(by 副長)

見ていたら、微笑ましいを通り越してこっちがデレてきたんで
メンフィスのStand upのフェリシアの歌い出しも浮かんだ(笑)

♪あそこにい~るのは~♪


安定のコウジクオリティ

いや

クオリティっていうより

コウジ魂という言葉がふさわしい~

不撓不屈、でも、そんだけじゃなくて
堅固に見えてどこかすき間があってカワエエ

それが「コウジ魂」

ああ、ホントにいいなぁ~

誰が何と言おうと、あたしゃコウジ魂が好きだ!!
誰もマネできねえだろ~

コウジ魂、ばんざ~~い
あっははは~~~\(~o~)/\(~o~)/\(~o~)/


そして、ワタスの勝手な想像ですが・・・

周囲のドタバタぶりをよそに
すっごく自然体で落ち着いた2人が
おだやか~な時間を過ごしているような
・・・そんな気がするのだ。

花婿インタビューを見て思った。
ご本人がとても幸せそうで、そんな耕史くんを見ている私もすごく幸せだなぁと・・・

心の底から幸せを感じた。

今までは
「もし耕史くんが結婚したら、すごくうれしいけど
一抹のさみしさも感じるかもしれないなぁ」
と思っていたが

それが全くないのだ!

100パーセント喜びがあって
100パーセント嬉しい

今再び、言おう

真希ちゃん、耕史くん、
本当におめでとうございます。
心の底からお二人の幸せを祈っています。


コウジ魂に乾杯だぁ~~~

\(~o~)/\(~o~)/\(~o~)/

スポンサーサイト



カテゴリ: ・未分類

tb: 0 |  cm: 7
go page top

怒涛の日々(2)

連日のコメント、ありがとうございます

お返事が遅れると思いますが、
「気長に待ってて(ウフ)」

馴れ馴れしくてスンマセン(笑)





嵐を呼ぶ男健在っすね~~~(笑)

こんなに「山本耕史」という文字があちこちに踊る経験って、初めてかも
ワクワクもするし、ドギマギもしますな~\(~o~)/

あっははは~

ネットって言葉が1人歩きして、伝言ゲームのようになってるから
もはや原型をとどめない形になってるものもあるし

「40通」だの「交際ゼロ日」だの
切り取られた言葉が踊ってしまうもんですのう

「毎日のように」が「毎日毎日」
「交際期間がゼロ日みたいなものですね」が「交際ゼロ日」
になって踊っていくんですな~

こういう芸能ネタの時は
「ま、そんなようなもんよね」(by ヘド姐さん)

そんなことも含めて、怒涛の日々って感じで
新聞を買いまくったり、録画しまくったり
貴重な体験だな、これは(笑)


でもぉ

アタシ的にはオイシイのよ、この注目度が!!

だって、ワイドショーでいっぱい出てくるのが
会見の黒ヒース映像なんだもん
で、それを手元に残せるんだもんね

今までに見たことがない映像だらけ(うふふふ)

例えば、
会見が終わって、お2人で赤じゅうたんの階段を上っていく映像

この後姿があまりにも趣味過ぎて悶えるうううう


例えば
会見のあとの撮影風景で
「なにかポーズをとってください」
と記者に言われ
「ないっす」
と断る黒ヒースコウジ

見た目は黒ヒースなのに「ないっす」がオフの耕ちゃん(笑)
このミスマッチな感じがツボ!!

なのに「キャサリンの腰に手を回して」という注文には答える黒ヒースもツボ(笑)


階段を上って去るときに、自然に右手をだしてエスコートする黒ヒース

階段を上りきって、正面を向き、お2人で会釈をする映像もあった。


これらがみな、あの黒ヒースコスの姿なのだ。

それも、全身が映ることが多かったから
も~も~も~カコエエ~~~美しい~~~~

悶えますのや~~~

黒ヒースがいっぱいなんだもん
うひうひしちゃったっすよ

ひゃっは~~~~\(~o~)/




ワタシが今回の注目度の高さを実感したのは
ネットでもテレビでもなく、友達からのメールだったな。

耕ちゃんの結婚報道が出るや否や
続々とメールがキタ

もちろん、コウジファンの仲間からのメールがイチバン先にキタが・・・
全然関係のない地元の友達や、故郷の友達
学生時代の仲間や、過去の追っかけ仲間などなど

普段はあまりメールのやりとりをしない人や年賀状だけの友からもキタもんね

「山本耕史さんが結婚だって、おめでとう」
というものから
ファンであるワタスが少なからず寂しい思いをしているのかも・・・
と、さぐりながら
「おめでとう・・・って言っていいんですよね」
などと恐る恐る書いてるものまで(笑)内容は様々だったが・・・

あまりにもたくさんのメールがキタんでおおろろきました!

本当にすごいことなんですなぁ

カテゴリ: ・未分類

tb: 0 |  cm: 1
go page top

怒涛の日々(1)

んがぁ~~~

わあああ~~~~~~~~

おっしゃあああああ~~~~


はあ、叫んでちょっとスッキリした(何)

なんせ、上洛がハードスケジュールだったので
疲れがハンパなく、さらに家事も山積み
帰りの新幹線車中で、耕ちゃん寿話で大盛り上がり
4時間しゃべりっぱなし過ぎて、消耗も激しかった(愚)

なのに、朝の番組やらワイドショーやらニュースやら
録るだけ録ったものを編集するのに2日がかり・・・

出がけに慌てて録画をセットしていったんで失敗も多く
でも、それなりに思ったより録画できてて
見ながら何度もリピするんで、編集すすまねぇ~


すかす、上洛間際になんでこんな一大事があるのさ~~
京都にいて、家を離れてる時に、なんでこんな大事な録画があるのさ~~


いやはや

多摩に帰還してから今日までが怒涛の日々でござった!


で、とくダネでござるよ

何よりもイチバン楽しみにしていたとくダネの独占コウジインタビュー
花婿インタビューと言っていいっすね(ふふふ)

これを多摩に帰還した次の日の明け方に見る予定だった。

4時に起きて、さあ~いざ~~花婿インタビューへ

ワクワクドキドキしながらオン!!

・・・・


・・・・・・・・・・・


・・・・・・・・・・・


・・・・・


・・・・・・


なのに、

・・・・・

どこにも

・・・・・

ないっ

録画されてない
まさか
ウソだろ
これは悪夢か
まだ目が覚めてないんじゃねえの
よく見ろ、自分

録画一覧を穴のあくほど観たのに
どこにもなかったのだ

とくダネがぁぁぁぁぁぁぁぁぁ~~~~~
ないぃぃぃぃぃ~~~~

血の気が引いて顔が真っ青になり
その後は怒りで真っ赤になった!!

オンエアの前の夜に夫にラインで録画を頼んだはず!

それでも不安で、オンエアの朝、再びラインで頼んで
メールも入れて、さらに電話もかけて、家電にもかけて
出ないからしつこく何度も電話して、またラインもして、メールもして
執拗に幾通りもの方法で夫に「とくダネ録画」を頼み続けた!

「わかってるから、朝の忙しいときにしつこくするな」
と怒りの返信が来たのにめげずに、さらに
「とくダネ録画、間違いなくしてよ絶対してよ必ずしてよ」
と畳みかけておいた。

なのに、

録画が

されて

いないだとぉぉぉぉ

あれほど念押ししたのにぃぃぃぃ


怒りがこみ上げ
やがてはそれが悲しみになり
涙が出て、悔しさで胸が張り裂けて

「俺は鬼になった」(by 局長)

2階へ駆け上がり、寝室へ向かった。

その階段の上り方があまりに荒々しくて
ダン!ダン!ダン!と爆音を立てて上ったので
寝ていた犬が飛び起きて吠え出したほどだった。

熟睡している夫を叩き起こし
この世の中にあるすべての罵詈雑言を浴びせ
腹の底から声を出して、怒鳴りまくった。
たぶん、鬼の形相だったと思う。

そして

怒号の次には

「耕史くんの独占インタビューが
独占インタビューが」

と泣きが入り

あまりに興奮してきたんで、最後は

「ろくせんいんたぶーが」

になっていた(笑)


鬼の化身に成り果てた妻があまりに恐ろしかったのか
自分の身に危険を感じて恐怖でおののいたのか

ねぼけていた夫が、怒号を浴びているうちにマジで涙目になっていた。

早朝の寝室で、
鬼の形相で罵詈雑言を浴びせる妻と、
パジャマ姿で涙を浮かべている夫

窓の外から聞こえるのは、爽やかな鳥のさえずりだけ

60近いおっさんを泣かせるとは
どんだけ恐ろしかったんだ、ワタスは(笑)

すかす、妻に怒鳴られて本気で泣くなよ、
ああ、情けねぇ(あはは)


まさに怒涛の日々、ならぬ、怒号の夜明けだった。


でも

あの

昨日ちゃんと見られました(え)

保険のつもりで、地元の友にも「とくダネ録画」を頼んでいたのだった。

あははははは~

怒りでこの保険のことをすっかり忘れていたのだ(愚)


これでも夫婦でっせ(笑)
こんな夫婦もいますねん(笑)
いろんな夫婦がいまっしゃろ
こんな夫婦でも30年近く続いてますねん(あはは)

馬鹿でスンマセン

カテゴリ: ・未分類

tb: 0 |  cm: 4
go page top