FC2ブログ
04«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»06

Calender

New Entries

レクブログ法度

誠に生きる 第一章

誠に生きる 第二章

2011箱館の旅 (途中)

妄想ドリームチーム

Links

Category

All Entries

SOZAI

QR code

リンク

誠に生きる〈第三章〉  

副長を崇拝しHEDWIGを愛し山本耕史さんを応援する日記

背中三昧(ネタばれあり)

※この記事は舞台『嵐が丘』のネタばれを含みますので、これから観劇の方は読まない方がいいと思います。


2部のヒースさまがあまりにも強烈なんで、毎回黒ヒースに気持ちを持って行かれたままになっていたんだが・・・

昨日は1部のヒースクリフにぐっときた。

あの背中に泣けた

いつも歯を食いしばって耐えているようなヒース
決して本心を語らず、弱音も吐かず、睨み返したりするヒース
精一杯虚勢をはっているときの背中は、広くて頑丈に見えて、どこかけなげで痛々しい。
でも、キャサリンと二人で並んで空を見あげたり、語りあったりしている時のヒースの背中は、はかなげで幼い。

なんだか背中を見ているだけで切なくて泣けてしまった・・・


2部の、3年後のヒース・・・

若くて美しく、復讐に燃え、パワーがみなぎり
ダークサイドにいて屈折はしているが、乱反射のような光を放っている。
戦うことに生きる力や喜びまでも見い出だしているかのような輝き

その背中は若さと強さの象徴のようで、完ぺきなフォルムの美しさと生に満ちている


まさか、その先に生き地獄が待っていようとは・・・


晩年のヒースクリフの背中は、大きく重々しく要塞のように堅固で・・・
でも、そこにみなぎるようなパワーは感じられない
ただただそこに存在しているだけ。
簡単には壊せない強大な壁のようだが
壁としての強さはあっても、生きる強さは感じられない。
ずっしりと重いが、その中身は混濁している。
見た目ではそんなに老けてはいないが
その背中には、なにか老いのようなものすら感じる

そんな背中だった。

2部の若いヒースは力が外へ外へと向かっていた。
攻撃対象を射って傷つけ血を流させることがパワーの源だった。
晩年のヒースは内へ内へと向かっていた。
攻撃するのは、自分自身。
射るのは自分であり、傷を負い血を流すのも内なる自分。

その背中には、呪いを背負い続けた18年の歳月が感じられるのだ。


キャサリンの死を確かめる黒ヒースの
「死んだな」
という言葉を聞いたら、ふとヴォイツェクの
「死んだか?死んだのか!?」
という場面を思い出した。
彼はマリーの死を狂いながら受け止めた。
そして狂い死にした。

でもヒースは、狂ってはいなかった。
正気のまま、狂うことも死ぬこともできずに
キャサリンの死を受け止めなければならなかった。
正気のまま、命の限り、死ぬほどの絶望と孤独ににさいなまれながら
生き続けなければならなかったヒースクリフ

まさに生き地獄だ
「生き地獄」をこれほど見せつけられるとは・・・

辛すぎる・・・

・・・

・・・・・・


でも・・・・・

彼には・・・・

彼には救いが……

それは……


・・・・・そんなことを考えてしまう罪な背中でした。

ああ~






スポンサーサイト



カテゴリ: 嵐が丘

tb: 0 |  cm: 0
go page top

狂おしくて

昨夜のソワレを観て終演後にヒース友と一杯

いつもは舞台観劇後はテンションが上がったままで
弾丸トークになる二人なんだが・・・

昨夜は

「はぁ~」

「あ~~~」

とため息とも呻き声ともつかない息を吐くばかりで
話があまりすすまなかった(あはは)

魂を持って行かれ過ぎて、もううう
どうにもならんのよ


第二の初日のような気分で臨んだソワレ

美しい姿に「悶えクリフ」だらけというミーハー心も抱えつつ
ヒースの慟哭に胸が引き裂かれ過ぎて苦しいし
すかす、一方で悶えクリフにドロドロしているわけで・・・

悶えのレベルも狂おしいほどで
ヒースの激しさと痛みも狂おしいほどで

両面から狂おしいのが襲ってくるから、かき乱され過ぎて
ドロドロズダズダガクガクボロボロになった(何)

罪な舞台だぜ、まったく(歓喜)


昨日のカテコでは最後にスタオベもあった。

そういや、昨日のカテコヒースはいつもに増して嬉しそうだったなぁ

(ヒンドリーさまはいつもガッツポーズで熱いが・・・)

ヒースコウジは見るからに満面の笑顔ってわけじゃなく
いつもどおりのちょっと斜に構えたような微笑みなんだが
昨夜は、どことな~~く、いつもより微笑みが柔らかだったような・・・
気のせいかもしれんが^_^;

で、初日からずっとカテコのはけ方は、
キャサリンたんが上手へ、ヒースたんが下手へ
という感じではけて行ってたんだが・・・。
昨夜は最後のカテコではける時だけ2人そろって上手へはけていった。
ヒースコウジがエスコートする感じでキャサリン真希ちゃんを袖へ~
そして、自分は入る位置を間違えたのか入りなおしてはけていった(笑)
なんか嬉しそうだったなぁ・・・

あんなに耽美で劇的で絶望と怒りでガンガン狂おしいオーラなのに
カテコのヒース耕ちゃんはふわっとしてて、シャイで
普通の人間っぽい(あたりまえやがな)
いつも以上に、カテコはなんかホッとするのだ・・・

はふ~~~~

昨夜はこの狂おしい思いをどうにかしたくて
新しいテンプレをさらにブラッシュアップすることに没頭してしまった

寝不足もいいとこじゃ~

深夜に憑りつかれたようにパソに向かうアホひとり

鏡に自分の顔を映したらさぞや恐ろしかっただろうな
すっぴんだし(あはは)
鬼気迫る顔でブログ没頭~なんて、もう
絶対にどっかオカシイ(愚)

狂おしい思いは多摩に帰ってきても消えないのだひゅ~~ん








カテゴリ: 嵐が丘

tb: 0 |  cm: 2
go page top