FC2ブログ
07«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»09

Calender

New Entries

レクブログ法度

誠に生きる 第一章

誠に生きる 第二章

2011箱館の旅 (途中)

妄想ドリームチーム

Links

Category

All Entries

SOZAI

QR code

リンク

誠に生きる〈第三章〉  

副長を崇拝しHEDWIGを愛し山本耕史さんを応援する日記

美しい…

毎晩『薄桜記』
毎晩テンゼンさま

昨夜の第三話も夢中で観た!

何度も観ているのに、初めて観たとき同じように夢中になれるのだ!


ああ、それにしても美しい

特に、お家断絶を申し渡された後に
千春殿に武士の本分を語る典膳さまは本当に美しい・・・

見ていると泣きそうになるほどの美しさだ

「凛とした美しさ」

この言葉がこんなに似合うサムライは他におらん!!

武士としての揺るぎない信念があるからこそ
あんなに苦境に立たされていても生き方は前を向いている

その揺るぎなさが、凛として美しい
そして品格がある。

ああ、美しいなぁ
本当に美しいサムライだなぁ(涙)

その美しさに泣けた

信念があるからこそ、前向きに生き
その信念があるがゆえに散ってゆく

その美しさよ・・・



実家へ帰るように諭されて、目にいっぱい涙をためている千春殿を見ていたら泣けてきた。
どうも、今回は千春殿の涙を見ると一緒に泣いちゃうんだよなぁ・・・


そして

長尾家へ返される夜
ひとり駕籠に乗って神妙な顔の千春殿

このシーンを見たら、すごく切なかった。
前に観たときよりもグッときてしまったのはなぜだ~~~


・・・


・・・・・・・・・・・・・


・・・・・・


ああ、そうか
そうだった!

そういえば最終話でも、千春殿はひとり駕籠だった。

そうか、あのシーンとリンクしてしまうから、こんなにも切ない気持ちになったのか…


何度観てもそのたびにいろいろと新しい感情が生まれる作品って、めったにない!
本当に心に響く作品だからこそなのだ


ああ、それにしても典膳さまは美しい

何度でも言いたい、美しいと

美しいサムライだ

ああ、美しい・・・
泣けるほど美しい・・・



スポンサーサイト



カテゴリ: 薄桜記

tb: 0 |  cm: 0
go page top

社長の筋肉と黄金比率

ナポ村の公式FBに「山本耕史さん」の文字が!!

「RPGのダンジョン」みたいなところでの撮影とは
ホントに大変だなぁ・・・

で、「山本耕史さん」なのだが

みなさんが重そうに持ち上げたハンマーを
社長は

“「あ、結構効くね!」
と軽々持ち上げました”


とな!
あはははは~

“「すごい筋肉∑(゚Д゚)
 山本さんが勇者だったら死なずに魔王まで行けそうだ…」”


とのこと・・・

なにげに筋肉自慢なのか、社長~

結構効くね」と言いつつ「軽々と」ってところがツボじゃ
だってオレザップだもんね(笑)


第四話では、みんなで救助の綱引きにも参加していた社長

あのお姿を見たら、スマ運動会の綱引きコウジを思い出したっすよ

ぐっと腰を落として、なげ~脚を折り曲げつつ奮闘!!


今回は、出てくる場面全部、飛躍的にカッコヨサが増していた!!

第三話までは「カワエエ」だったのに
第四話では、いきなりカッコヨサがグレードアップ!!

それもこれも、最後のブラック社長のあの表情
あれが、あまりにも趣味なんで悶えたんだが・・・

この組!台詞は何度も引用しているが、やはりまた書きたくなる

「悪い顔になったわね」(by お琴さん)

ふふふふふふ

悪い顔、好きだぁぁぁぁぁ~~~
もっと悪くなってくれぇぇぇ~~~

いったい何者なんでっしゃろ



それプラス、

川の近くで映るときは全身ショットが多かったから
あのすんばらっすぃプロポーションが画面に映って萌えた~~~

なんだ、あの腰の位置はぁぁぁx~
あの手足の長さはぁぁぁ~
あの脚のまっすぐさはぁぁぁ~~

小顔・肩幅・腰高・脚長・ストレートという黄金比率がすごかったもんね!!

何度見ても驚愕する、あの黄金のプロポーション

いやはや、すごいもんだ。



カテゴリ: ナポレオンの村

tb: 0 |  cm: 0
go page top