FC2ブログ
06«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»08

Calender

New Entries

レクブログ法度

誠に生きる 第一章

誠に生きる 第二章

2011箱館の旅 (途中)

妄想ドリームチーム

Links

Category

All Entries

SOZAI

QR code

リンク

誠に生きる〈第三章〉  

副長を崇拝しHEDWIGを愛し山本耕史さんを応援する日記

ゼット!!

たまたま今日が午後出勤なんで
怒涛の記事アップじゃ~~(笑)

で、ギャラクシー街道もサイトリニュオープン

ゼット
なんかお水の雰囲気ありありで
どっちかっていうと、客引きっていうより組合系じゃねえの(笑)

いちばんウケたのがトップページの全員集合の中のゼッたん
これがポスターになるんでっしゃろか・・・

無駄にカコエエ~~~~

地肌にシャツってのも、ウハウハ

さすがオレザップ
カロリーかかってこい!ってか(笑)

肉体美も、シャツ柄と雰囲気のせいか
どことなく組合い系っぽいわん(うふふ)



スポンサーサイト



カテゴリ: ギュラクシー街道

tb: 0 |  cm: 0
go page top

永遠のかっちゃんとトシ

ナビスマイル

最初に読んだときは
「あっはは~」と声に出して笑ったり
「うんうん」とうなずいたり
「かっけ~~」と見惚れたり
「そうきたか」と喜んだり

突っ込みいれながら、何度も何度も読み返して
笑ったり、しみじみしたり

ただただテンションが上がりまくって
祭り状態だった
\(~o~)/\(~o~)/\(~o~)/

その勢いで、熱くうざい悶え記事を書こうとしていたのだが

・・・

・・・・

・・・

でも、

なんか、

ふと

泣けてきてしまった


どの写真もツボで、どの写真もお宝なのだが
このナビの中でも最高にかっけー2人の写真がある

“見開きでの窓辺の2人”

この写真があまりにも局長と副長で
いや
あまりにも「かっちゃんとトシ」そのもの過ぎて

特に、副長の、あのポーズとあの顔

「やってやるぜ」

という声が聞こえてきそうな、組!の土方歳三そのもの

そして、その傍らで、余裕で構えている懐の大きさのある局長
これもまた、組!の近藤勇そのもの

2人共、オンエア当時より格段に精悍さが増して落ち着きがあるのだが
それゆえ、さらに戦闘モードな雰囲気を感じてしまう

なんだかこの2人を見ていると、局長の最期の台詞を思い出すのだ

「トシ・・・」

この最期のひとことにこめられた思いは
「ありがとう」でもなく、「あとは頼む」でもなく

「トシ、次は何をしようか」

だったと。

これは、ほぼ日のチャノミバで実際に副長が語った、局長最後の台詞の心境なのだ。

“最後、近藤勇が「‥‥トシ」って言うじゃないですか。
あれ、どう台本に書かれてたのか、ご存じですか?
「トシ」とだけ書いてあって、そこに込められているのは、
「ありがとう」なのか、「あとは頼む」なのか、
それは香取君に委ねられるっていう感じだったんですよ”

“ 終わったあとで香取君に、
「あれは心の中でなんて言ったの?」
っていう話をしたんです。
そしたら、香取君が言うには、
ああいう場所に座らされて、首をはねられる直前だけども、
多摩にいるころに歳三といっしょに遊んでるような気持ちで、
『トシ、つぎは何をしようか』って思ったそうなんです”

(ほぼ日刊イトイ新聞 チャノミバfrom山本耕史
『土方歳三、かく語りき』第7回「近藤勇の、最後のセリフ」より)


「トシ、つぎは何をしようか」


ナビの窓辺の2人の写真を見ていたら、このエピソードを思い出して、なんだか泣けてきてしまったのだ。


(あくまでも大河ドラマ『新選組!』の世界での近藤勇と土方歳三ってことですが)

局長が板橋から奇跡的に脱出して、副長と二人で蝦夷へ渡ったら
こんな2人だったんじゃないか

局長も洋装して、2人で窓辺に座っている・・・

「さあ、次は何をしようか」

そんな妄想まで湧いてきた。

そこでは、コルクが無事に2人の手元に戻っているのだ、きっと。


「さあ次はどうする、トシ」

「やってやるぜ、かっちゃん」

そんな声まで聞こえてきた


あれから10年以上が経ち、それぞれの道を歩んではいても
こんな風に一瞬にして「かっちゃんとトシ」に戻れる2人

「演じた」のではなく、本当に「生きた」からこそ
2人の中で「かちゃんとトシ」が生き続けている。


コルクは永遠に存在し続ける・・・



大河ドラマ『新選組!』はワタシにとって本当に不思議な世界だ

もちろん、ドラマだから、フィクションであって史実ではない
史実を正確に再現したものでもないし、
(そもそも史実だって、そこに実際にいたわけではないし、本人でもない。残された資料や証言をもとに組み立てているだけだし)

史実とフィクション、そのどちらにもあてはまらない、
なんとも不思議な、だが強烈な世界

その世界に生きている「かっちゃんとトシ」

ワタシにとってはその世界もまた現実のような気がする・・・


そんなことを考えていたら、なんだか泣けてしまった

ああ、永遠のかっちゃんとトシなのだ

ああ・・・





で、

泣けてきてなんですが(え)

人間の足首を見て、こんなにもその美しさに感動したのは初めてじゃ~

なんざ、あの副長の足首はああああ~

甚兵衛姿の全身写真っすよぉ

美脚はわかってはいたが・・・
あらためてこんな風に生足を、しかも膝から下だけ見せられると
あまりにもふくらはぎの筋肉のつき方がパーフェクトで、震えたぁぁ

足首の細さよ

んでもって、
「こりゃ、どこまでが足首なんだぁ~」
と吠えたくなるような
長く細く、まっすぐに伸びている
足首の延長的な美しさ

その上にあるのは、これまた美しい筋肉

このパーツごとの美しさと
トータルで見た時の美しさが絶妙過ぎて~

も~~~~~

どうすんだ、これ(悶)


いろんな意味でお宝だった、ナビスマイル

感涙の記事を書いてても、最後はこんな風に悶え記事になるのよね

あははは~




「うちの道場にこないか」

「考えとく」


足首とは関係ないけど、ただなんとなく書いただけっす(笑)

「そんなシメでいいのか」(by 副長)

あははは~

カテゴリ: ・新選組

tb: 0 |  cm: 4
go page top

ナポレオン試写会速報(2)(追記あり)

さすがTBSの日9だけあって、各マスコミでもいっせいにアップされとりますな

まず

コウジアップ写真があるのは、この3つ

・モデルプレス

・オリコンスタイル

・ザ・テレビジョン



その他、各紙続々と

・サンスポ

・朝日デジタル

・スポニチ

・クランクイン

・まんたんweb

・デイリースポーツ

・ビルボードjapan

まだあるかもです^^;


昨夜、速報でレポを送ってくれた友によると

「並びが下手から、ムロ→麻生→唐沢→沢村→耕史。
どうも「村チーム4人 プラス 1人」的な雰囲気があって・・・
なにしろ、耕史くんは、まだ皆さんとあまり一緒に撮影してないから。
村での撮影が進んでいる皆さんと共有した時間も、そんなにないだろうし

村チームの笑いの輪からちょっとハズレてるようなアウェイ感があって。

年齢の近いムロさんいじりに救いを求めた感じでした(笑)。
ムロさんに対しては、結構ツボっぽく笑ってました]


とのこと。
(あくまでも、友の感じた印象ってことですが)

あははh~なるほど

メインの中ではひとり東京暮らしっぽいもんね

村で起こる出来事の中心にいるというより
主人公を支える幼馴染キャラで、龍太的なポジションかな~
と勝手に想像してます。


 (追記)
ナポ村公式に、この特別試写会・会見の詳細がアップされた!!
読むと、なるほど~となった!!
耕ちゃんは控えめだったってのがわかりやす(笑)
友のレポの通り、「村チーム4人 プラスワン」的な雰囲気だもんね^^;

でも、耕ちゃん、ほんとにイケメンだぁ(^_-)-☆




オンエアまでもう少し

楽しみです\(~o~)/

カテゴリ: ナポレオンの村

tb: 0 |  cm: 0
go page top