FC2ブログ
04«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»06

Calender

New Entries

レクブログ法度

誠に生きる 第一章

誠に生きる 第二章

2011箱館の旅 (途中)

妄想ドリームチーム

Links

Category

All Entries

SOZAI

QR code

リンク

誠に生きる〈第三章〉  

副長を崇拝しHEDWIGを愛し山本耕史さんを応援する日記

妄想2種

ああ、狂おしいまでにヒース様に会いたい・・・
と思って家で悶々としていたら、ヒース友からメールが来て
「狂おしいほど会いたい、ヒースクリフに」
とあった。
思考回路が同じだな(笑)

1部のヒースたんの切なさ、可愛らしさ、健気さ

2部の黒ヒースの、美しさ、エロさ、俺様オーラの強さ、
そして
手負いの黒ヒースのもろさ、耽美さ

さらに
晩年ヒースの孤独と闇の深さ

まるで孤独と絶望が服を着てるようで、見ていてつらい。

あまりにも抱えている心の闇が深くて、救いのなさが苦しい。
でも、この絶望感が好きだけど・・・(ふふふ)

好きだけど、思い出すだけで胸が痛くなるのだぁ~
ああ、苦しいぃ・・つらい・・・ううううう


妄想体質も健在で(あはは)
妄想細胞フル稼働でっせ
(なんだ、妄想細胞って(笑))

いろいろな場面でいろいろな妄想してしまうのだが、
そんな中でも、大きな妄想がふたつある
嵐が丘2大妄想なり~


2大妄想のうちのひとつが、イザベラの手紙のシーン
ネリーに向かって手紙で語るイザベラ

嵐が丘で黒ヒースにいたぶられているイザベラは

「このあとのことは、とても手紙には書けません」

って言ってますのや (台詞は正確じゃないですが^^;)

で、「このあとのこと」を妄想しまくるワタシと友

妄想細胞フルスロットじゃ~~

でも、
「この妄想のことは、とてもブログには書けません」(笑)

あははは~~
どんだけ~~~



2大妄想のもうひとつは、イザベラとの逃避行の黒ヒース

ネリーや村人たちの語りで、その状況を説明しているだけなのだが・・・

馬上の君とくれば、もうあまりに趣味過ぎて
実際に見たい願望が高じて妄想になる。

あの黒づくめで、
あの黒髪
あの黒ロングブーツ、
あの黒ロングコート

あの黒ヒース様が馬を走らせているさまを妄想妄想また妄想

黒コートを風になびかせ、ひたすら疾走する馬上の君

そんな黒王子のお姿は容易に妄想できてしまう
いくらでも思い浮かべられる


ああ、カコエエエエエエエエエ~~~

妄想しただけでドロドロして悶えてしまう(愚)


観劇してもドロドロ
妄想してもドロドロ

なにをやってもドロドロ

あああ・・・・

スポンサーサイト



カテゴリ: 嵐が丘

tb: 0 |  cm: 4
go page top