03«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.»05

誠に生きる〈第三章〉  

副長を崇拝しHEDWIGを愛し山本耕史さんを応援する日記

日生劇場!

今日は都心に用事があり、今その帰りに日比谷に寄ってみた

新しいフライヤーを求めて
いざ、日生劇場へ

おお
看板が嵐が丘になっておる\(^o^)/

moblog_0e5bac5c.jpg

新しいフライヤーもあったー

moblog_fe5ebfe9.jpg

表の2人の写真は変わってないが、気のせいか前より少し肌に赤みがあるような…

嵐が丘開幕までもう少しだぁ
スポンサーサイト

カテゴリ: 嵐が丘

tb: 0 |  cm: 0
go page top

早く観たい!!

娘とL5Yを観て、DVDを観たり二人で語りあったりしてるせいで
ここ数日は頭がジェイミーになっていまひた~

と・・・

もう嵐が丘開幕まで1週間を切ってるやないのぉぉぉ

なんか急にバクバクドキドキしてきたぁぁぁ


戸田さんの公式ブログソニンちゃんの公式ツイを見ると
いよいよお稽古も衣装・ヅラ付だった模様。

「耕史さんの衣装姿の説得力たるや!」

なんてつぶやきを見ると、もうたまらん

あああ
もうもうもう
似合うんだろうな

いや
似合うとかそんなレベルじゃなく、
理想のヒースクリフがここにいるってレベル
もっと言うと、
19世紀のイギリスにいるはずのヒースクリフが
今、目の前に出現したってレベル

見てないのにそう言い切れる(キッパリ)

そんなことを考えていると
ますますドキドキワクワクするうう

カテゴリ: 嵐が丘

tb: 0 |  cm: 0
go page top

嵐が丘あれこれ

昨夜の『プレミアの巣窟』を観たが・・・

お稽古場映像は一瞬ちらっとだけだし、ヒースコメントもなかった。
BOOT!のような映像を期待していたので、ちょっと「あれ!?」って感じだったが
お稽古場映像はめざましで観られたから、ま、いいか~
それに、ちらっと映ったお稽古ヒースがカッコよかったし(*^_^*)
1430189539177.jpg


それよりも、伊礼さんと矢崎さんのコンビがおもろすぎて((笑))
お二人ともイケメンなのに、なんであんなにおもろいのや~
矢崎さんのいじられキャラぶりがカワエエやら大ウケやらで
さらに、伊礼さんの突っ込みがあまりにもすばらしくて、もう~

ロシアンルーレット的ゲームを3回やって
3回ともアウトな伊崎さん、しかも全部1回目を引いただけで当たりを引くとは
そこへ鋭く突っ込む伊礼さんが、また絶妙で
あまりにも笑いのツボを押さえ過ぎやで((笑))

アウトになるたびに困った質問に答えねばならない伊崎さん

その2問目が

「山本耕史さんにやめてもらいたいことは?」

だった。

(1問目は「堀北真希さんにダメだしすることは?」
3問目は「演出のG2さんにもの申す」)

1430189531938.jpg


伊崎さんの答えは

まず最初に

「絶対ないでしょ」

そして、おろおろしながら、しどろもどろな感じで

「そうすね、あの、耕史さん・・・
あの、身体をすごく、あの・・・き・・たえて・・るんですけどもぉ
あのぉ・・・同じ尺度で・・あの・・僕もさそわれ・・・・るとぉ
あの…僕も身体を壊しかねないので・・あの
僕に合わせた筋トレの提供をお願いします」

この間、チャチャをいれながら聞いていた伊礼さんが

「直接(本人に)言えよ!」

とひとこと

「これ・・・が・・やめてもらいたいこと・・・っです」

と視線が泳いだまま答える矢崎さん。

ヒースコウジ、どんだけ鍛えてんだ~
さすがは胸筋自慢の男((笑))

とにかく、いちいちきょどりながら答える矢崎さんがウケルううう

最後にあまのっちに向かって嵐が丘の告知をするお二人だったのだが
伊礼さんがあまのっちに

「え~天野さん、小島さん、ぜひぜひ
嵐が丘、5月6日からやっていますので観に来てください。
1万2千円、全部山本さんが招待しますので大丈夫です」

とおっさって最後にまた笑いをとっていた((笑))

作品はドシリアスだけど、オフのみなさんは楽しそうですなぁ・・・

エドガーとヒースで飲みにいったら、
いったいどんだけおもろいんだろうか~
で、そこにヘアトンが入ると、2人からいじられてるんじゃなかろうか((笑))



昨日アップされた朝日のスターファイル

いやぁ、ホントに読み応えあって、さらに写真もいっぱいあるうう
\(^o^)/
実にその数20枚!!!!!!

らららクラシックの時と同じ服装だから
その時撮影したんだろうか・・・
特にこの全身写真が好きだが
つい靴に目が行ってしまうな(あはは)

カテゴリ: 嵐が丘

tb: 0 |  cm: 0
go page top

ラストファイブイヤーズ

昨日、娘と一緒に『ラストファイブイヤーズ』映画版を観てきた!

「ジェイミーはコウジジェイミー以外はあんまし観たくないなぁ」
と、最初は気が進まなかったのだが・・・
「どうしても映画版を観たいから一緒に観て!!」
という娘の懇願で(大げさ)行くことになった。

娘はL5Yの曲が大好きなのだ。
(舞台は、再演と再再演を観ている)

「ラストファイブの曲は、とにかくスタイリッシュで洗練されてて
普通のミュージカル曲にはないオシャレさがあって
で、どの曲も色がすべて違う感じがして・・・
すっごく好きなんだもん」
と、娘。

ワタシもL5Yの曲は好きだぁ~

それに、なによりも全曲が完全に刷り込まれていて、
いつでもどの曲も歌えるくらいなじんでいるから!

ってことで観てキマシタ。

L5Y1.png


いや~、とにかくあのピアノの音が聴こえてきただけで
懐かしくて、なんかウルウルした~


映画を観る前は
「全部頭に入っているから、字幕なんて要らないよね」
と娘と言い合っていたが・・・
今回、初めて字幕を読んでみて、
「こんなにもたくさんのことが歌いこまれていたのか~」
と新鮮な驚きがあった。

特にジェイミーの曲はそう思った。

これはL5Yに限ったことじゃなく、翻訳物の宿命っすよね。
日本語の歌詞にするということで、多くを切り捨てなければならい・・・
曲の本質のニュアンスは伝わるが、日本語で歌うとなるとどうしてもそうなるのだ。



映画版だと、時系列がわかりづらかった気がする。

特にキャッシーが過去にさかのぼっているというのがわかりにくいような・・

娘やワタシのようにL5Yをよく知っているとわかるのだが、
初めてこの作品に触れるという人はちょっとわかりづらいかもしれない・・・

ラストの、2人の時空のすれ違いゆえの悲しさ切なさは、やはり舞台ならではのものだと思った。

舞台作品の映画化は難しいよなぁ・・・


ま、そういう感じもあったが(^_^;
なによりも2人の歌の表現力の素晴らしさに感動!!

特にキャッシーは本当に素晴らしかった。

「この曲の時のキャッシーの裏の気持ちは本当はこうだったのか・・・」
というのがすごく伝わってきた。
映画だから、もちろんアップになるし、微妙な表情も見ることができるというのもあるけど、歌の表現力が素晴らしかった!


映画版でも、ワタシはあくまでもジェイミー寄りで観てしまうんだが(あはは)

娘はキャッシー、キャッシー、キャシー
とにかくキャッシー押し(笑)

観終わってすごく興奮していた。

「キャッシーが素晴らしかった~~感動したぁ~
映画版を観たら、ラストファイブはキャッシーの物語なんだと思った」
とな!

そして
「やっぱ曲がいいなぁ!!」
としみじみ。

さらに
「舞台版がまた観たくなったよ~
山本さん、またラストファイブイヤーズやらないかな
今度は全部英語で歌ってほしい」
とまで言ってた。

いや、ヘドと違って、L5Yは全部英語でってのは無理だろ((^^;)
もちろんコウジヤマモトは英語でもバッチリ歌えるが、観客側からするとって意味で。


とにかく2人で盛り上がって、帰宅後にL5YのDVDを観た!

L5Y2.png


DVDのコウジジェイミーは10年前の舞台だから、
今の方が相当にレベルアップしているのはそうなんだが・・・

でも、この時のジェイミーを見ても、彼の表現力の素晴らしさには感動するなぁ

「よくこういう曲に日本語をこれだけ乗せてこんなに歌えるよね~
歌が上手い人や歌唱力のすごい人は他にもいるけど
こういう曲を日本語でこんな風に歌えるのはさすがって感じ
山本耕史ってやっぱすごいわ」

と娘が言ったのだった。

おお!
よしよし!!

今回久々にDVDでジェイミーを観て思った
「リズム感がハンパない」
と。
歌の表現力は言うまでもないが、リズム感も秀逸なんだよなぁ
特にA Miracle World Happenは
「よくぞ日本語をここまで乗せることができるもんだ~」
とあらためて思った。

シュムールもいいもんね~

シュムールといえば、
映画版のジェイミーのシュムールも楽しくて楽しくて
なるほど、こういうシチュエーションにしたのか~と感激した。



映画版のジェイミーとコウジジェミーとで歌の感じが全然違うなあと思ったのが2曲あった。

まずは、If I Didn't Believein You
コウジジェイミーは包み込むような優しさと切なさのある歌い方だった。
(でもそれはジェイミーの独りよがりな優しさなんだが・・・)
映画版ではそういう感じではなく、かなり自分の感情をぶつけていた

そして、Nobody Needs To Know
コウジジェイミーは、淡々として沈みこんだような、救いようのない暗さのある歌い方だったが・・・
映画版ジェイミーは、もっとめりはりをつけて歌っていて、
哀しみというよりもっとドライに割り切っている感じで、あまり悲壮感は感じなかった。

同じ曲でも歌い方が違うと印象も変わるもんですなぁ・・・


そんなこんなで、昨日は娘と二人でラストファイブイヤーズ三昧。
二人であだこだと好き勝手に語り合い、ホントに楽しかったです。


カテゴリ: ・L5Y

tb: 0 |  cm: 4
go page top

二人の佩刀が並ぶ

ななななんという奇跡のようなお知らせが

土方資料館日記に特別展示の記事がアップされている。

なんと、局長の佩刀が初めて公開されるのだ!

しかも、その初公開の場所が、副長のご実家である土方資料館だとは

個人の方の所蔵ゆえ、今までは展示されることがなかった局長の佩刀
当時、局長が形見代わりに置いていったものだそうです。

局長が自分用にあつらえたもので、
代々、局長の縁戚のお宅が大切に守り伝えた逸品
それを見せていただけるなんて

しかも副長の兼定とならんで展示されるとは

「5月の開館日は、
近藤勇局長、土方歳三副長と
二人の佩刀が集いました」

という館長さんのお言葉を読んだだけで、涙が出てきた

このお話だけで、あまりにも感激して泣けた。

二人がこうしてまた多摩の地で一緒に剣の稽古に励んでいるようで
本当に感激です。

ご子孫の方々のご尽力に心の底から感謝します。


カテゴリ: ・新選組

tb: 0 |  cm: 0
go page top

「観たいですねぇ」

らららクラシック

なんていう自分得な番組だったんだ

ラララコウジ、オイシ過ぎる~~

こんな風に書くのは、今日2度目じゃないか~
めざまし記事でも
「めざましコウジ、オイシ過ぎ~~~」
って言うてました)

今日はなんていう幸せな日なんだ

今朝と打って変わって、落ち着きのあるコウジヤマモト

ROMモーたん写真、キタ~~
同時にサリエリを演じたこともちゃんとおっさっていた。

モーツァルトの半生をまるで自分のことのように語ってくれて
「まるで山本さんはモーツァルトの代弁者のようでした」
とMCからも言われていたほど。

あのロックオペラモーツァルトで演じていた時の気持ちそのままを語ってくれた
今もすぐにその気持ちが彼の中で蘇ってくるというのがわかった

それが嬉しいのなんのって・・・(嬉泣)

あの時、こうだったんですよね
この時はこんな思いだったんですよね

・・・・って自分のことのように語ってくれたのが、もう

特に、亡くなるシーン
ラストのモーツァルトをどんな気持ちで演じていたのか・・・
これが今彼の口から聞けて、ホントにうれしかった~~~

そして

そして

さらに

もしこの先また演じることがあったら、どんな風にやりたいか
ってことまで語ってくれたのだ。

なんか感激したなぁ・・・

「プランはできてますね」と加羽沢さん

「観たいですねぇ~」と石田さん

よくぞ言ってくださいました~
お二人に感謝感激っすよ

ほんとに「観たいですねぇ」
観たいよぉ
聴いたいよぉ

彼の歌う「薔薇の香り」はこの世の宝だ~

ってことで、ただ今インディゴ聴きまくり中ですう

カテゴリ: ロックオペラ『モーツァルト』

tb: 0 |  cm: 2
go page top

局長・・・

今日は局長のご命日。

毎年この日は局長に縁のある写真をアップすることにしている。

去年は流山の写真だった。

今年はどの写真にしようかと記事をめぐっていて、去年の京都の旅を思い出した。
局長直筆の書(屏風仕立て)をめあてに、特別公開の輪違屋へ行ったのだ。

島10

やっぱ漢詩なんだよなぁ、局長は

局長は漢詩
副長は俳句

2人の個性が出ていて、なんとなく微笑ましい

局長、あなたは多摩の誇りであり、徳川の武士です。
どうか安らかに・・・

カテゴリ: ・新選組

tb: 0 |  cm: 0
go page top

ハイ&ハイ

めざまし耕ちゃんがオイシ過ぎて~~~(また言う)

全部ツボ
全部オイシイ
全部リピ


ロー言うてもあれは全部ハイじゃないのさ~

ハイ&ハイ

オールハイだった\(~o~)/


まず、

終始、コウジヤマモトのテンションが高かった
めっちゃゴキゲンなオレでしたなぁ
ため口まで出ていたし。
なんなの、あの「コウジ絶好調」な感じは~

そして

綺麗な顔、綺麗な首、綺麗な指
どこを切っても全部綺麗だったぁ~

最近、マジでビジュアルがハズレなしなのじゃ~

いや、ハズレなさすぎてコワイ(笑)

たまにはアカン時もあるのが普通なのに
最近は美しさ維持しっぱなし~~~

リアルドリアングレイ疑惑がふつふうと・・・(何)


ナルシストばんざ~I
ホンマもんのナルシスト賛美!!!
だって、役者はやっぱナルシストじゃないと

そういや、オーラの泉で
「イチバン美しいと思うものは?」
という質問に対して
「美しいっていうか、舞台立っている自分を見てみたい」
とおっさっていたっけなぁ


で、

やはり今もお勧めは「胸筋」なのね(あは)

以前もそうおっさっていたもんね
例えば、この時の講演会でも
好きなところは「胸筋」って言うてます(笑)
もっと遡ると、ttbのテレビ取材の時も画面に向かって胸筋を動かして自慢しておったな(あはは)

ヒューイの時、ラフなTシャツを着ていてもわかる胸の盛り上がりに萌えた
Memphis Lives In Meの時の、息をため込んだ胸の動きに萌えた
(どこ見てんだか)


今回、登場する前に身体を折りまげてすたんばっている背中にも萌えた
胸もエエが背中もエエで

とにかく全編オイシクテ
全編がハイだった
出てる耕ちゃんもハイ
観てるワタスもハイ

ハイ&ハイなひとときだった。

ありがとう~めざましテレビ!

今日はこれから『らららクラシック』でご登場だ
朝から夜までコウジ祭りな土曜日だ(幸せ)

カテゴリ: 嵐が丘

tb: 0 |  cm: 0
go page top

ヒースの声、ヒースの背中

今朝はめざましをリピし過ぎて、朝飯食うのが遅れた(あはは)

めざましコウジ、オイシ過ぎ~~~

10分間にコウジヤマモトがギュッと詰まってて
波瀾爆笑に継ぐ大ヒットだった。

そして出た、お稽古場映像が
しかも台詞も聞こえた~~

初めて聞くヒースクリフさまの声

ぐあああああ~

もう、なんつうか
どのヒースもヒースっぽくて趣味過ぎて

キャサリンと並んでいるヒース
キャサリンに抱きつかれてもリアクションをしないヒース
エドガーを攻撃してヒンドリーに殴り倒されるヒース
ネリーになにか囁かれているヒース
なにかを叫ぶヒース
苦悩の顔のヒース

殴られて床に崩れ落ちるところだけ何十回も見ちゃったぁ~

もう、カコイイやら趣味やらなんやら

どの場面もシリアス顔で、ぐほおおおお~~~


と、公式ツイにヒースとヒンドリーの対峙する写真があああ~

あああ、この背中に萌える
ヒースさまの背中~、きゅああああおおおおお~~ん

耳から首、肩、背中のフォルムに悶えるううう

憎しみ合う2人

お二人の芝居の競演が楽しみすぐるううう
(以前は典膳と安兵衛だったもんな)

高橋さんの舞台は一度拝見したことがあるのだ。
だいぶ前になるが、エンジェルス・イン・アメリカ
(ロバート・アッカーマン演出1994年11月)で。
これはかなり衝撃的だった!

あれから20年近く経つのか・・・しみじみ・・・


今日は衣装合わせもあったみいだ。

開幕まであと10日だぁぁぁ

カテゴリ: 嵐が丘

tb: 0 |  cm: 0
go page top

お稽古場のヒース様映像

今朝、ヒース友から驚きのメールがキタ

「昨日のぐるナイスペシャル観た!?
お稽古場のヒースクリフ映像がキタね
真希ちゃんゲスト出演で、ちょっとした告知だけかと思っていたら
お稽古場映像が十数秒あって興奮した~」

なんだとぉぉぉぉぉ~~~
あああ~
嵐が丘公式にお知らせがあたけど
テロップくらいだろうと思ってて
まったくのノーマークだった、ぐるナイ

ヒース様の初お稽古映像を抜かってしまったあああ( ゚Д゚)

あああ、見たい見たい見たい

朝からのたうちまわっていた。

で、
毎週のように娘夫婦のマンションに掃除洗濯布団干しに行って
さらに夕飯のおかずまで差し入れしてくる~
という親バカぶりを発揮してて、今日も行ってきたのだが・・・

マンションに着いたら、娘のテレビは最新型で、自動録画機能付きだったことを思い出した
\(~o~)/

保存はできないけど、観ることはできるはず!!

なんつう素晴らしい機能なんだ~

お稽古場映像、あった~~~
ヒース様、観た~~~~~~

リピし過ぎて、掃除が進まんかった(あはは)


(実際は黒い上着だったのだが、写メしたら紺色っぽく写ってしまった)
a1.png
-- read more

カテゴリ: 嵐が丘

tb: 0 |  cm: 0
go page top

妄想談議

昨日から何時間もかけて嵐が丘テンプレ第二弾を作っていました~

やっとできた~\(~o~)/
19世紀イギリスといえばビクトリア調なので、そんな雰囲気に仕上がったと思う
(自己満足)

なぜか昨日からずっとBGMはモーツァルト
なんとなくクラシックが聴きたい気分になっていて、
クラシック好きの夫のコレクションから無造作に取り出したのが
モーツァルトの「交響曲第40番ト短調」
(第一楽章の出だしがあまりにも有名)

そんなこんなで新しいテンプレもできて
今日はヒース友とランチをした。

もう、なんつうか
2人で妄想三昧

ああいう場面はこんなだろう
そういう時はあんな顔するだろう
こんな場面もあるだろう
ああなってこうなって
そんなまあいやだどうしましょ~
・・・と妄想は果てしない

うちらの妄想談議を簡略化するとこうだ!

「ヒラキラハラクラ」

何!?(笑)

ヒラヒラ
キラキラ
ハラハラ
クラクラ

の略ですねん

なんだこりゃ(笑)

この妄想はおもに後半のヒース様についてで

ヒラヒラ
上着の袖口からのぞく白ブラウスのひらひら
この時代のイギリスはそんなにヒラッヒラのお袖じゃなくて
ヒラっくらいだろうけど、願望も入ってるんで(^^;

キラキラ
指輪してるだろう、してほしい、ドリアンみたいに・・・
美しい指に光る大ぶりの指輪がキラキラ

ハラハラ
ロン毛の黒髪が時に乱れて頬や額にかかり
ほつれ毛や乱れ髪がハラリハラハラ
この時は、ジャケットを脱いだ白ブラウス姿~

クラクラ
そしてそんなヒースさまを見た自分が客席で悶え
あまりの美しさとエロさにクラクラ

ってことで

妄想を簡略化すると
ヒラヒラキラキラハラハラクラクラ

つまり
「ヒラキラハラクラ」

となりますのや(あはは)

公式に上がっているフライヤー
表は前のものと変わらないけど・・・
裏を見ると、みなさんがコスプレで勢ぞろい

もう、これ見ただけで興奮するうう

妄想に拍車がかかりまくりじゃ~~





カテゴリ: 嵐が丘

tb: 0 |  cm: 4
go page top

飲むのにピッタリ!

先日ヒューイ友からこんなビールをもらった

デュポンビール
1429700887116.jpg

これはベルギービールなんだが
なんたって名前がデュポンだもんね

で、いつ開けようか、いつ飲もうかと思っていたが
ついに今日開けた~~~

今日は夫がいないので
夕飯の支度もいらんのじゃ\(~o~)/
好きな時間にお風呂に入って
好きなものを食べて飲んで
メンフィスCDをガンガンかけて

そしてデュポンを飲む

1429700881083.jpg

「飲むのにピッタリ!」

ぷはぁっぁ~

「mmm
んんんまっ」

至福の時じゃあ~~~\(~o~)/\(~o~)/\(~o~)/

メンフィス再演しろよぉおぉ~~~

カテゴリ: メンフィス

tb: 0 |  cm: 0
go page top

こんな夢を見た

初日がどんどん迫っているせいか、
嵐が丘を観に行っている夢を見た

土曜日の夜に見た夢なので、もう日が経っているが
すごくインパクトがあっていまだに覚えているので書いておきたい。




日生劇場らしい客席で嵐が丘を観ている自分。
けっこう前の席で観ているっぽい。

ヒースコウジ(ほぼチラシの扮装)が舞台中央にいて何か話している
・・・と、いきなり水の中に落ちるヒースコウジ

いつのまにか舞台上が巨大水槽になっていて
水の中の様子が観客から見えるようになっているのだ。

ヒースコウジが水の中でもがき苦しむ表情がはっきりと見えた。

なんとか水から這い上がって、ずぶ濡れのまま退場するヒース

・・と、ヒースはすぐにまた出てきたのだが・・・
ふわっとしたロン毛をなびかせていて貴族コスのような服で登場したのだ。

「さっきまでずぶ濡れだった髪がもうあんな風に乾いている
すごいな~」

「あのズブ濡れから、いったいどうやってこんな早く着替えられたんだろう!?」

などと感心している自分。

と、しばらくキャサリンと話していると、
なぜかまた巨大な水槽の場面になって
また水の中へ落ちてもがき苦しむヒース。

ずぶ濡れのまま這い上がって、去っていくと、
またすぐに綺麗な貴族コスで登場
今度は栗色のカールしたような髪型だった。

しばらくはヒースとキャサリンの場面が続き
その後また舞台上でひとりになって何か話すヒース

とにかくヒース三昧なのだ。

「他の方々はいつ出てくるんだろう!?」

と思っていたら、いきなり貴族コスな方々がいっきに登場した。
みなさんがいろいろ話したり踊ったりして
なんやかやとあって、嵐が丘は終わり緞帳が降りた。

「終わった~」

・・・と思いきや、また緞帳が上がって
舞台がライトで照らされ、音楽が鳴り出したのだ。

「なんだああ~うわ~また始まった~
まさか、芝居の後にショーがついているのか!」

とおろろいていると、舞台下手にある階段(メンフィスの階段みたいなやつ)から
ものすごいカッコイイスターが登場したのだ!

少し光ものの入ったダークスーツに身を包んだ八頭身の男

それはもちろん、コウジヤマモトだったわけだが

黒髪のショートヘアで、なぜか銀縁のメガネをかけていた・・・

とにかくかっこよくて、かっこよくて
もうワクワクドキドキで心拍数が上がりまくった。

・・・・ここで目が覚めたのだった。


なんだろう、この夢は

水の中でもがき苦しむヒースコウジが繰り返して出てきたってのは
ワタシが耕史くんのもがき苦しむ顔が好きなせいか(あはは)
はたまた、
湖に落ちるってことでヴォイツェクの影響か

それにしても、ダークスーツに銀縁のメガネって
いったいなんざんしょうか(笑)


とにかく、ものすごくインパクトのある夢だったなぁ~

カテゴリ: 嵐が丘

tb: 0 |  cm: 0
go page top

兼定初日と誠Tシャツ

昨日は土方資料館の開館日で、刀身特別展示の初日だった。

いよいよ始まった兼定刀身の展示

今年もまた兼定の刀身に会えて、感謝
何年何回見続けてきても、初めて見たときの感動と同じ気持ちになる。

今年は兼定を見事に再現した漆刀作家の新 義隆さんの作品も展示してあった。
とても素晴らしかったです。

初日ということもあってか、例年以上にたくさんの方々が来館。
資料館の外まで続く列が出来たりしていて
ひの新選組まつりや歳三忌の日の混雑に近いものがあった。

初日1

初日2

副長の矢竹の隣にはピンク色の鮮やかな花が
(これはハナミズキかな)
初日3


資料館公式オンラインにも出ているように
新しいグッズがいっぱいお目見えしていた。

ワタシは誠Tシャツをゲット

なぜこのTシャツにしたかというと
背中に誠を背負えるからなのだ。

資料館日記のここで説明されているように
左胸には土方家の家紋
後ろには袖章と同じ字体の誠

ここがポイントだぁ

新選組隊士が使っていた誠の袖章からそのままの「誠」を背中に背負えるのだ。
例えこの上に何か羽織っていたとしても
「誠を背負っている」
という気持ちになれる。

購入したのは濃紺のSサイズ
(女性のMサイズに当ります)

誠1

胸には家紋
誠2

背中に誠
誠3

家の中で試着してみただけでテンションが上がったぜ!!!

副長強化月間の5月はもうすぐだ。




カテゴリ: ・新選組

tb: 0 |  cm: 4
go page top

お稽古場のヒース様

昨日は夜遅くまで出ていたのですぐにアップできなかったが
出先で公式のお稽古場の写真を見て悶えてましたぁぁぁ

ああ、初めて見るお稽古場のヒースクリフさま

黒ずくめの立ち姿が素敵で
しかも全身のこの角度、この表情

キャサリンの真希ちゃんも黒

2人の雰囲気がいい!!

この場面はきっとああいう場面に違いない
ヒースがああなってこうなっている場面に違いない

などと、出先のスマホで見て妄想してました・・・

ヒースクリフさま、趣味過ぎるううう





カテゴリ: 嵐が丘

tb: 0 |  cm: 0
go page top